長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

池田町  まま子落としの伝説

池田町陸郷に伝わるまま子落としの伝説を紹介したいと思います。

この伝説は田ノ入城に関係するものである。


               ままこ落とし

むかしむかし、東山の高い所に田の入城という山城がありました。

そこには太郎丸という母のいない若君がおりました。


tanoiri99.jpg

ある日のこと太郎丸に、おりくという二度目の母君がこられました。

太郎丸はうれしさのあまり、おりくのひざもとへかけよりました。おりくは太郎丸の手をとって、

「そなたが太郎丸か?今日からはこのおりくがそのたの新しい母じゃ、そなたはたいへん良い子じゃと

聞いていたが年はいくつになったのかな?」

「五歳でございます。」

「そうか、本当にかしこい子じゃ、お父上のように立派な殿様にならなくてはいけませんよ。」

と、やさしげに言いました。

所が、次の年におりくは男の子を産みその名を次郎丸と名付けました。

おりくは次郎丸を見ているうちに、次郎丸がかわいくなり太郎丸を邪魔に思うようになりました。

(なんとかして次郎丸をこの城の城主にしたいものだが、太郎丸がいたのではそうもいくまい。)

おりくは毎日このことを考え続けていました。

ある暑い日、おりくは城の裏の崖のそばで涼んでいました。


tanoiri12.jpg

現在の田の入城の崩落地

その時、急に崖の下から吹き上げてきた強い風にあおられて、もう少しで崖下に落ちそうになりました。

おりくはその瞬間あることを思いつきました。

(そうだ、この崖へ太郎丸を落としてしまいさえすれば、この城は次郎丸の物になるぞ。)

おりくは自分の心の恐ろしさを感じながらも今日こそは、今日こそはと太郎丸を崖から落とす機会を

狙っていましたが、夏が終わり、秋も終わりに近づいてしまいました。

おりくは何とかして太郎丸をだます方法はないものかと考えたすえ、やさしげに言いました。

「太郎丸殿、あの空一面に飛んでいるあきつ(トンボ)を見てごらん、取ってみたいと思わないか?」

「はい、とても欲しゅうございますが、太郎丸には中々捕まえられません。」

と、太郎丸は甘えるように言いました。


hikisiro104.jpg

下生坂から見た田の入城とままこ落とし

「それはそうよのう、では誰にも内緒でたくさん取れる所を、このおりくが教えてしんぜよう。」

「本当でございますか、母上それはどこなのでございますか?」

太郎丸は目を輝かせて尋ねました。

するとおりくは、太郎丸の耳元で小さな声で言いました。

「よいか、あすの朝、日の出の頃にそっと裏の崖をのぞいて見るがよい。前の日に太陽で暖められた岩はだに

何千何百とも知れぬあきつ(トンボ)の大群が羽を休めているに違いない。」

ここまで聞いた太郎丸は、おりくの顔を見上げて心配そうにもう一度たずねました。

「母上、あの崖のあきつ(トンボ)が太郎丸に捕まえられるのでございましょうか?」

「ああ、捕まえられるとも、あきつの羽が朝露で濡れているうちは飛べないのじゃ。」

次の朝、太郎丸は夜明けと共に裏の崖へと出かけて行きました。


mamako7.jpg

そして、おりくの言ったとおり崖のはしに腹ばいになって下をのぞくと、切り立った絶壁の岩肌が見えない

ほど真っ赤なあきつ(トンボ)の群れが止まっていました。

(うわーすごい!)

母上の言ったことは本当だ。

そう思った太郎丸は息を止めて、小さな手を力いっぱい伸ばしてあきつの羽を捕まえました。

その瞬間、後から付いてきたおりくは、鬼のような顔になって太郎丸を崖に突き落としました。


「わぁー」という叫び声を残して谷底へ落ちて行った太郎丸は犀川から立ち上る朝もやの中へ消えて行きました。

mamako5.jpg

現在のままこ落とし

それから間もなくして太郎丸が居なくなったことに気付いた城の内外では、夜になっても

太郎丸を呼ぶ声が山にひびきました。

険しい谷間のことなので太郎丸の姿は中々見つからないまま秋も深まり冬が近づいてきました。

そして初雪が舞い始めた数日後、板に乗せられた太郎丸は氷のように冷たく無残な姿になって

城に運び込まれてきました。

かわり果てた太郎丸の真っ白い手には色のあせたあきつがしっかりと握られていました。

いまでもこの崖を、まま子落としと呼んでいます。


田の入城にまつわるまま子落としの伝説はいかがでしたでしょうか?

城にかかわる伝承などは近年忘れられることが多くなってきています。

このブログではこのような伝承・伝説も多く取り上げ伝えていこうと思っております。


mamako4.jpg

また最近では、このまま子落としの土柱の上にあった三本の松が土柱の風化により倒れてしまった。

という新聞の記事がありました。

この土柱もどんどん風化が進んでいるようなのでその内無くなってしまう運命のようです。

土柱の風化が進んだからといってこの伝承が風化してもいいわけではありません。

ぜひ伝えていってもらいたいものです。



~参考資料~

池田町ホームページより

出典 あづみ野池田の民話  (平林 芳子)
スポンサーサイト
  1. 2012/08/24(金) 10:51:28|
  2. 伝説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

池田町  白駒城と登波離橋の伝説

白駒城を紹介してきたのでこの伝説を紹介したいと思います。

登波離橋の伝説は、池田町会染にある白駒城と登波離橋に関係する伝説です。



池田町         白駒城と登波離橋の伝説

昔、白駒の城主に樋口行時というものがあった。

米持氏の娘 ふじ を正妻として幸せな日々を送っていたが子が生まれなかった為に、

側室に家臣清野勝左衛門の娘 きよ を迎えて女の子を産ませた。

その為、正妻の ふじ と側室の きよ はお互いに憎しみ合うようになっていった。

正応4年4月(1291)行時は花見の催しその帰り、きよ はこの時とばかりに ふじ

登波離橋のたもとに誘い出した。


toharibasto67.jpg

登波離橋のたもとにある登波離橋伝説が書かれている説明板。

ふじ も きよ の企みを事前に気付いていたので、こっそりと きよ と自分の着物の袂を十針

ほど縫い合わせておきました。

袂を縫い合わせてあることを知らない きよ は ふじ を登波離橋の中ほどまで誘いだした時、

きよ は ふじ の背中を突き橋から落としてしまった、しかし、着物の袂を縫い合わせてあった為、

きよ も ふじ と一緒に谷底に落ちて死んでしまった。


toharihasi2.jpg

toharibasi5.jpg

現在の登波離橋。

我にかえった行時ははじめて女の貞節を知り、その死をいたく悲しんで葬儀を済ませると物見の城へ籠り

きよとふじの冥福を祈っていた。


toharibasto7.jpg

登波離橋からの眺め(断崖絶壁なのがわかる)

その後、二人の霊が行時の夢枕に立ち「妾共二人は、一身二頭の蛇となって行くべき所へも行き得ず迷いに

迷っている」との告げがあった。

行時は深く心を痛め、物見の城に隠居して念仏三昧の日々を送ったが、翌年城を去り法衣をまとい諸国行脚の

旅にでた。たまたま、善光寺に詣で、大僧正の諭しを受け行知法師と名を改め再び白駒へ帰って、長者ヶ池の

ほとりに草庵を結び妬張山相道寺と名付けた。


cyouzyagaike111.jpg

cyouzyagaike1113.jpg

長者ヶ池を見る

この堂に籠って阿弥陀如来と地蔵菩薩の像を彫り、只ひたすら二人の冥福を祈り続けていたが、老齢のため

長老の伝三法師に後を譲り、ここに老後を養っていたが、七十五歳で行時はこの世を去った。

建武二年七月十五日(1335)頃といわれている。


cyouzyaike99.jpg

現在の長者ヶ池観音周辺が相道寺跡の伝承地となっている。

その後、延文五年登波離橋の架け替えが行われた時、橋の南方岩上の松の古木に一身二頭の蛇が現れ工事のなど

人々を驚かせた。早速、寺方を招き橋の上で大般若経を読誦して両女の供養を行った。

また、登波離橋周辺には一根二幹の松、双体の竹など不審な霊異の噂が巷に流れたという。


二本松(一根二幹の松)  
登波離橋後方の尾根先端部には二本松という一根二幹の松があったが、松くい虫の為、平成19年に伐採された。

この場所が樋口行時が花見を開いた場所であったと思われ。説明板には「白駒城主の野点のお茶場」とある。


nihonnmatu4.jpg

nihonnmatu7.jpg

説明板の写真(昭和14年頃)

nihonnmatu6.jpg

説明板の写真(平成17年頃)

nihonnmatu2.jpg

nihonnmatu9.jpg

現在(平成24年8月)


以上、白駒城に関係する登波離橋伝説を伝説地と共にお送りしてきましたがいかがだったでしょうか?

このような城跡に関係する伝説は各地にあるのでこれからもお送りしていきたいと思います。



~参考文献~

池田町誌        (池田町誌編纂委員会   平成4年)

写真が語る池田町    (池田町教育委員会    昭和60年)

池田ものがたり     (池田町教育委員会    平成24年)
  1. 2012/08/16(木) 22:02:10|
  2. 伝説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。