FC2ブログ

長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

池田町  渋田見城②

池田町中一番の遺構を誇る渋田見城の第2回目をお送りします。

sibutamisiro.jpg

~ ③本郭 ~

sibutamisiro87.jpg

 ②の帯郭から本郭を見上げる。
現在、登山道は写真に見えるようにそのまま斜面を登っている。しかし。。


sibutamisiro90.jpg

 ②の帯郭と本郭の間にはこの犬走り状の細い平場がある。
これを辿ると・・・・


sibutamisiro83.jpg

本郭の南側にある窪み(虎口)に出る。
この遺構も池田町の他の城跡には見られないもので段郭だけの城郭が多い池田町の城郭内では先端技術になるのではないだろうか。
(城内道がたどれるのは渋田見城のみ)


sibutamisiro111.jpg

sibutamisiro116.jpg

本郭はきれいに削平されおり、土塁により郭は二つに分けられている。
(以前は桜が植えられており、一族で花見をしていたという。。。。山の持ち主の方の談)


sibutamisiro1118.jpg

搦め手尾根側、堀②にある土塁を見る。
尾根続き側に高さ約1m程度の土塁を構築し、堀切と合わせて高さを増し防御を高めている。
この尾根続きを土塁と深い堀切で遮断する技法は小笠原氏に多いとされていてそれらに類似している。
(松本周辺では、伊深城・林小城・塔原城などに見られる)


~ 堀② ~

sibutamisiro555.jpg

尾根続きにある堀②は鋭いV字の堀となり、渋田見城が現役だった頃はこの堀を登るのは不可能だったと思われる。

sibutamisoro567.jpg

堀②を東斜面中腹から見上げる。
この堀②は竪掘として両脇に落とされていてこちらから攻める事をより困難にしている。


~ 遠景 ~

sibutamisiro12.jpg

麓にある美術館から渋田見城山を見上げる。
訪城時は、木が伐採されてすぐだったので城の形がきれいに見えた。


sibutamisiro14.jpg

望遠により①の段郭を見る。

さあ、2回にわたってお送りしてきた渋田見城はいかがだったでしょうか。
池田町内において土塁・堀・虎口・切岸がそろっているのはこの渋田見城だけであり、他の城郭と違い渋田見氏が
慶長まで存続し小笠原氏に従属したことにより近世まで改修されて使用されたことによるものと思われる。
池田町内においてこれほどきれいに残っている城跡は無く、早めの保存・対策が望まれる。


~参考文献~

池田町誌     (池田町誌編纂委員会    平成4年)

山城探訪     (宮坂 武男        平成11年)

信濃池田町史話  (仁科 宗一郎       1964年)



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
  1. 2012/09/15(土) 16:30:33|
  2. 池田町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

池田町  渋田見城①

所在地・・・・池田町会染渋田見                     訪城時間・・・・20分

危険度・・・・★★☆☆☆                       訪城目印・・・・町立美術館クラフトパーク裏山

訪城日・・・・2011年3月27日・5月22日


           ~渋田見城・渋田見氏の歴史~

 「池田町誌」 によると、

渋田見氏は仁科氏の支族で、初め長生寺に入って僧籍となったが、後に故あって長生寺を氏称する。

その初見は天文23年仁科氏は、千国道での関所の通過料を取る権利を持っており、その徴収を長生寺氏に行わせて

いる文書で、弘治2年(1556)8月1日の大町市仁科神明宮棟札には、奉公人長生寺、同仁科四郎三郎の名がある。

弘治2年9月の大町市若一王子神社棟札写には、仁科修理亮盛康、渋田見長生寺盛近、王子宮造営奉公として王子宮

造営奉公として仁科四郎三郎盛冬の名が見えている。

永禄10年(1567)8月の上田市塩田の生島足島神社所蔵の起請文によれば、仁科盛政の親類被官衆として

渋田見源助政長がいる。

天正9年(1581)の伊勢神宮の御師宇治久家の「御祓くばり日記」に「しふたミ(み)主水殿 のし五十本、

上々茶十袋」とあって在地土豪として渋田見氏が在住している。

天正10年7月小笠原貞慶が深志城を回復すると渋田見氏はいち早く降り、以後部将の一人として安曇郡の北部や

筑摩郡北部の平定戦に従っていたようで、8月から始まった日岐城攻略戦に渋田見源助は古厩氏らと共に戦っている。

その後、天正13年~千見城の攻略や防衛に当たっていることが見える。

渋田見源助政長はこの時、かつて上杉景勝の部下であったが、子細あって小笠原氏へ降った有沢善助に対して

上水内郡小川村高府内の仮宛行状を小笠原貞慶の職務代行として出している。

天正18年(1590)小笠原秀政が下総国古河に転封するが、渋田見源助はこれに従わず残留した。

永禄5年(1596)7月1日仁科神明宮所蔵棟札には助成の衆に渋田見源助の名が見えている。

渋田見氏は慶長18年(1613)、小笠原秀政が再度松本城へ入封するとこれに出仕している。


また、「信濃池田町史話」によると、

北安曇郡誌には「渋田見勘解由(かげゆ)之を築く」とあり、筑摩安曇古城開基には「城主は渋田見能登守盛仲

これも池田殿の家人なり」とあって共に渋田見氏としているが、勘解由と盛仲は同族か同一人物かははっきりして

いない。尚渋田見城主については、「小笠原の臣古見但馬三百五十貫を領し十三騎の将としてこれに居る、その後

仁科の臣渋田見助兵衛盛重の守りし所なり」とも記されている。

とにかくこの渋田見城は渋田見氏が築き居城としていたことは間違いが無いと思われる。

渋田見氏の祖は仁科伊勢守長盛といい、その子を渋田見源助正直(政長)と称し、共に渋田見に住んでいたという

記録が見られる。その時代は室町時代末期で永禄4年川中島の戦があり、森の仁科盛政の支族に仁科伊勢守長盛が

あり、この人を別に長生寺長盛とも記録されている。(中略)

弘治2年に仁科神明宮の式年造営の行事があり、この行事の奉公に渋田見盛近があり、この盛近も別に長生寺盛近

と称しており、この子盛たねも渋田見に居たと伝えられている。(後略)とある。


                ~城跡の現状~

sibutamisiro.jpg

この図面に沿って説明していきます。

sibutamisiro19.jpg

渋田見氏の居館跡とされる内堀から背後の沢(美術館裏にある沢)を登ると、大手道と思われる旧登山道がある。

sibutamisiro3.jpg

この大手道は、①の段郭につながっており、城内に入る部分に窪みがあり虎口が構成されていたと思われる。
(現状は、この大手道入り口は森林整備の名の元に破壊されている)


sibutamisiro5.jpg

3月訪問時、南側斜面をこの森林整備の為の道が通され景観を損ねてしまっている。
しかも、図のようにこの道は段郭一番下の郭の一部を破壊してしまっていた。


~ ①段郭 ~

sibutamisiro26.jpg

段郭を多く使用する城郭は古い時代のものとされており、渋田見城も古い時代からの城を改修しながら
使用されてきたものと思われる。


sibutamisiro24.jpg

段郭は切岸がはっきりしないものが多く遠目に見て段々に見える程度でありこのあたりが古さを感じさせる部分である。

sibutamisiro2.jpg

段郭からの眺め。。。。。絶景ですが・・・・木を切ってしまったのでいつまでこの景色が見られるか・・
何年か後には籔かな~ (>_<)


~ 堀・土塁① ~

sibutamisiro44.jpg

段郭を登り切るとこの堀・土塁・切岸が現れる。
池田町では中々見られない遺構であり、他の豪族が没落していく中、慶長まで土豪として生き残った渋田見氏は
この城を改修しながら使用していてこのあたりを新しい技術として取り入れたのであろう。


sibutamisiro31.jpg

sibutamisiro35.jpg

堀は、東側斜面中腹まで竪掘として落とされている。


sibutamisiro22.jpg

この城は東側斜面に防御の重点を置いており、西側斜面は急な為か斜面に段郭は築かれていない。
それとも。。。。。沢を挟んだ隣に居た鵜沼氏に備えていたのだろうか。。。。。?


sibutamisiro32.jpg

sibutamisiro34.jpg

②の帯郭から堀①を見下ろした写真。
撮った時期は違うが、堀と土塁がカーブしていることや、堀の大きさがわかってもらえるだろうか?


~ ②帯郭 ~

sibutamisiro56.jpg

堀①の上にある帯郭を見る。
この郭は本郭を西・南側を囲むように築かれていて規模が大きいのでニの郭の役目を負っていたものと思われる。


sibutamisiro71.jpg

 ②の帯郭から西側斜面にある段郭を見下ろす。
こちらは規模が小さく狭いものなので、柵などを建てていたものではないだろうか。 


長々と書いてしまいましたが次回は本郭周辺をお伝えしたいと思いますのでお楽しみに!
  1. 2012/09/13(木) 10:02:50|
  2. 池田町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

池田町  小海戸

中島城主居館跡伝承地

所在地・・・・池田町会染中島                              訪城時間・・・・0分

訪城目印・・・・中島神社



                ~小海戸地籍の歴史~

池田町教育委員会発行の「池田町の遺跡」には、

「(前略)この城の大手はおそらく中島神社方向にして、その下方の小海戸地籍が居館跡ならん。」


この小海戸地籍が居館跡という記事はこの文献のみであるが、ブログの基本として城跡+居館跡(伝わっていれ

ば)を探し伝えるのを基本にしているので少しでも記事があれば徹底的に探し出し皆様に伝えていきます。

それがこのブログの一番重要課題と考えます。

ただの田んぼや畑・荒れ地だけかも知れませんがそこにも歴史があった事を想像していただけたら幸いです。



             ~小海戸の現状~

中島小海戸

国土地理院2万5千分の1地図使用。

この小海戸地籍は、地元の方にはあまり地名としても伝わっていないようで多くの方に聞いて回ったがわからなかった。
ただ、2人の方からは話を聞くことが出来た。
なので多くの方の意見としてここがそうだと確定は出来ないが少数の方の話の伝承地として紹介する。


nakazimakokaito11.jpg

小海戸地籍は、中島城から南西400mほどの所に所在し、現在は圃場整備が行われたようであり遺構は消滅している。
この場所は、たまたまこの田んぼの持ち主の方に話を聞くことが出来特定することが出来た。 


nakazimakokaito4.jpg

nakazimakokaito6.jpg

nakazimakokaito2.jpg

ただの田んぼの写真ですみません。。。。(>_<)
この地は西向きの斜面となっており居住地としては日当たりがよく最適な場所と言える。

この小海戸地籍の話を聞かせていただいたご婦人は、義父から聞いた話として、
「昔、このあたりは海でせんしゅう(漢字不明)松というものがあり、舟をつないだ」という伝承があると
教えていただいた。
この話は、この地区の方は結構知っているようで近年までこの松は残っていたという。(城と関係無いけどね!) 


nakazimakokaito8.jpg

推定小海戸居館跡から中島城跡を見る。

追記・・・・・・

資料をあさっていたら、違うことを書いた資料を見てしまった。。。。それは、「信濃池田町史話」だ。。。

これには、

「中島部落のニ、三丁という辺りの谷間にも、城跡と呼ばれている別な広い地域があって現在は杉や檜の林に包ま

れておりちょうど三社神社(中島神社?)の北に当たる谷間で、何百年かたっていると思われる二本の松が立って

いて、人の手を加えたと思われる段々の複雑な地形がある。この松の根元には二基の碑石があり、一基が半から

折れていて文字の全体は分からないが、「・・・禅男位」は読め、もう一基には「皈元理勝禅定尼位」と書かれ、

元文五年十一月四日と書かれており禅宗門夫婦の墓石と思われる。ここが中島城主の居館跡と思われる。」

とある。


この推定地として調べてみたところは・・・・

nakazimakokaito44.jpg

中島神社の北側下にある段郭状になっている所である。

nakazimakokaito33.jpg

nakazimakokaito556.jpg

前記の資料はここに居館があったと推定しているようであるが、現状は広大な平地や段差があるが、写真のように

古い墓石があり、かつてここに寺院があったのではないかと推定される。(遺跡地図には記載なし)

しかもこの場所は尾根に南側と北側が挟まれていて視界が利かないし、日当たりも悪く居館には適さないような

場よである。

これらを考えるとやはり小海戸地籍の方が居館に向いている場所であると言えると思われる。


この「信濃池田町史話」には中島氏のことも詳しく書かれている。参考までに略しながら記載する。

中島城は池田殿(池田次郎盛国のことと思われる)の家臣中島龍弥国任という人が池田殿の命により築いたと

言われています。(中略)また北安曇郡誌には中島内膳これに拠るとも記されている。

日本歴史大辞典に尾張蟹江の城主小笠原貞興の曾孫四郎左衛門尉は父豊後守宗近が信濃中島を領したので中島氏を

称した。四郎左衛門尉は、深志城主小笠原長時の家中であったが、大永年中病気の為に京都に出て風流を友とした

云々とあり、(後略)」とある。

この信濃池田町史話には中島氏の名前について、四代目内膳宗忠・五代太郎左衛門宗徳とあり中島氏は代々内膳を

称したようである。

内容が長かったので省略した部分が多いので詳しく知りたい方は「信濃池田町史話」をご覧下さい。



~参考文献~

池田町誌      (池田町誌編纂委員会   平成4年)

信濃池田町史話   (仁科 宗一郎      1964年)
  1. 2012/09/10(月) 19:52:39|
  2. 池田町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

池田町 中島城

所在地・・・・池田町会染中島                            訪城時間・・・・5分

危険度・・・・★☆☆☆☆                        訪城目印・・・・中島神社・林道中島支線
  


              ~中島城の歴史~     

「池田町の遺跡」には、

山頂を削平して細長い主郭を構える他、北側に副郭・帯郭、東側と西側に段郭あり、さらに西南訪の尾根に段郭を

2つ構える。西方の尾根先に古城山と呼ばれる地点があるも、構えの状態不明。

その下方の帯郭状の所も当時のものとは言い難い。この城の大手はおそらく中島神社方向にして、その下方の

小海戸地籍が居館跡ならん。中島なにがしの拠る所というも確証なし。とある。

「信府統記」の中島山古城地の項では、

「中島村ヨリ卯ノ方八町、本城ノ平東西四間・南北十一間 城主知レズ 」となっている。

「池田村誌」の中島古城墟の項では、

中島耕地の卯の方、字(あざ)城山と言にあり。(中略)当時秋葉の小社あり。外に堀等の形もなし。

古昔、中島内膳と言う者爰(ここ)に住すとかや。里老の言伝にて事情不詳。とあり城主の名が書かれている。

「池田町誌」に中島氏について、中島氏は池田氏の分かれで、中島村に住んだと伝えられているが、資料的

裏付は今のところ見当たらない。とされている。

地元の方に聞いた話では、お嫁に来た時に義理の父親から聞いた話として、

「中島城は城を造ろうとしたが、平地を造っただけで放棄されてしまった。」という伝承があると聞かされたという。
この伝承は、中世の城を知らない人が中島城を訪れた時に切岸と郭しか無かったのでそのように考えたというのが

本当の所ではないだろうか。実際、写真を見てもらえば分かるが池田町の城跡の中では城としての体裁を整えて

いる方だと感じるからであり、土豪の城としてはこの程度で十分であったと思われる。 



               ~城跡の現状~

nakzimasio.jpg

いつもながらの図面で説明していきます。。。!

nakazimasiro3.jpg

中島城へは、中島神社から続く林道中島支線へ入って行きます。

nakazimasiro1.jpg

中島支線の中間あたりから斜面を直登します。(道はありませんがすぐに鉄塔72号が見えるのでわかりやすいです) 

nakazimasiro55.jpg

林道脇にはこのもっとも恐れる看板がありました。。。(>_<) 
一人でしたがビクビクしながらも好奇心には勝てませんでした。。。病気ですな!


 ~ ①東尾根の郭 ~ 

nakazimasiro11.jpg

林道から斜面をよじ登り鉄塔をすぎると、あきらかに人工的な段が出迎えてくれる。
ここですでにテンションはup! 熊のことを忘れて走ってました。。。。。(-_-;) 


nakazimasiro13.jpg

きれいな削平がされており、郭の形も明確で美しい・・・・・!(^^)! 

~ ②本郭下の帯郭 ~ 

nakazimasiro21.jpg

東尾根①の郭を登るとこのため息が出るほどきれいな本郭切岸と帯郭が見えてくる。

nakazimasiro12.jpg

郭①から登るとこの部分の平場にでる。
ここも帯郭の一部であるが良く見ると平場が窪んでいるように見える。
この帯郭が横掘であれば池田町を代表するような遺構の城であったろうが・・・・
こんな小さな城にあるわけないか。。。。。 


nakazimasiro25.jpg

本郭西側下にある帯郭と本郭切岸を見る。

~ ③本郭 ~ 

nakazimasiro6.jpg

本郭には土塁は見られず、中央部に緩やかな段差が見られるだけである。

nakazimasiro7.jpg

本郭の削平は丁寧でありこの部分に小屋掛けなどをしていたものと思われる。 
小さな小屋程度であれば二軒くらいは建つであろう。
 


~ ④西尾根の郭 ~

nakazimasiro37.jpg

本郭から西尾根を見下ろす。
緩やかな下りで、このまま下って行けば中島神社へ着く。
池田町の遺跡では神社の方が大手としているので、この西尾根を登ってくるのが大手であったと思われる。
 


nakazimasiro31.jpg

本郭斜面から西尾根にある郭をみる。

nakazimasiro33.jpg

この郭も東尾根と同じくきれいに郭の輪郭が残っている。
ただ、この西尾根が大手だとすると郭一つしか無く、何故かこの西尾根には帯郭が回り切っていないので
大手の防御としては弱いのである。
そう考えるとこの城は東側に備えている感じになるが。。。。郭一つの違いだし。。。。
搦め手を守る為に尾根に一つ追加しておくか・・・って感じで造っちゃったのかな?


nakazimasiro4.jpg

中島城遠望

中島城は、地元では築城途中で放棄されたものと伝わっているようであるが、実際城跡を見てみると、
池田町の多くの城に見られる郭のみで堀・土塁がないものと同じであり、これによって途中放棄されたという
伝承になったと思われるが、私としては池田町のほとんどを見た中でも郭の残り具合・明瞭な切岸など
一番興奮した城であり一番お勧めするものである。
比高差がほとんど無いので是非訪れてもらいたいものである。


~参考文献~

池田町誌     (池田町誌編纂委員会  平成4年)

山城探訪     (宮坂 武男      平成11年)




大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
  1. 2012/09/06(木) 21:45:49|
  2. 池田町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

池田町  堀之内館

所在地・・・・池田町池田堀之内                           訪城時間・・・・5分

別 名・・・・城山                                   危険度・・・・★☆☆☆☆

訪城目印・・・・堀之内三嶋神社



               ~堀之内館跡の歴史~

「信府統記」の池田山古城地の項で、

「池田町ヨリ卯ノ方五十間・本城ノ平南北三町三十六間・東西三町十間今ハ畑ニナル城主知レス」とある。

「池田町の遺跡」では、

遺構・規模として、現在城山と呼ばれる所は、緩やかな尾根先であるが実際の居館跡はその背後のかなり広範囲

を想定しなければならない。

伝承としては、さまざまな伝承があるが堀之内氏の居館跡とみるのがよいであろう。としている。


「信濃池田町史話」の堀之内館関連として、

寛正六年五月十八日付の主計奉書、蜷(にな)川親元記という書物に、「矢原庄池田郷堀之内事同名堀之内七郎殿

知行分、云々」という記事がある。確かなことはわかっていないがこの堀之内七郎は堀之内城主で仁科氏に関係が

ある一族であるといわれている。

この書き物は室町幕府引付衆かといわれる、野依主計という者から仁科持盛に宛てた書物の一部で、解釈としては

仁科持盛と同名と書かれている堀之内七郎は仁科氏の一族であったという解釈もできるが、堀之内の地名と同じ

堀之内七郎とも解釈できる。そこの所はよくわかっていないが、いずれにしてもこの記事によって堀之内七郎と

いう人が堀之内に居て知行を受けていたということが実証できるわけである。と書かれている。



                   ~城跡の現状~

horinouchiyakata.jpg

館跡の周辺図を書いてみました。。。

hanaokayakata1.jpg

館跡後方尾根続きから館跡を見る。
池田町の遺跡では尾根先端から後方の広範囲を館跡と見る必要があると書いてあるのでもしかすると
このあたりまで館跡の可能性がある。
この周辺は民家・畑・田圃になり館跡に関係する遺構は確認できない。


hanaokayakata3.jpg

城山と呼ばれる尾根は現在、民家・墓地・畑・境内地となっていて遺構は見られないが、池田町中心部などが
一望に見える位置にある。


hanaokayakata15.jpg

hanaokayakata6.jpg

尾根上は耕作により撹乱されているものと思われる。また西側斜面は緩やかな斜面となっていて要害性が
うかがえない、いざとなれば北北東500mにある花岡城に逃げれば良かったので、普段の居館はこの程度でよかったのであろうか。


hanaokayakata11.jpg

城山東斜面は切岸を思わせる急斜面となっているが、尾根の東側全体になっているので元々の自然地形かと思われる。

hanaokayakata8.jpg

城山尾根の先端部を見る。
現在は、小さな社の境内地となっているが居館があった頃は物見台に使われていたことが想像できる。


hanaokayakata12.jpg

hanaokayakata14.jpg

この先端部も社の境内地造成により土が動かされているものと思われるが、写真上のように土塁状の高まりも
見られる。


hanaokaykata17.jpg

公民館から城山を見る。
想像するなら。。。
城山先端部に物見台を置き、後方尾根付け根部分に居館を構えて、現在の公民館周辺に城下町のような集落を
構えていたのではないだろうか。
遺構が失われた現在では所詮想像ではあるが。。。。(-.-)


なお、この堀之内館を池田山城に想定する意見もある。
この池田山城は応永の頃の築城と考えられ、清和源氏の孫で井上三郎満実の五男、須田九郎為実が森仁科の一族
としており、為実の二男、池田次郎盛国という人が池田山城を築いたとされている。
この池田山城の位置・堀之内館と同じものなのか違うのか解明が待たれる。
城跡好きのロマンですな~。


・・・・遺構の無い居館跡の説明は難しいですな。。。。(-。-)y-゜゜゜ 


~参考文献~

池田町の遺跡           (池田町教育委員会      1994年)

池田町誌             (池田町誌編纂委員会     平成4年)

信濃池田町史話          (仁科 宗一郎        1964年)

信府統記復刻           (国書刊行会         平成8年)

山城探訪 補遺資料編中南信版   (宮坂 武男        
  1. 2012/09/04(火) 21:35:29|
  2. 池田町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR