長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中川村  御北

大草氏初期の居館跡か。。

nakagawaarazyou2 (27)
御北の周辺城館跡配置                     国土地理院2万5千分の1地図使用


所在地・・・・中川村大草沖田                  訪城時間・・・・0分

危険度・・・・★☆☆☆☆                    別 名・・・・大草休斎館

訪城日・・・・2013年3月10日



              ~ 御北の歴史 ~

香坂系図には宗綱の第ニ子宗種、永享の結城合戦の功により大草郷地頭を賜うとあるが、香坂氏(大草氏)の大草

土着はは南北朝時代と考えられている。

陣馬形の西麓の谷地部や丘陵部には縄文時代から奈良・平安にかけての遺跡が点在していて、すでにこの頃には

村が形成されていたものとみられる。

そこで中心となった指導者が大草氏であったと考えられる。

その大草氏の初期の屋敷地は、出土物の状況から「堂ヶ平」・「垣外畑」・「御北(沖田)」の丘陵地が考えられ

ている。

大草城で紹介した大草休斎(庄三郎)は戦国期に活躍した人で、大草城主であったとされている人物であるが、

大草城と同じ高さの丘陵地にある御北に住む理由は無く、同比高にあるなら防御施設の整った大草城に住むべきで

ある。。。。。なぜここが大草休斎館なのであろうか。。。。。


okita235.jpg
御北の現状                        ゼンリン地図使用 

その答えを考える資料としては。。。。。。。。。

中川村誌に記載されている松村弥次兵衛著の「大草城史の研究」の大草城周辺の模式図がある。


okita879.jpg
中川村誌より転載

赤線を引いた場所が御北であるが、図には「隠居城址」とあるのである。

そう考えると、初期の大草氏がこの地に居館を構え南北朝期に大草城を構えると、本拠は大草城に移って行ったも

のと考えられその間は御北は一族のものを配置して支城としていたものと考えられる。

その後、大草休斎が引退すると御北を隠居城として使用したものと考えられるのである。

また、香坂系図に「休斎の子宗澄、宗澄の孫宗久に至り、天正年間に家を失い大草村の農長(郷士)となる」とあ

ることから大草城が廃城となると大草氏は帰農し御北の地で郷士となったのではないだろうか。


okita_20130903042621dc8.jpg
御北を遠望する。

南の太子原と、北の相模垣外の大きな台地に挟まれた、東西100m・南北約100mほどの台形状をした台地に居館跡

があり西側は丘陵の突端となっている為、防御性や眺めは格段によく領地を支配するにはとても良い立地である。


okita (2)

現在の村道周辺には「荒町」・「北町」などの地名があり城下町や宿場があったようで、この現村道から居館へ

つながる一本道を立小路と呼び往古は居館への唯一の通路だったようである。


okita (3)

内部は現在、子孫の方であると思われる高坂氏が住んでおられるが、中々重厚な門と広大な敷地にいつもなら許可

を得て内部を見せていただくのだが。。。。。。。敷居の高そうな御宅なのであえなく撤退しました。

居館内部からは、15~16世紀の中国青磁や香炉の破片が採取されており、力のある人物がここに居たことを示して

いる。


okita (6)

居館の南側には、段郭のような畑がありここが防御の要であった可能性もあるが、現状では堀なども見られずどの

ような防御施設をもっていたのだろうか。

丘陵先端部は墓地となっているようで、本当の隠居の為だけの屋敷だったのかも知れない。


okita (8)

先端部にも段々がありました。


個人宅なので詳細な調査は出来ませんでしたが、丘陵の突端部に設けられた居館で要害性に富んだ地でした。

名族香坂氏に関わる重要な遺跡が残っていることはとても素晴らしいことですが、出来れば標柱や説明板があれば

もっと良かったかな。と思いました。


*個人宅なので詳細な地図は出しません。見学には細心の注意が必要です。

~ 参考文献 ~

山城探訪         (宮坂 武男)

中川村誌         (中川村誌編纂委員会  平成18年)
スポンサーサイト
  1. 2013/09/01(日) 19:06:05|
  2. 中川村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中川村  大草城

無知なる城址公園化はただの破壊でしかない!目を疑うような大草城址公園 

nakagawaarazyou2 (27)
大草城と周辺の城館             国土地理院2万5千分の1地図使用


所在地・・・・中川村大草                             訪城時間・・・・0分

危険度・・・・★☆☆☆☆                             訪城目印・・・・大草城址公園

訪城日・・・・2012年11月30日



                ~ 大草城の歴史 ~

南北朝時代に大河原に入った宗良親王(むねよししんのう)を守護したのが大河原城主である香坂高宗であった。

延元元年(1336、南朝年号)頃から始まった足利尊氏(北朝)と後醍醐天皇(南朝・宮方)との権力争いに当時

宗良親王は、(後醍醐天皇の第八皇子(第五皇子とも))延暦寺天台座主であったが後醍醐天皇の命により還俗し

南朝方の一員として諸作戦に加わっていった。

暦応2年(1339)~3年にかけて北朝方の攻撃にあい南朝方であった井伊氏の居城井伊城が陥落すると、宗良親王は

井伊谷を脱出し越後・北陸へ行動していくことになる。


nakagawaookusasiro2 (6)
大草城からの眺め

興国4年(1343)、勢いの振わなくなった宗良親王は信濃の宮方(南朝)の勢力を頼って大河原の香坂高宗のもと

に身を寄せた。(大河原周辺は南朝方が多く、藤沢氏・中沢氏・知久氏などがいた為とみられる。)

この大河原城主香坂高宗は、一説によると更科の牧之島城にいた香坂心覚の子であると言われ、北朝方の小笠原氏

や村上氏らの攻撃にあい大河原まで移ってきたと伝えられている。


nakagawaookusaisro6 (2)
城址公園駐車場から見る大草城

その後、香坂氏は徐々に四徳・大草まで精力を広げると元々大草を支配していた土豪である大草氏と血縁関係を

結び徐々に基盤を固め大草氏と香坂氏は同族関係となって行ったようである。

「香坂系図」によれば、「香坂宗継の母は、大草次郎大夫経純の女であり香坂宗職の母は大草弥太郎の女」である

と書かれていることから分かる。

その頃に今回の大草城が、大河原城の支城として築かれたと考えられ、諏訪・遠江を結ぶ街道を押さえ幕府軍

(北朝方)に対する前衛拠点として一族を配していたようである。

宗良親王が大河原の地で亡くなり、南北朝時代が終わると香坂氏は山深い大河原の地から本拠を大草城へ移してい

るが、この頃はまだ大草氏と香坂氏は同族関係ではあるが別家であったようで、「諏訪御符礼之古書」によると、

頭役を大草郷で務めているが15世紀後半の約30年間に大草氏と香坂氏が交互に務めていて、勢力はほぼ互角であっ

たようである。


nakagawaookuasiro12.jpg
大草城の現在の状況

戦国期になると香坂氏・大草氏は一の勢力にまとまったようで「香坂系図」の香坂宗縁の所には、「永正4年(1507)

大草館に生まれ、母は大草弥太郎の女で、大草・香坂の両家を相続する。」とある。また、宗縁は大草庄三郎とも

大草休斎とも称している。


nakagawaookuasiro12 (2)
大草城の現状にかつての堀を落としてみた図

nakagawaookusaisro6 (7)
本郭東側にかつて存在した内ノ堀跡を見る。

かつて台地続きと城内を区切っていた堀であったが現状は、写真の通り見る影もなく遊具のある広場となっている。


nakagawaookusasiro3 (3)

内ノ堀の城内部分は消滅しているものの、牛落し洞へ続く斜面に僅かながら痕跡を残している。

nakagawaookusasiro3 (2)

北ノ郭(外城)から見た内ノ堀の痕跡

内ノ堀の規模は、推定120m・上幅9~15m・深さは4~5mであったであろうとされ、城内では一番大きいものであった。

nakagawaookusasiro1 (5)

北ノ郭(外城)から本郭の壁面と中ノ堀跡を見る。
写真の石がある部分と道の部分が中ノ堀跡で、公園化に伴いトレンチ調査が行われている。

結果としては、北ノ郭と本郭は土橋で結ばれていて堀の長さは、約55m・上幅10m・深さ1.5~2mであった。




南信における武田氏・織田氏の支配時代の記録には大草氏は出てこないが、天正10年(1582)の本能寺の変後の

信濃における北条氏・上杉氏・徳川氏の戦い(天正壬午の乱)の中で、南信は徳川氏・北条氏のせめぎ合いの場と

なっていた。

この時、一時没落していて徳川氏に助けられ南信の在地領主の懐柔を任されていた下条兵庫介に対して、徳川氏に

従う旨の起請文を出した領主の中に「中澤衆 大草休斎」の名が見られる。


nakagawaookusasiro1 (4)
駐車場となった北ノ郭を見る。

この北ノ郭は、昭和60年に公園化に伴い発掘調査が行われている。

調査結果としては、掘立建物址が9棟と柱の穴とみられるピットが見つかり居住空間であったと共に、鉄くずや

鎌・武具類が出土していることから鍛冶屋場を主体とした郭であったことが分かった。

なのに。。。。何故か南側に広大な駐車場があるにも関わらず重要な郭を壊してまで駐車場を造ってしまったので

ある。何のための城址公園なのか疑問は残る。


nakagawaookusasiro1 (3)
北ノ郭から見た西ノ郭

本郭の西側にあたる位置にある郭で、本郭より4~5m低い位置にあり本郭と西ノ郭の間には西堀がかつて存在した。

nakagawaookusasiro2 (7)

この西ノ郭からは、青磁・天目茶碗・茶臼などが出土しており生活の場であったことが窺える。


徳川氏に従った大草氏のその後としては、「香坂系図」に「休斎の子宗澄、宗澄の孫宗久に至り、天正年間に家を

失ひ、大草村の農長(郷士)となる。」とある。

また、大草城に関しては天正19年の大草郷検地帳には大草城跡は畑地として記されており、城は天正10年の織田軍

の伊那侵攻以降廃されていたものと考えられる。


nakagawaookusasiro2 (4)
本郭と西ノ郭をかつて隔てていた西堀跡(道の所)を見る。

堀の長さは約53m・上幅約7m・深さは推定3~4mの規模で北側は中ノ堀と合流し牛落しの洞へ竪掘として落とされ

ていたようである。

南側は、公園の通路により破壊されいるが僅かながら痕跡を残している。


nakagawaookusasiro5 (2)

公園の通路として階段となった西堀を見る。

nakagawaookusasiro5 (5)

西堀の南側、深沢川に落とされた竪掘の僅かな痕跡が斜面に残る。

nakagawaookusasiro7 (4)
本郭に造られた意味不明な造作物と説明板を見る。

城内で一番高い部分に造られているのが、この本郭である。

郭内は公園化により改変を受けていて分からないが、かつては南西に僅かに傾斜があったがおおむね平坦であった

ようだが、この時点でも耕作されていたので城跡時代からかは分からない。

耕作中には大きな石が出たり、土器や石器の破片が出土したようで、調査時にも14~18世紀の内耳鍋片や青磁など

が表面採取されている。


nakagawaookusasiro7 (3)
本郭内部とアルプスを見る。

現在、本郭を見ると鋭い切岸で囲まれていて立派な郭に見えるが、調査によると本郭の周囲を2~3mほど削ってい

たことが分かり現状の切岸は後世の造作であったことが判明している。

ちなみに、その切岸を削った土で3本の堀を埋めたことが分かっていて、民間・公共にこの城跡を大きく破壊した

ことになり地域そろって保護意識の低さが窺える。


nakagawaookusasiro11 (8)
古城郭を見る。

本郭の南側の一段低い位置に存在する細長い郭で、かつては畑と籔になっていた。

本郭から見れば腰郭的な位置づけとなるが、古城という地名があることから大草城の初期の郭であったと想定され

ており、城内でも古い部類の遺物が出土している。


nakagawaookusasiro2 (8)

ここまでするか。。。。。。西ノ郭の南側の斜面にある小規模な削平地にもトイレが。。。。。。。。

徹底的に破壊しつくされました。。。。。(゜-゜)



さあいかがだったでしょうか。。。。。徹底的に破壊しつくされて違う物になってしまった大草城跡は。。。。

この訪城時は、歩きまわる場所場所でため息ばかり。。。。。。。。

久しぶりの低レベルな公園化に意気消沈でした。。。。もっとまともな公園化は無かったものでしょうか。




~ 参考文献 ~

山城探訪      (宮坂 武男)

中川村誌      (中川村誌編纂委員会   平成18年)
  1. 2013/08/28(水) 18:37:14|
  2. 中川村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

中川村  あら城

大草氏の?信玄の?だれの烽火台

所在地・・・・中川村大草                           訪城時間・・・・10~15分

危険度・・・・★★☆☆☆                           別 名・・・・城山

訪城日・・・・2012年12月21日


nakagawaarazyou2 (27)
あら城と周辺の城館跡          国土地理院 2万5千分の1地図使用

あら城は天竜川の左岸にあって、和見沢川と手取沢川に挟まれ三方を川と沢に守られた山上の要害の地にあり、

通称「城山」と呼ばれている。

地元の言い伝えによれば烽火台であったと伝えられているが、麓の飯沼か飯田にいた土豪の山城であったのでは、

とも考えられている。


nakagawaarazyou2 (28)
あら城の立地を見る                      国土地理院2万5千分の1地図使用

「下伊那郡史」によれば、南信濃源氏為公の第四子為実の孫の飯沼太郎行俊、行俊の子三郎資行の二代の山城で

あったとの記述もある。また、城山からは上下伊那を見通すことの出来る(今は雑木により見えないが。)場所で

あるので、烽火台・見張り台であったと考えられ下伊那の神之峰(城)と陣馬形山(烽火台)との連絡をとる所で

あったとも言われている。


nakagawaarazyou2 (26)
この図面を参考にしてご覧ください。

享保5年(1720)の「大草村明細帳」によると、

「今は畑で年貢を上納するが、元は大草庄三郎様という地頭の出城である。」と書かれている。

また、寛政元年(1789)の「大草村明細帳」の古城跡の記載に、あら城の規模は南北40間(約70m)・東西一町

(約109m)とある。



              ~ あら城の現状 ~

nakagawaarazyou2 (19)
現在の訪城方法は、手取沢川にかかる橋を渡って写真の三方を川に囲まれた広大な居館跡を思わせる畑地に出る。

この広大な畑地は、三方を深い沢状の川に囲まれ唯一陸続きの東側の山頂には、あら城が構築されていて居館が

あったとしてもいいように思われるが、そのようなことを書いている文献は無いのが不思議である。


nakagawaarazyou2 (18)

広大な畑地を山の方へ登って行くと、写真のような獣防護柵があるので感電しないよう注意しながらはずして山へ

入る。(少し薄暗いので勇気がいるかも。。。。。柵は元に戻しておいてね。)


nakagawaarazyou7 (3)

緩やかな西斜面を登って行くと、すぐに多きな平坦地が現れる、ただこの最初の大きな平坦地は昔の畑地や植林地の

可能性の捨てきれないくらいきれいである。


nakagawaarazyou7 (6)

山頂の郭①(本郭)に近づくにつれ明らかに段郭と分かる、平坦地が現れてくる。

nakagawaarazyou1 (2)

緩やかな西斜面の段郭群の中段には、写真のような堀状遺構が見られる。

この堀状遺構がある西斜面は、幅が広いためこの窪みが堀切であった可能性は低く竪掘とも言い切れないような

中途半端な造りである。もしかしたら昔の山道の可能性も残るが、もうすぐ消えてしまいそうな遺構の為、

記録に残しておきます。


nakagawaarazyou10 (15)
本郭の切岸を見る。

西側斜面を登り切ると明らかに今までの緩い斜面と違う人工の壁が現れる。

これが本郭①の切岸で四周を防御している。これを見てもこの城が伝承と違いただの烽火台ではなかったことが

うかがわれる。(切岸の高さは約3mありよく手を加えている)


nakagawaarazyou10 (13)

本郭北側(和見沢川)の切岸と土塁を見る。

この方面は深い沢とこの切岸によりものすごい急斜面となっていて、現在でも登ることは不可能であろう。


nakagawaarazyou10 (11)

本郭①の内部を見る。

本郭は、南東に細長く東側が尖がった不規則な形をしているが内部はきれいに削平されている。

ただ、現在あまり人が入らないようで荒れ果てている。


nakagawaarazyou10 (2)

本郭は、北・東の一部と南側の一部に高さ約2m程の土塁が残っていて、南側の土塁には虎口と思われる開口部が

見られる。


nakagawaarazyou10 (3)

本郭の北側土塁下には、荒れて倒れた「城山神社跡」の碑が残っていて以前には稲荷社もあったようである。

これを見ても人々に忘れ去られた城跡の寂しさを感じる。


nakagawaarazyou4 (4)
本郭虎口を見る。

本郭の南側土塁のは虎口を思われる開口部がある。

もしこの城が烽火台だけの役割の為に構築されたのであれば、このような先駆的な虎口があるわけもなくこの城は

烽火台の役割もになったであろうが、境目の城か土豪の詰城として重要な位置づけのもと改修されながら使い続け

てきたのであろう。


nakagawaarazyou4 (2)

本郭の外側から虎口を見る。

nakagawaarazyou2 (2)

本郭の南側にある虎口(写真上の方の木が横に倒れている場所)から南側の斜面を下りてみると、ここにも段郭が

見られる。ただ、虎口は明瞭に残っているものの登城道のような踏み跡も見られない為、往古はどのような経路で

本郭に入ったのかは不明。


nakagawaarazyou2 (4)

南斜面に残る段郭を見る。

nakagawaarazyou2 (7)

本郭から東尾根に降るとこの馬出のような郭が現れる。

形状は不規則な三角形で北側と南側に土塁があり、先端部に開口部が開く。


nakagawaarazyou2 (8)

北側(和見沢側)の切岸と郭を囲む土塁(高さ約70~80cm)を見る。

馬出の役割を担っていたのであろうか。。。。。


nakagawaarazyou2 (10)

馬出状の郭の先にも削平が確認できるが、崩落地などもあり詳しくは確認できなかった。

nakagawaarazyou2 (14)

北側の和見沢の目もくらむほどの深い急斜面を見る。

天然の防御の意味を実感できる場所であった。。。。。。。結構怖い。(゜-゜)


nakagawaarazyou2 (25)

要害堅固なあら城を遠望する。(登るのは簡単です!)

nakagawaarazyou2 (22)

登り口から見る上伊那方面を見る。

立地のよさが分かるでしょうか。



結構長くなってしまいましたが、ず~っと気になっていた城跡だったので隅々まで見てきました。

その為。。。ちょっと細かく報告させてもらいました。

たいして大きな城跡ではありませんが、ちゃんと土塁が築かれ虎口もあるなど手を加えた跡が随所に見られました。

武田氏の侵攻前には、大草氏や片桐氏関連の土豪の城跡として構築され武田氏侵攻時には大きく改修されたので

あろうか、武田氏の領地となると武田氏の烽火台の一部として組み込まれ北にある陣馬形山の烽火台などと共に

使用されたのであろう。



~参考文献~

山城探訪 上伊那資料編         (宮坂 武男)

中川村誌                (中川村誌編纂委員会  平成18年)

定本伊那谷の城             (郷土出版社     1996年)




大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
  1. 2013/08/22(木) 21:28:11|
  2. 中川村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。