FC2ブログ

長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

9月22日の訪城結果

なめてかかった代償は大きかった!!!


地の利を生かした戦国末期の優れた城郭・・・・・布上城(松川村)

夜勤明けに時間があったので友達を誘って松川村の布上城へトレーニングも兼ねて訪城してみたが。。。。。

この城のある山を遠目で見ただけで。。。。。。。ビビってしまった。

何故かって。。。。。。


matukawanunogami (3)

どう見てもこの山は。。。。。ヤバいでしょ  (゜-゜)

とビビりながら、前日出しておいた2万5千分の1の地形図を見ながら登城路を探す。

これがまた、尾根に取り着くまでの距離が長い。。。。。。。

林道(普通車不可)を歩くこと20分、やっと尾根の麓に辿り着く(ここまでに熊出没中の看板がありビビる)

この尾根の傾斜が40°近くありヤバい(もちろん道は無い!)。。。。。

まあこの斜面を登り切れば楽になるだろうと。。。。。。。なめてた (-.-)

尾根の弛みを越えるたびに永遠と急斜面が続く。。。。。。そして城跡までこの急斜面が1時間半続いたのであった

ここは地獄か。。。。。。トレーニングなんてとんでもない!

ただの登山である。


村誌には、村人の逃げ込み城では。。。。。と書かれていたので全然期待していなかった。。。。。

だが、期待はいい方向に裏切られたのだ。


matukawanunogami (2)

城の中心部と尾根続きを遮断する大堀切(上幅12mあり切岸は現在でも登ることができないほど鋭い)

matukawanunogami.jpg

斜面に掘られた3本の連続竪掘。。。。。。。感嘆ものでした。

この他にも見どころ満載!

しかし、何故この素晴らしい城郭遺構を残す城跡が住民の逃げ込み城と考えられたのであろうか。。。。

それは、この城跡の立地に由来するのであろう。

この城跡の比高は350mありしかも山奥すぎて片道約2時間。。。。。。。。村誌にも書いてあったが、どう見ても

敵が来ても攻めかかることもできず、敵も素通りしても脅威を感じないだろう。

そう考えた時に、住民が逃れるための施設という仮説が出て来たのであろうが。。。。。。

住民が隠れるだけならこのような防御施設は必要ない。

では何に対してこのような優れた防御施設を山奥の隔絶した山頂に構築する必要があったのであろうか。。。。。

謎だ。。。。


まあこの記事は。。。。。。。。書くのはいつになるやら。。。。。でも、もう行きたくないのは確かだ。

PS、この城は絶対一人では行かないでください。怪我をした場合、絶対一人では降りてくることはできません。

また、遭難の危険性も高いので必ず地形図・熊鈴などの登山用の装備を持っていくことをお勧めします。

*この山はかなりの健脚の方でないと無理です。
  1. 2013/09/22(日) 22:06:44|
  2. 本日の訪城
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

3月23・24・25日の訪城結果

有休休暇を取って3月23日・24日・25日の3日間の電撃訪城を敢行してきました。

やっぱ無茶はいけませんね~・・・・・今、死にかけてます  (-_-;)

一応、ご報告いたします。。


~ 3月23日の訪城 ~

 ◎やっぱ何回訪城してもため息がでます・・・・岩原城(安曇野市)    再訪

iwahara.jpg

本郭裏の巨大堀切

前回の訪城では、積雪ので満足な写真が撮れなかったので再訪してきました。

やっぱり広大な城域・巨大な堀切・畝状竪掘・・・・・何回見てもため息が・・・・・ウットリ。

第一級のお勧めの城跡ですね。


iwahara2.jpg

麓にある岩原城の前衛の砦として機能していたとされる廃寺安楽寺跡の壮大な石垣。


 広大すぎてすべて見るのに3時間を要した無名の城跡・・・・木舟城(大町市)

kifume.jpg

木舟城南城の前衛の堀切

木舟城は、仁科氏初期の居館である館の内館の背後にある城跡で、山城の中では県内屈指の城域を誇る。


kifume2.jpg

南城域にあるおてんじょうと呼ばれる広大な段郭の広場

こんな険しい山の上にこんな広大な平地が・・・!

たくさんある支尾根すべてに堀切が・・・・どんだけ~  (゜-゜)  見るのもつかれた・・・



こんな山奥に必要だったの????・・・・青木城(大町市)

aoki.jpg

大町市と旧八坂村を結ぶ尾根上の街道跡

木舟城の搦め手尾根を400m程たどるとこの青木城に着く。


aoki1.jpg

本郭背後の堀切

木舟城の本郭でもかなり山奥なのに。。。さらに400m・・・きついわ!!!

この城跡の南側下斜面を旧街道が通っていて旧八坂村とつながっていたようで、この街道の抑えとして築かれたも

ので、掘切はこの1本のみ旧八坂村側に設けられている。

ただ、本郭に虎口が見られ長く使用されたようでもある。


~ 3月24日の訪城 ~

西城の支城?子檀岳城の前衛???・・・・東城(青木村)

higasi1.jpg

青木村の子檀岳の麓には城跡が密集している。

ここの中に東城があり、城砦群の中核を担っていたものと思われる。

遺構としては石積み・堀切・土塁が残存しており期待しないで行ったので結構満足できた。

ただ、尾根上は岩が露出しており険しく、下山時に同行者が竪掘を下りたいと言い出し、下りたところ

ものすごい急斜面で冷汗ものの大冒険!! こわ!


こんな砦に石積みが!!・・・・霊泉寺砦(上田市・旧丸子町)

reisennzi.jpg

国道254線沿いの霊泉寺温泉に存在し、現在は城山公園として遊歩道??が通じている。

しかし、この遊歩道もどきは結構きつく、絶対!!誰もこないだろお!!というくらい危なくもある。

遺構は、本郭(ちょ~狭い)と縁部に巡る石積みのみ途中に小屋掛け出来そうな平場を持つ。

眺めは最高で、丸子氏(かな)が三才山方面からの敵に対して備えた物見ではないだろうか。


本日3つめの山城としての訪城は選択ミス・・・・女神山城(上田市)

megami2.jpg

3つ目の山城として軽い気持ちで訪城したのが運の尽き。。。。。強烈な直登。。。これはヤバかった!

しかし、遺構は一級品で、写真のような険しい山に似合わない立派な堀切が見られる。


megami.jpg

石積みで固めた厳重な虎口

城域は狭いものの、立派な石積み・虎口・3~4重の連続堀切。。。。。。。感動モノですね !(^^)!

登りも、下りもキツイ山でしたが大満足でした。


ダマサレタ・・・・・西条城(筑北村)

nisizyou.jpg

城跡の登り口は前から確認済みであったが、めんどくさかったので放置していた。(汗)

しか~し、女神山城の帰り道。。。。遂に落としてきたぞ~ (・へ・)

城跡は。。。。。。道が整備されていたのに。。。籔また籔

平成23年設置の新しい標柱を建てるなら笹を刈れ!!!

しかも、尾根続きにある案内板の『至水の手』・・・・いつになったら至るんだ!!

沢底を行けども行けども標柱無いけど!!!どこにあるんじゃい!!(怒)

遺構は。。。。。もう行かなくてもいいかな。



~ 3月25日の訪城 ~

ここまできれいなのは今しかないですよ~・・・・大和城(諏訪市)

oowa.jpg

諏訪地域のコンプリートも目前に迫ってきた。

今回訪城した大和城は、今までの諏訪地方の城跡では遺構・美しさではNO.1である。

現在の大和城は、去年の年末に間伐されたようで全山余計な木は伐採されていてどの遺構をみても美しい!

本郭は、桜の木を残してすべて伐採されていて土塁もよく見え、周囲には石積みも見られ諏訪ではめずらしい。


oowa1.jpg

この城の最大の見どころは、本郭裏にある4重堀切とさらに尾根続きにある2本の堀切であろうか。

諏訪地方では珍しく手の込んだ造りで、尾根続き600mには詰の城の大城があるというが今回はいかなかった。

こんな綺麗に伐採してくれたが、日当たりがいいだけに今後が心配であり行くならいまでしょ。。。(-。-)y-゜゜゜


4度目の正直・・・・・高木城(諏訪市)  再訪

takagi.jpg

高木城は、今回で4回目で最初は籔。2回目・3回目は積雪が酷くよい写真が撮れなかった。

そして今回、満を持して訪れやっと満足いく写真を撮ることができた。

遺構は、単郭で堀切1本・帯郭の小規模な砦ではあるが念願かない満足し本郭で弁当を食したのであった。

満足・満足!!!!


とまあ、電撃的に山城ばかり8城(2城は再訪なのでカウントしません)を攻めてまいりました。

これで訪城数は757城になりました。。。。これからもがんばるぞ!!!
  1. 2013/03/25(月) 22:13:41|
  2. 本日の訪城
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

3月10日の訪城結果

土曜日の9日は、休日出勤でストレスがたまっていたため。。。。。。。10日は発散日とばかり、

朝6時に家を出発しいざ南信へ、待ちに待った雪解け!

前に雪で断念した岩間御嶽城周辺を落とすべく大荒れの飯島町をさまよってきました。
 



郭の削平が美しかったが、堀切が???・・・・・吉瀬の城山(駒ケ根市)

kise1.jpg

駒ケ根の訪城も後半戦に突入してきたが(記事は全然書いてないけど)、『山城探訪』の縄張り図で前から気に

なっていた吉瀬の城山を一発目に登ってきた。


kise2.jpg

城跡に鉄塔が立っているので道がついていて楽に登ることが出来る。

写真は、地元の方がくるわ様と呼んでいるという祠だかボロボロ。。。。。。誰もこんなとこ来ないよな~。

山は最近間伐され眺めは抜群!しかし、『山城探訪』に書かれているような大規模な堀切は一つしか確認できず

????埋もれるはずはないのだが?典型的な烽火台ってところです。



土豪の居館はこんなもんかな・・・・・田切城(飯島町) 

tagiri2.jpg

田切城は、公民館や住宅となりほぼ壊滅しており本郭のみ残っている。

い見ることが出来る遺構は、写真の車がある場所の堀切・土塁のみで郭内部は籔である。

ここには田切氏という土豪がいたと推定されているが詳しくは分かっていないようである。


地形は烽火台としては最適だが、何もない!・・・・・月誉平(飯島町)

tukiyotaira.jpg

月誉平は、天竜川西岸に位置し田園風景の中に巨大な台地が存在している。

tukiyotaira2.jpg

ここは烽火台という伝承があるようであるが現在、広大な平地があるだけで遺構らしきものは確認できない。

しかしここからは写真のように同じ烽火台であった吉瀬の城山がよく見えることから繋ぎの烽火台であったことは

納得できるところではある。強風のなかおばちゃん達が果樹の木を一生懸命植えていました。


また行っちゃいました・・・・・岩間烽火台(飯島町)    再訪

iwamanorosi.jpg

前回、雪が積もっていた時の訪城で写真に納得できなかったので再度写真を撮る為に訪城しました。

烽火専用の設備の為、規模は小さいが独立した烽火台というのは中々貴重なものです。


雪解けを待ちに待った訪城・・・・・岩間御嶽城(飯島町)

mitakeyama.jpg

2月頃に岩間城・岩間烽火台を訪城した際にこの城は雪が深く訪城を断念したことが悔しくてしょうがなかった。

そしてついに念願かなって訪城してきた。。。。これが中々、一人で黙々と登る城跡の不気味さと本日二回目の

山城ということで疲れはてていた。(-_-メ)


mitakeyama2.jpg

この城は、岩間氏の烽火台もしくは要害とされており山頂にある御嶽神社からさらに150m尾根をたどった奥まった

場所にある。遺構としては御嶽神社から続く尾根には遺構はないが、他の二本の尾根には堀切が2~3本入れられて

おりただの烽火台の防御としては厳重すぎる、岩間氏の要害というのが正解のような気がする。


これも写真目的の訪城・・・・・北山城(飯島町)   再訪

kitayama_20130311103812.jpg

訪城目印の城山神社の鳥居

ここは前回、夕方の訪城で写真がブレブレで記事に使えそうになかったので再度訪城してきた。


kitayama2.jpg

二重の堀と間の土塁

ここみたいに写真が気に入らず再訪することが多い。再訪回数を減らせば千ヶ所くらい越えていたであろうが。。

気に入らないようで中々進まない。。。。。この性格何とかならないものか?


船山片切氏初期の居館・・・・・片切氏居館(中川村)

katagirisi.jpg

片切氏は、船山城を築く以前はこの蔵人屋敷と呼ばれる場所に居住していたといわれている。

現在、遺構は見ることが出来ないが居館跡とされる『とい口』地籍には写真のような重厚な長屋門をもつ屋敷が

あり往時の屋敷を想像させてくれる。



古い居館の形態がよく残るとされている・・・・御北(中川村)

okita.jpg

大草氏本拠の大草城北側に存在していて、大草休斎の館跡とされている。

現在、民家の敷地となっていて中を見ることは出来ないが、丘陵の先端に位置し眺めがよく防御性にすぐれた立地

であったようだ。先端部には段郭を思わせるような段や石積みが見られる。

いつか中を見せてもらえるように頼んでみようかな。



ってことで今回は8城の訪城で748城の訪城数となりました。。。。パチパチ !(^^)!

でも中々記事書けてないのが悩みの種。。。。。だって城に居る方が好きなんだもん!

ボチボチ書いていきますのでお付き合いお願いします。
  1. 2013/03/11(月) 10:17:36|
  2. 本日の訪城
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

3月2日・3日の訪城結果

今年は雪が多いものの、城跡の誘惑は家に籠っていることを許してくれなかった。。。。

ってことで、2日は伊那方面に行ってきました。
 



~ 3月2日の訪城 ~

無名の城館・・・・・中坪 丸山の城(伊那市)

nakatubomaruyama.jpg

今年は、南信の方が積雪があるようで真冬イコール南信に行けばOKなんて甘い考えで出かけたのが運の尽きであった。

この城館は、一切の歴史が分かっていないが北側約200mには、野口城の城館である野口館が存在しており、
近接しているのでこれらに関係があったのではないかと考えられている。


nakatubomaruyama1.jpg

城跡は、民家と籔となっているが二本の堀切が確認できる。

ただ今回の伊那訪城は、中信よりも積雪が酷くこの堀切に突入したところ膝まで埋まる始末でまるで堀切の底を
雪かきするような感じになってしまい靴の中は雪まみれ。。。。(>_<)


謎の城パート2・・・・・中坪の城山(伊那市)・・・・・敗北

nakatubo.jpg

中坪の城山も歴史が一切伝わっていない砦で、中坪の丸山城との関連や烽火台では。。。と考えられている。

ここは中坪丸山城の東側に存在する砦で、館との関連があると考えて館から見える山がそうであろう。。。
という軽い気持ちから登ったもののいつまでたっても『山城探訪』記載の場所につかない。。。。
ヤバい・・・・またやってしまった!

そう。。。。沢を挟んだ隣の山が砦址で今回の山は一切関係なし!!!  シクシク ((+_+))

雪山をせっかく登ったのに。。。。またガンバロ。


うんこ踏んじゃった・・・・・野口城館(伊那市)

nogucizyoukann.jpg

野口城館は、中坪の丸山城から北に200mの近距離にあり、写真は丸山城から見た野口城館です。

城域は、野口公民館となっており主な遺構は消滅してしまったようであるが、


noguchizyoukann2.jpg

公民館の西側には、堀切が残っており南側には道となった堀跡があるが堀を見ている最中。。。。。。グニョ??

ッゲ~。。。。なんでこんなところにう○こが。。。。。。。城跡でシカのものはよく踏むことはあるが、

犬のものは初めて。。。。ちゃんと拾って帰りましょう(怒り)

館跡は。。。。まあまあ。。。見なくてもいいかな。



松本市内での小笠原と武田の戦いってなんだっけ。。。。首塚(松本市) 

kubizuka1.jpg

伊那の帰り道。。。ちょっと暇だったので松本市寿をフラフラ・・・・・!!!

『耳塚古墳』。。。う~ん、何かありそうだ。


kubizuka.jpg

行ってみると神社があり、石碑には耳塚古墳跡と刻まれている。ちっ!古墳だけかよ!(古墳好きのかたスミマセン)

石碑の裏を覗いてみると。。。!  『首塚跡』とある。

碑文には、天文14年・17年に小笠原と武田との戦いがありその時の首塚である旨が書かれている。
天文14年は、武田氏が福与城の藤沢氏を攻めた時、小笠原氏が龍ヶ崎城で敗退した年であるが。、はたして武田氏
がここまで攻めて来たとは考えられないが。。。。。。?  まあ、存在するのである。



~ 3月3日 ~

3日は、『らんまる攻城戦記』のらんまるさんにご案内いただき村上氏の本拠?の葛尾城へ行ってきました。

いつも見上げるだけだった葛尾城(坂城町)

katurao.jpg

今回はらんまるさんの助けを借り、念願であった葛尾城へ行ってきた。

下からの険峻さを考えるといままで登れないでいた。。。。。ビビりなので (-.-)
登ってみると切岸の高さ・堀切の規模。。。。一つ一つが感動でした。


katurao2.jpg

規模の大きな堀切。
この規模の大きな堀切が災いして、雪が氷ついた斜面は緊張の連続。。。足が震えてしまい、
冬の攻城の危険さを改めて実感じました。


堀切の規模・きれいな郭に感動・・・・岩崎城(坂城町) 

iwasaki.jpg

この岩崎城は、葛尾城の北西尾根?に存在する城跡で比丘尼岩から登ると最初に出会う堀切は興奮ものでした。

iwasaki2.jpg

井戸跡や通路状に並んだ石積み。。。。。。珍しい遺構ばかりでした。


辛かったけど念願かなった姫城(坂城町)

himesiro2.jpg

姫城からは、葛尾城から下ってくる道と比丘尼岩からの道があるようであったが、今回は葛尾城から下っての訪城

で比高さ200m近くはかなりつらかった。。。(>_<)


hime.jpg

姫城の大きな堀切。。。。。うつくし~

らんまるさんからの姫城が謎の北条城説など楽しい話を聞きながらいちいち納得!  

さすが勉強家です。。。。


その他に、村上氏居館跡・義清さんの供養塔そして。。。

kunikiyo.jpg

山奥に存在する国清さんの墓所。。。。。ちょ~道が荒れていました・・・

なんであそこなんだろ・・・・・義清さんとの扱いの差に・・・疑問がわく。



っと充実した二日間でした。。。。記事はそ・の・う・ちかな?

最後にらんまるさん、お疲れのところ本当にありがとうございました。

感謝・感謝でございます。


bikuni.jpg

比丘尼岩。。。。きれいだったな~。。。。。お姫様は美人だったのかな (●^o^●)
  1. 2013/03/04(月) 21:38:11|
  2. 本日の訪城
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

1月12日の訪城結果

1月12日は、会社の友達を誘って??ダマシテ???箕輪町を巡ってきました。。。(-。-)y-゜゜゜

記事はいつになるか分かりませんが、訪城の一部をご紹介します。 

地獄の訪城パート2!!!・・・物見ヶ城&遠見城(箕輪町) 

minowa.jpg

物見ヶ城と遠見城は、同じ尾根の近距離に構築されており二つで一つの城であったのではないかとの意見がある。

確かに近距離にある為一つの城のようにみえるが、両城の間には遺構の無い尾根が挟まれているので、別の城と

して紹介する。

城へは麓の澄心寺の北側の尾根を登るがこれが結構きつい。。。。やっと城に着いたと思ったら。。。地獄!
 


monomigasiro.jpg

物見ヶ城の最初の堀切(ここ以外は見るのは難しい。) 

尾根の先端にこの物見ヶ城があるが。。。。。。背丈2m以上の笹藪で一切先が見えない!

しかも、遺構もほぼ見ることも、撮影も不可能。城内は道すらない笹藪!!

かなりの地獄でした。。。。。ここは一人での訪城はヤメマショウ。
 


toomisiro.jpg

遠見城の郭達

物見ヶ城の地獄の笹藪をやっと抜けるとそこは。。。。笹藪 (-_-メ)

段郭・土塁・腰郭・掘切が確認でき遺構は素晴らしいが。。。。。移動も難しいほどでキズだらけ。

土塁の写真は。。。不可能でした。

下山は、どうしようか悩み右往左往すること20分。。。。。

やはり地獄の笹藪で訪城は合計3時間の地獄でした (^_^;) 



気軽に見れる広大な城跡・・・野口城 ・ キングオブ烽火台・・・・浅間社城 (伊那市)

minowa1.jpg

伊那市の野口城を攻めたついでに尾根伝いのある浅間社城も攻め落としてきました。。。。。遠かった (>_<) 

noguchi2.jpg

野口城(別名春日城)のニの郭にある城址碑

城跡へは先端の八幡社からハイキングコース(荒れているが)があり城跡までは気軽に行くことが出来る。 


noguchi1.jpg

本郭裏の堀切

城の遺構は土塁・堀切など放射状に延びる尾根に残っているが、何故か城址碑はニの郭にあり本郭は籔となって

いて残念な感じでした。。。。

今回は晴れ晴れでしたのでもう一度リベンジしたいと思っています。
 


senngennsyaminowa2.jpg

キングオブ烽火台の浅間社城へは、野口城から尾根伝いに山仕事の道があるので迷うことはないが、結構な距離が

あり一人ではかなり不安になること間違いなし???

しかし、尾根上は色々な集落からの山道(現在使われていないようでかなり荒れている)があり昔の古い街道であ

ったようであり、鏡岩などの遺跡も残されている。

道には一応、看板はあるが。。。。微妙です。
 


senngennsyaminowa.jpg

なんで浅間社城がキングオブ烽火台かって???

それはね。。。城ってついているが遺構はこの烽火台しかないのです!!!

今まで城跡に狼煙台跡と云うのは見たことがあるが本格的な烽火台だけの烽火台って見たことがないのでは

ないでしょうか?(自分は始めてで感動しました!!!)

烽火台の上にある窪み(写真下)の枯葉を少しどけてみたら(掘ってないですよ!!)炭が出てきました。

これも感動!!はしゃぎ回っていました。。。。。!(^^)!

絶対お勧めです!!!  烽火台の構造に興味がある方は是非行ってみてください感動しますよ! 



以上が1月12日の訪城結果です。

いつか記事にしたいと思いますが。。。。いつかな?
 
  1. 2013/01/12(土) 21:38:24|
  2. 本日の訪城
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ 次のページ

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR