長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松本市  桐原城附番所群③

桐原城・霜降城への古道を監視する為の番所たち

kiriharabannsyo1 (6)

kiriharabannsyo1 (5)
桐原城古図

今回紹介するのは、武石道が尾根上で桐原城・霜降城へと大坂番所・富塚、番所への道へと分岐する場所で、桐原城への道の

途中の尾根上に設けられていた桐戸屋番所と鐘掛番所を書いていきたいと思います。

何分、明確な遺構を見つけることができなかったので、尾根の位置と道の位置から推定しました。

間違っている可能性もありますが、最後までお付き合いください。


s-IMG_20151027_0004_NEW34.jpg

oosaka83647 (3)
桐戸屋番所・鐘掛番所部分の拡大

bannsyo8943 (53)
現在の国土地理院の地図に現地で確認できた推定地の形状を落としてみた。

~ 推定桐戸屋番所 ~

kiritoya121 (9)
尾根上を通過してきた武石道は、美ヶ原林道に分断されながら所々に残っている。

林道の真ん中にある分離帯にも。。。。


kiritoya121 (8)
このように武石道の痕跡が残されている。

kiritoya121 (10)
尾根上の古道から、桐原城・霜降城へと続く尾根への分岐から見た松本方面。

こんな高所を昔の人たちは旅をしていたとは驚いた。。。!


分岐部分から古道の痕跡を辿って比高にして約150mほど下ると番所推定地が見えてくる。

kiritoya121 (3)
明確な道跡が残る。

kiritoya121 (1)

kiritoya121 (14)

尾根を下ると、幅広いはずの尾根を明らかに人工的と思えるような土橋状の道となっている。

この長さは約50m程続いており、ここが桐戸屋番所の推定地と考える。


kiritoya121 (25)
土橋状の尾根のすぐ下には広大な平坦地が広がっており、土橋状の尾根との高低差は約5~6mあり土橋状の道を番所の関門と

し、下の平坦地に番所の建物群が建てられていたのではないだろうか。


kiritoya121 (21)

kiritoya121 (22)

土橋状の古道の下に広がる広大な平坦地。。。。。ここに建物があったのであろうか。。。。。

~ 推定鐘掛番所 ~

kanekake456 (32)
桐戸屋番所推定地から尾根上を約200mほど進むと、尾根の両側に竪堀を落としたような地形が現れる。

kanekake456 (31)

kanekake456 (23)

kanekake456 (30)

尾根の両脇に落とされた竪堀と土橋状遺構

oosaka83647 (3)
古図には、鐘掛番所に堀切と岩が描かれている。

kanekake456 (16)

kanekake456 (1)
堀切を越えて尾根をわずかに登るとピークの平坦地があり、ここに岩が見られる。

古図にもある『か祢かけいし』がこれにあたるものと推定する。


kanekake456 (2)
鐘掛番所推定地の平坦地を見る。

番所推定地の後方(桐原城方面)には堀切等の防御遺構が見られない、今までの番所も同じで桐原城方面には防御遺構が無く

桐原城の後方の防御施設として武石峠を越えて来た小県方面からの敵・侵入者に備えたものであることが想像できる。


kanekake456 (4)
番所推定地から尾根を更に進むと。。。。。。

s-IMG_20151027_0004_NEW34.jpg

kanekake456 (12)
古図と同様に桐原城・霜降城から登ってきた道が尾根の古道に接続しており、先ほどの鐘掛番所推定地が正しいことが確認

できる。


kanekake456 (21)

kanekake456 (9)

更に尾根を進み、尾根の先端の三角点まで確認しに行ったが、遺構らしきものは無かった。。。。。。

ただ、鉄砲隊に遭遇し恐怖を覚えたのは、予想外であったが。。。。。汗


番所群は全部紹介し終わったが。。。。。。なんせ確証を得ることが出来た場所は数個しかなかったが、古図から読み取った

古道・水場・石などからほぼ間違いがないと確信している。。。。。。。かな。。

ほとんどの番所は武石峠側に深く古道を通して堀状にしているのが特徴で、これが堀切として描かれたものと思われる。

また、ほとんどの番所には狭小な平坦地しかなく武石道の分岐部分の桐戸屋番所が、武石峠を越えて来た侵入者と最初にぶつ

かることから規模が大きく、その他は戦時以外は少人数が見張りとして常駐していた程度であったのであろう。

この番所の見張りも桐原氏が治める領地の領民たちが交代で見張りのついていたんでしょうね。

タイヘンダ。。。。。。

次回は、番所群と共通する造りが見られる、霜降城を紹介していきたいと思います。


おまけで。。。

takesitouge (1)

takesitouge (2)

takesitouge (3)

現在の武石峠。。。。。。。小笠原長時も失意にくれてここを通ったのであろうか。。。。

takesitouge (4)

takesitouge (5)

takesitouge (6)

江戸時代の武石峠茶屋跡も見られる。。。。。。

江戸時代もこの高地の道が小県とつながる主要な街道を担っていたことが分かり、多くの旅人が喉を潤していたことが想像

できる遺構ですね。


takesitouge (7)

また、この茶屋跡には松本城の外郭の堀の役目を担っていた女鳥羽川の源流がみられるんですよ~。

かなり山深い場所にありますが、興味を持ってくれた方はどうぞ訪れてみてくださいね。


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト
  1. 2015/11/30(月) 19:16:36|
  2. 松本市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

松本市  桐原城附番所群②

kiriharabannsyo1 (5)

kiriharabannsyo1 (6)

今回は。。。。武石道が武石峠のある尾根上へ出た場所にある大坂番所をご紹介していきたいと思います。

ただ、大坂番所は絵図では中々分かりずらかったので、ありそうな場所を四か所ほどピックアップして探索しました。

ですので今回は大阪番所推定地紹介とさせていただきます。


s-IMG_20151027_0005_NEW.jpg

s-IMG_20151027_0004_NEW.jpg

大坂番所がある場所の絵図から読み取れる特徴は、

①めくろうし沢と御くら沢の間の尾根を登り切った場所の近くのピーク手前の斜面。

②番所の後ろ側に桐原からの道が登ってきている。

③番所の下へ御くら沢の支沢が登ってきている。

これらの特徴を現在の国土地理院地図で探してみると。。。。。。


tamituka84765 (4)

推定地①と②が当てはまりそうな感じであるが。。。。。。探索の結果は。。。。。

~ 推定地① ~

oosaka83647 09
推定地②を2エリアに分けて探索しましたので分けて紹介します。

エリア①

s-oosaka2384 (3)

s-oosaka2384 (5)

エリア①は、古道がピークより北側を通過して居る為、ピーク上や南側には遺構は見られなかった

また、絵図から見た番所後方へ登ってきている古道も確認できなかった。



s-oosaka2384 (19)

s-oosaka2384 (11)
ピーク南側を通過する古道を辿ってピーク上を目指して登ってみるが、人工的な平地を確認することはできなかった。

現在の古道は藪の下となっており、辿るのがかなり厳しかった~。。。汗



s-oosaka2384 (9)

s-oosaka2384 (7)
地形図から見るとエリア②は広大な平坦地の様に見えるが、現地を確認すると緩い斜面となっており、古道、人工的な地形は

確認することができなかった。

この事から大坂番所推定地①は、大坂番所の地ではないと考えられる。


~ 推定地② ~

s-oosakabannsyo937554.jpg

推定地②は地形図上で緩やかな登りとなっており、古図上でも斜面に番所が設けられているように描かれていることから一番に

期待できる場所であったが。。。。。。。。


s-oosaka4639 (1)

s-oosaka4639 (2)

推定地③は、古道が緩い傾斜を登っているが、人工的な遺構や背後に古道は確認できなかったの

で、ここも大坂番所では無いものと考えられる。


~ 推定地③ ~

bannsyo8943 (55)
推定地③で見られた武石道の跡と地形を書き取った図

s-P2180295.jpg
推定地③は現在の美ヶ原林道より約15mほど登った尾根上にある。

s-P2180337.jpg
尾根上には削平地と鉄塔が建てられいる。

武石道のつながりを見ると。。。。。。。。。。


s-P2180316.jpg
尾根の下から武石道が登ってきて。。。

s-P2180297.jpg
尾根上の削平地脇に到達する。

s-P2180329.jpg
更に後方には桐原からの古道が登ってきており、古図と同じような様相が見えてくる。

s-P2180354.jpg

s-P2180350.jpg
桐原から登ってきた古道は、尾根を堀切状に横切って登っていく。

s-IMG_20151027_0005_NEW.jpg
古図と比べてみると。。。。武石道と桐原からの古道が交わる場所となっておりこの推定地③が当てはまるのではないだろうか?

s-P2180358.jpg
大坂番所はこの尾根の先端の削平地あたりが番所跡と推定する。

s-P2180327.jpg
大坂番所跡と推定される削平地。

古図では堀切が描かれているが鉄塔の建造で破壊されたものと思われる。


今回は長くなってしまったのでこれまで!!!

次回は残りの番所群を紹介し終わりとしたいと思いますので、お付き合いくださいませ!
  1. 2015/11/19(木) 02:55:50|
  2. 松本市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。