長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松本市  小屋城

所在地・・・・松本市芳川小屋         訪城時間・・・・・0分
別 名
・・・・村井城               危険度・・・・・★☆☆☆☆
訪城目印・・・村井駅・泉龍寺                              

     ~小屋城歴史~               
                                              
城跡の創建者は村井氏(埴原氏)であり、文献上の初見は建武2年(1335)の足利尊氏宛行状で、三浦介平高継の尊氏は「信濃国村井郷内小次郎知貞跡を早く領知するように」と命じている。
村井氏は、筑摩郡から安曇郡にかけて栄えた犬甘氏の一族で埴原勅旨牧から興った武士である。
勢力の拡大と共に小屋集落に居館したものと思われる。
天文17年(1548)7月19日
武田晴信が筑摩郡へ侵攻を開始し、林城主小笠原長時と対峙するようになると村井氏は小笠原氏に属し筑摩郡南部を固めたが小笠原長時が塩尻峠の戦いに敗れると小屋城は武田氏に占拠され村井氏は歴史上から姿を消した。
天文17年10月2 日                                            
「高白斎記」に村井の城の鍬立、高白致し候。四日ご普請始め、廿四日上原までご帰陣とあり小屋城は武田流の城になっていったと思われる。
天文19年(1550)7月3日                                             
「高白斎記」に天文十九年七月三日出馬、十日屋形様村井へ御着城とあるように武田氏にとって小屋城は小笠原氏攻略のための拠点となっていった。
    

  ~城跡の現状~           

IMGP2029.jpg



小屋集落に説明板があるが、周囲は宅地化が進み遺構らしいものは見られない


IMGP2032.jpg


集落内にある井戸・・・もしかしたら・・・城の遺構(?_?)

P4105807.jpg


小屋城の中心部とされる筑摩犂製作所の南側にあった堀と土塁とされる遺構

P4105793.jpg


右側の水路が堀跡で左側が土塁である

P4105797.jpg


土塁の断面をみる(この土塁はこのあと消滅してしまった。)

小屋城跡は歴史としては重要な城であったが現代では重要視されず破壊された悲しい城である。
  もったいないなー


~参考文献~

山城探訪 第十三集(宮坂 武男)

日本城郭大系 山梨・長野県

芳川の成り立ち(松本市芳川史談 昭和57年)

信濃33巻2号(信濃史学会 「小屋館と村井氏」 岩垂 俊雄)




大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト
  1. 2012/04/12(木) 21:21:12|
  2. 松本市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<はじめまして(*^^)v | ホーム |

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/06/07(土) 18:05:16 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: 中込様へ

中込様はじめまして。ご覧いただきありがとうございます。
ご質問の中込城ですが、箕輪町と南箕輪町のものは別物です。
箕輪町の中込城は番場公園(運動場)の北側で中込沢を挟んだ尾根に構築された城址で、
現状は耕作放棄された後に笹が繁茂して細部が見れない状態です。
遺構としても段差がありますが、城によるものか耕作によるものかは判断が出来ませんが、
物見程度の単純な城址であったものと思われます。
南箕輪町の中込城は、団地造成のために概ね破壊されてしまいましたが、団地中央にある公園・集会所に
標柱が建てられています。また、団地内の北側沢縁には沢を利用したとおもわれる大規模な堀切が残存して
います。
箕輪町の方は背丈ほどの笹藪となり踏み跡程度しか道が無く、心細いのであまりお勧めしませんが、
南箕輪町の方は住宅街でふらついていると怪しまれる恐れがありますが、大規模な堀切跡は見て損は無いのでは
無いでしょうか。
*山辺の山辺城は別名中入城で、中込城ではありません。
中世の城址探訪も面白いですので是非、足を運んでいただきたいです。
では。
  1. 2014/06/08(日) 23:36:07 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/1-f325a619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。