長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安曇野市   塔原城③

tounohara1 (3) - コピー
続けてこの図で紹介をしていきます。

tounohara10 (1)
大手道を登って行き尾根上にでる直前に二段の段郭が現れます。

この写真の郭は下の段で尾根を削って郭を造成し、城内側に切岸を設けていますがこの切岸が鋭い!!

高さは約4m程あり下から登ってくると本当に壁です。しかも詳細に観察すると切岸直下の部分が堀状に窪んでいます。


tounohara10 (3)
縁部分を見ると堀状の窪みは竪堀として斜面を下っているので、堀が構築されていた可能性が高いのでは無いだろうか。

tounohara11 (2)

tounohara11 (3)
こちらは段郭の上の段ですが、こちらは明確に堀切が切岸直下に構築しているのが分かります。

さらにこの郭には切岸と堀切を挟んだ斜面側に、土塁を設けた平場が構築されており、この郭が落ちると城内中枢に敵に入り込ま

れてしまう為、大手道を登ってくる敵に厳重に備えています。


天正10年(1582)3月武田勝頼が織田信長に滅ぼされると信長により、筑摩郡・安曇郡一帯を木曽義昌に与えられ義昌は府中深志

城(松本城)へ入城したが、その3ヶ月後には織田信長が明智光秀により謀殺されると好機と見た上杉景勝は以前府中を収めてい

た小笠原一族であり長時の弟の洞雪斎を担ぎ上げ木曽義昌を追い出して府中を手に入れる。

塔原氏もこの頃には木曽氏や小笠原洞雪斎に主を順次変えていったと思もわれるが、7月には洞雪斎が上杉氏の傀儡と化してい

ることを嘆いた旧臣たちが長時の子である貞慶(徳川方)を担いで深志城に攻め寄せると、支えなれないと悟った上杉方は貞慶に

城を譲り、貞慶が城主として入城し武田氏に府中を追い出されて以来34年ぶりに府中小笠原本流が府中に復帰することとなっ

た。もちろん塔原氏(海野三河・仁科系塔原氏)も貞慶にいち早く降ったのであろう。


tounohara19 (16)
2の郭の先端部に見られる堀残しの土塁と郭

大手道を登り段郭を登り切り城の中枢域に入ると最初に入るのが2の郭の先端部で、三角形の形をしているその先端部で細長い

形をしている。

西側の大浦沢側には堀り残しの土塁があり、東側には段郭が多数構築されている。


tounohara19 (10)
郭の壁面の加工度は少し甘いが郭面はきれいに削平されている段郭

tounohara19 (1)
2の郭には用途不明の突端部が窪んだ堀り残しの高まりがある。

この高まりと本郭が構築されている中心部との間には堀切があるのでその為だけに削り残したかも知れませんね。

用途なさそうだし。。。。。。。


tounohara19 (28)
2の郭の西側は本郭下に設けられている郭の下を回り込むように帯郭の様になっている。

天正10年7月に府中に入城した貞慶は8月には上杉氏に内通した日岐氏・会田氏を攻めるため軍を出しているこの中に海野三河

の名が見える。

結果として日岐氏は兄は上杉方に走り弟は貞慶に降り、会田氏は滅亡している。

これらの仕打ちに恐れをなした赤沢氏(小笠原一族)・古厩氏(仁科氏)・塔原氏(海野・仁科氏)は上杉氏に内通し小笠原貞慶に

天正11年(1582)反逆を試みたが事前に謀反の情報が洩れ、松本城(貞慶が入城した時に深志城から松本城に改名)に呼びださ

れ打ち取られている。

この呼び出されたのは海野三河と思われるが、その後、貞慶によって塔原城が攻め落とされているので城を守っていた仁科系塔

原氏も討たれ滅亡したものと思われる。


tounohara19 (32)
tounohara19 (14)
2の郭と本郭を区切る堀切②

tounohara19 (2)
東側の沢に落とされる堀切②から落ちる竪堀

本郭と2の郭を区切る堀切は東側には竪堀を落としているが、西側の大浦沢には落としていない。

これは大浦沢側の斜面が険しく防御を考える必要がなかったものと思われる。


tounohara19 (30)
2の郭から見る本郭方向

2の郭から本郭へ向かうには、堀切②を横断する必要があるが、堀切②の奥側には本郭下の帯郭から発生する土塁によって

視線を遮断すると共に通路を細くして多くの敵兵が本郭に殺到するのを防いでいると共に、

奥の帯郭には城兵が待ち構えて、一列づつ入ってくる敵兵をせん滅する作戦を想定していたものと思われる。


次回は、小笠原氏による改修と思われる本郭と裏尾根の堀切を紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2016/04/25(月) 23:20:15|
  2. 安曇野市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

安曇野市  塔原城②

tounohara1 (1)
塔原城関連遺跡の配置

tounohara1 (3) - コピー
塔原城遺構配置図  (現地調査と信濃の山城と館を参考に作成)

tounohara3 (2)
大手虎口を見る。

大手道を5分ほど登ると尾根の弛みに着く手前に虎口が設けられた堀切が現れる。

堀切は城内に入る関門となるもので、土橋を残して両側を掘り切っている。


tounohara3 (1)
大手虎口を守る堀切を見る。

塔原城から逃亡した塔原氏は、後に武田氏に降っているが逃亡時に武田氏によって塔原城は破却されている。

その後、塔原氏は武田氏に降ることは許されたが城将として復帰することが出来ず、武田氏によって据えられた海野三河守幸貞

(甲陽軍艦には、『とうの原廿騎土屋右衛門尉相備、是れは本名海野也』ともある)

が城将となり仁科系塔原氏は副将の座に降格させられている。


tounohara16 (2)
大手虎口を入ると二本の尾根に挟まれた広大な平場に出る

写真左側の尾根が大手道となっていて、右の尾根には平場を見下ろすように郭が築かれ大手を警戒している。


tounohara16 (3)
大手を入ってすぐにある広大な平場(写真奥には大浦沢を挟んで旗塚がある)

tounohara16 (4)
大手を警戒する為に築かれた郭、眼下には大手虎口と平場が見下ろせる

tounohara16 (5)
また、大手を警戒すると共に大浦沢側にも削平した平場を作り、大浦沢を通って直接城の中心部に近づこうとする敵にも目を配っている。

永禄10年(1567)、武田信玄は嫡男義信を自害させると家臣団の動揺を静めるため、生島足島神社(上田市)で信玄に対して

二心無き事を誓う起請文を提出させているが、この中に塔原氏の名が見える。

『 海野三河守幸貞 ・ 塔原藤左衛門宗幸 』

またその他に、勝頼代分限帳には、塔原藤左衛門宗栄廿騎  塔原織部幸知(会田氏家臣)がある。

天正9年(1581)伊勢神宮の御師宇治家の『御祓くばり日記』にも塔原氏は見える。

『海野三河殿・・・・のし五十本 上ノ茶十袋       同名たうの原殿・・・・・のし五十本 ちや五つ』

と見え三河守との土産の量の差によってからも三河守が周囲からも上位として扱われていたことが分かる。


tounohara12 (1)
大手側尾根を遮断する長大な横堀を見る。

更に大手の尾根を登ると尾根を遮断するように細長い平場が現れる。

この平場は大浦沢側へ尾根を細長く続いており、現状では間伐の作業用に使われているようで道の様に見える。

ただこの平場を大浦沢側の末端まで追ってみると、大浦沢へ落ちる末端は堀状になっておりこれがかつては横堀であったことが

分かるのである


tounohara12 (2)
大浦沢へ落ちる横堀の末端部を見る

tounohara9 (6)
段郭を見る。

横堀をすぎると大手道脇には小規模な平場が多数、見られるようになってくるので本格的に城内になってきた事が感じられる。


tounohara9 (2)
大手道から城の中心部を見上げる。

tounohara9 (1)
大手道の尾根からは会田街道と会田川を挟んだ対岸には会田氏の城砦が見られる。

(対岸には会田氏の家臣堀平氏が守った佐々野城や越氏が守った中沢の古屋敷がある。)


長くなってしまったので本日もここまで~次回は塔原城の中心部を紹介していきたいと思います。

お付き合いくださいませ。
  1. 2016/04/19(火) 19:01:27|
  2. 安曇野市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。