長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

池田町  田の入山城①

長野県中世城館跡・山城探訪記載場所

所在地・・・・池田町陸郷田の入                       訪城時間・・・・0分

危険度・・・・★★☆☆☆                           訪城目印・・・・田の入峠・ままこ落とし

別 名・・・・寺村山古城・茶臼山城(推定)



              ~田の入山城の歴史~

「信府統記」の寺村山古城地の項には、

古城跡 寺村ヨリ酉ノ方七町 本城の平東西九間 南北十間 城主知レズ

此所ハ大穴 泉福寺ト言フ 真言宗ノ寺アリ 御朱印地ナリ とあり、

「明科村誌」の茶臼山ノ城跡の項には、

古城跡 村より未申方 十六丁程 泉福寺御朱印地の内 茶臼山ノ城ト言 山上平十ニ間 四面程

堀切ト言べき歟(か)五段程あり、尤(もっとも)城主不知。

(寺村古城地・茶臼山ノ城址は古老の言う田ノ入城と思える。城址の位置については、今後の研究に残した。)

とある。

また、「信濃池田町史話」には田ノ入城址として、

城主は安陪五郎丸で別名を、安陪貞高といい鎌倉時代初期の人で田ノ入城もこの頃の物だとしている。

城の施設として厩の跡とされる平地、空掘の跡、城主が鮒を釣ったという伝承のあるふなくぼというものが

残っていたという。また本城の平は十町歩あり少し下った位置には雷電社があったとされる。

(すべて崩落してしまったという)

*田ノ入城の位置としては(今回①として記載)いままで言われてきた茶臼山ノ山頂の殿城と呼ばれる崩落地

と池田町の遺跡に記載される殿城から尾根のピークを3つ越えた位置の(次回②として記載)2つが伝わっている

ようであり①の方はおおむね崩落してしまいどちらが城跡なのかは断定が難しくなってしまっている。

今回は①と②として2か所を一応、記載して紹介しておく。



              ~田ノ入城①の現状~

tamoirisiro.jpg



滝沢マレットゴルフ場から林道を登りまま子落としの下を通過してさらに林道を登ると田ノ入峠へ至り、
さらに林道を行くと田ノ入集落へ行く。
 


P4045570.jpg

田ノ入峠を見る。
現在は峠に標柱がありわかりやすくなっていて、峠の上、左側斜面上が田ノ入城①で、右側にある遊歩道を
行くと田ノ入城②へ行くことが出来る。 


P4045606.jpg

林道を行くと田ノ入集落へ。(左側上が城跡①。) 

tanoiri3.jpg

峠にある田ノ入城の入り口を示す標柱
(斜面を登っていくと・・・)
 


tanoiri99.jpg

田ノ入集落の方達によって建てられた城址碑。(立派です! (#^.^#) ) 

 平場② 

tanoiri15.jpg

頂上部を見る。
頂上部は以前は十町歩あったと言われているが現状は崩落しまっていてわずかながら平地が残っているのみである
しかし、平地は自然地形であり人工が加わった跡は確認出来ない。
 


tanoiri13.jpg

また、田ノ入峠側の斜面にも段郭などの人工的な遺構は見られない。 

 平場③ 

tanoiri24.jpg

tanoiri31.jpg

平場②の下で原型をとどめないもう一つのピークの間にあり、平場といっても人工的な跡は無い。 

tanoiri27.jpg

平場③から平場②を見上げる。 

堀切① 

tanoiri26.jpg

tanoiri29.jpg

断定的なものではなく、これが堀切だったのではないだろうか?という推定的なものである。
上部は崩落してしまい田ノ入峠側の斜面に竪掘状に窪みが残っている程度である。
 


tanoiri33.jpg

林道から見上げる堀切状遺構。
もしこれが堀切であったとしてもこの深さでどこまで防御力があったのかは疑問である。
 


山頂崩落地 

tanoiri12.jpg

山頂で本郭がかつてあったとされる部分を見る。
大規模な崩落で原型はつかめない。
現在も崩落が進んでおり時折崩れる音が響いていて、そのうち現在残っている部分も消滅するものと思われる。
この城跡だけは残念ながら保存は不可能であり詳細な記録の保存が必要である。
 


tanoiri11.jpg

崩落地を覗き込むと底から噴く風で足がすくむ絶壁であるが、まま子落としの伝承があるのでかつては
まま子落としがある所まで台地がつながっていたのであろう。
 


hikisiro104.jpg

日岐城南番所から見た田ノ入城① 

tanoiri6.jpg

田ノ入峠から見た田ノ入城① 

以上、田ノ入城①をお送りしてきましたが、城跡伝承地は崩落してしまい確認のしようがありませんでした。

もしこの場が城跡であるとすれば、池田町滝沢から生坂村へ抜けるこの田ノ峠を抑える役目と生坂方面の

監視の役目を帯びていたものと思われるが、明科方面が(現状では)見えないのが気にかかるところである。

次回紹介する、城跡②とされる所はこの①では見えない明科方面が眼下に見えるところにあり、①の見えない

部分をカバーできる位置にある所も気になる所である。



~参考文献~

池田町誌     (池田町誌編纂委員会   平成4年)

信濃池田町史話  (仁科 宗一郎      1964年)

山城探訪     (宮坂 武男       平成10年)



田ノ入城①の位置
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト
  1. 2012/08/18(土) 17:14:13|
  2. 池田町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<池田町 田ノ入城② | ホーム | 池田町  白駒城と登波離橋の伝説>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/08/21(火) 14:04:35 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

地図載せましたか

凄まじい崩落の跡ですねえ。
そう云えば南魚沼郡にある樺沢城も土砂崩落で壊滅的な打撃を受けて現在は立入禁止となり、城跡も往時の姿の回復は困難になっているようです。
小生は三年前に訪れましたが、写真の姿が二度と拝めないとは残念で仕方ありません。

人工的な開発による損壊も悲惨ですが、自然の猛威にはお手上げです。
信州だから安全というのはあり得ない話ですね。
  1. 2012/08/22(水) 21:57:00 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 冒頭が漢字ばかりなので眠ってしまった zzz


堅苦しい話ばかりで。。。。(汗)
  1. 2012/08/23(木) 13:13:43 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

Re: 地図載せましたか

> 凄まじい崩落の跡ですねえ。
> そう云えば南魚沼郡にある樺沢城も土砂崩落で壊滅的な打撃を受けて現在は立入禁止となり、城跡も往時の姿の回復は困難になっているようです。
> 小生は三年前に訪れましたが、写真の姿が二度と拝めないとは残念で仕方ありません。
>
> 人工的な開発による損壊も悲惨ですが、自然の猛威にはお手上げです。
> 信州だから安全というのはあり得ない話ですね。


らんまるさん  いつもコメントありがとうございます。
400年とか残ってきた城が自然の力ながら何故いま壊れてしまうのか。。。
自然の力にはかないませんね。

そうそう、地図載せてみました。
これでいいのか不安ですが、挑戦してみました。
ちょっとづつ成長します。。。!
またご教授お願いいたします。
  1. 2012/08/23(木) 13:17:50 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/100-0418470e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。