長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

池田町  堀之内館

所在地・・・・池田町池田堀之内                           訪城時間・・・・5分

別 名・・・・城山                                   危険度・・・・★☆☆☆☆

訪城目印・・・・堀之内三嶋神社



               ~堀之内館跡の歴史~

「信府統記」の池田山古城地の項で、

「池田町ヨリ卯ノ方五十間・本城ノ平南北三町三十六間・東西三町十間今ハ畑ニナル城主知レス」とある。

「池田町の遺跡」では、

遺構・規模として、現在城山と呼ばれる所は、緩やかな尾根先であるが実際の居館跡はその背後のかなり広範囲

を想定しなければならない。

伝承としては、さまざまな伝承があるが堀之内氏の居館跡とみるのがよいであろう。としている。


「信濃池田町史話」の堀之内館関連として、

寛正六年五月十八日付の主計奉書、蜷(にな)川親元記という書物に、「矢原庄池田郷堀之内事同名堀之内七郎殿

知行分、云々」という記事がある。確かなことはわかっていないがこの堀之内七郎は堀之内城主で仁科氏に関係が

ある一族であるといわれている。

この書き物は室町幕府引付衆かといわれる、野依主計という者から仁科持盛に宛てた書物の一部で、解釈としては

仁科持盛と同名と書かれている堀之内七郎は仁科氏の一族であったという解釈もできるが、堀之内の地名と同じ

堀之内七郎とも解釈できる。そこの所はよくわかっていないが、いずれにしてもこの記事によって堀之内七郎と

いう人が堀之内に居て知行を受けていたということが実証できるわけである。と書かれている。



                   ~城跡の現状~

horinouchiyakata.jpg

館跡の周辺図を書いてみました。。。

hanaokayakata1.jpg

館跡後方尾根続きから館跡を見る。
池田町の遺跡では尾根先端から後方の広範囲を館跡と見る必要があると書いてあるのでもしかすると
このあたりまで館跡の可能性がある。
この周辺は民家・畑・田圃になり館跡に関係する遺構は確認できない。


hanaokayakata3.jpg

城山と呼ばれる尾根は現在、民家・墓地・畑・境内地となっていて遺構は見られないが、池田町中心部などが
一望に見える位置にある。


hanaokayakata15.jpg

hanaokayakata6.jpg

尾根上は耕作により撹乱されているものと思われる。また西側斜面は緩やかな斜面となっていて要害性が
うかがえない、いざとなれば北北東500mにある花岡城に逃げれば良かったので、普段の居館はこの程度でよかったのであろうか。


hanaokayakata11.jpg

城山東斜面は切岸を思わせる急斜面となっているが、尾根の東側全体になっているので元々の自然地形かと思われる。

hanaokayakata8.jpg

城山尾根の先端部を見る。
現在は、小さな社の境内地となっているが居館があった頃は物見台に使われていたことが想像できる。


hanaokayakata12.jpg

hanaokayakata14.jpg

この先端部も社の境内地造成により土が動かされているものと思われるが、写真上のように土塁状の高まりも
見られる。


hanaokaykata17.jpg

公民館から城山を見る。
想像するなら。。。
城山先端部に物見台を置き、後方尾根付け根部分に居館を構えて、現在の公民館周辺に城下町のような集落を
構えていたのではないだろうか。
遺構が失われた現在では所詮想像ではあるが。。。。(-.-)


なお、この堀之内館を池田山城に想定する意見もある。
この池田山城は応永の頃の築城と考えられ、清和源氏の孫で井上三郎満実の五男、須田九郎為実が森仁科の一族
としており、為実の二男、池田次郎盛国という人が池田山城を築いたとされている。
この池田山城の位置・堀之内館と同じものなのか違うのか解明が待たれる。
城跡好きのロマンですな~。


・・・・遺構の無い居館跡の説明は難しいですな。。。。(-。-)y-゜゜゜ 


~参考文献~

池田町の遺跡           (池田町教育委員会      1994年)

池田町誌             (池田町誌編纂委員会     平成4年)

信濃池田町史話          (仁科 宗一郎        1964年)

信府統記復刻           (国書刊行会         平成8年)

山城探訪 補遺資料編中南信版   (宮坂 武男        
スポンサーサイト
  1. 2012/09/04(火) 21:35:29|
  2. 池田町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<池田町 中島城 | ホーム | 池田町  花岡山城③>>

コメント

平地の城館は難しい・・

お疲れ様です。
平地の城館跡の探索は文献による場所もテキトーだし遺構も壊滅状態なので「推定」という言葉で逃げる・・(笑)
おまけにカメラ持ってウロつくと変質者扱い・・(汗)
道無き里山に重装備で入って行くヤツなんかもっと怪しい・・・。
でも止められませんなあー(笑)
  1. 2012/09/05(水) 07:22:54 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: 平地の城館は難しい・・

> お疲れ様です。
> 平地の城館跡の探索は文献による場所もテキトーだし遺構も壊滅状態なので「推定」という言葉で逃げる・・(笑)
> おまけにカメラ持ってウロつくと変質者扱い・・(汗)
> 道無き里山に重装備で入って行くヤツなんかもっと怪しい・・・。
> でも止められませんなあー(笑)


らんまるさん コメントありがとうございます。
山城ももちろん大好きですが、平地の館跡・城跡こそ近い将来消滅する危険が高いと考えています。
ですので、遺構は消滅したが場所はわかっている、伝承地・推定地・地名のみ残っている、
もちろん遺構が残っているもの、これらの平地の城館の見つけ出しに力を入れています。
ご老体が居るうちに出来るだけ場所の特定にこだわっていきたいと思っています。
山城もどんどん行きますけどね!
  1. 2012/09/05(水) 22:55:59 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/106-d68a0933
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。