長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

池田町  鍛冶屋日影陣屋敷山城①

池田町の城跡で一番見つけるのに苦労し、2つも山を間違えた城跡

所在地・・・・池田町広津鍛冶屋日影                       訪城時間・・・・40分~50分

訪城目印・・・・日影集落から鉄塔24番を目指す                 訪城日・・・2014年4月21日


注意!・・・・日影集落へは、普通乗用車では方向転換する場所が無いので乗り入れないことをお勧めする。

kazihikage1.jpg

鍛冶屋日影集落入り口から見る日影陣屋敷

          ~鍛冶屋日影陣屋敷城の歴史~

「池田町の遺跡」には、

「宇留賀城の小砦とあるが在城者その他不明(信濃戦国時代史)」とある。

また、「池田町誌」には、

「氏神本邑社の氏子である鍛冶屋・池ノ平・栗本・寺沢・本村・太郎・大岩・才光寺・石畑は旧宇留賀村の枝郷

である。」とあり、鍛冶屋は宇留賀領だったことがわかり「信濃戦国時代史」にある宇留賀氏の砦であるというの

もうなずけることである。

また、城跡として「集落の背後の山腹に陣屋敷の地名があり、中世ここで烽火を上げた伝承が残る」とあり、

宇留賀氏最西端の砦として隣の北山城の北山氏との境目の城であったのであろう。



              ~城跡の現状~

kazihikagezinnyasiki.jpg

今回も微妙だな~ (>_<) ちょっとはうまくなってるかな?

hikagezinnya0.jpg

日影集落から鉄塔24号を目指し登る。
鉄塔からきれいな道がついているのでこの道をたどると城跡に着く。
この鉄塔から①の堀状遺構までの間にこの段郭状遺構がある。(山城探訪では畑の跡であると書かれている)


hikagezinnya12.jpg

この段郭状遺構の脇を道が登っているがこの道が尾根の弛みに着く所に道が虎口状になっている部分がある。
この場所は城跡全体を見れば、城外となるのであろうが日影集落が根小屋とされていて、集落から城跡までは
この道しかないので関門として門を構えた可能性もあるのではないだろうか。
そうすると。。。前の段郭は前衛とも考えられるが・・・・城域が広がりすぎるか~(・へ・)
なんでも遺構に見えるのは病気かな?


~ ①堀状遺構 ~

hikagezinnya6.jpg

城域に入る直前にこの不自然なカーブする道跡らしきものがある、現在の道は尾根上をまっすぐ登っていてこの
堀状の場所は通っていない。
人が通った跡があるので道であったと思われるが、この場所だけ何故か堀状になっている


hikagezinnya8.jpg

写真を見ればわかるように城域側は、切岸のようになっていて防御としても使用できると思われるが。。。
このすぐ上が城内となるのでわざと道を堀状カーブとして防御を固めていたのであろうか。
この他には城域に堀は見られないのであるが・・・・?


~ ②の郭 ~

hikagezinnya18.jpg

大手道を登ってくると城内に入る直前にこの虎口状遺構が見られる。
この道は②の郭に入るが脇に一段高く③の郭があり入り口を見下ろすように造られていて入ってくる敵に攻撃が
可能となっている。
 


sinnyasiki25.jpg

 ②の郭の虎口部分を見る。(一段高い場所が③の郭)
③の郭が一段高く櫓台状に高く造られ防備を固めていることがうかがえる。


hikagezinnya19.jpg

zinnyasiki20.jpg

この城跡の特徴として土塁・堀の防御施設は見られず、大規模で鋭い切岸によって防備を固めていることが目立つ
しかも郭は広大である。


~ ③の郭 ~

hikagezinn7778.jpg

hikagezinn1113.jpg

 ③の郭は、②でも書いたように大手虎口を守る為に構えられた郭である。
この郭の先端、大手道を見下ろす場所は一番高くなっており、櫓が建てられ虎口を守っていたと思
われる

hikagezinn11444.jpg

 ③の郭から④の郭を見る。
郭③と④の高低差は3m程度であるが切岸が高く直接登るのは困難である。
この③の郭は細長く狭いので大手虎口を守る為だけに造られた郭であるように見える。



さあ~!!!!
鍛冶屋日陰陣屋敷城の第1回目をお送りしてきましたがいかがでしたでしょうか????

この城は、土塁・堀など多くの城好きが興奮するような物は有りませんが、メリハリの利いた切岸、

広大な郭は絶品ですよ、ただ、郭間の連携が弱いのがたまに傷 。。。どうやって使われたんだろ (-。-)y-゜゜゜

そんな所も考えながら、次回もお楽しみに!!!
スポンサーサイト
  1. 2012/09/22(土) 17:53:04|
  2. 池田町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<池田町  鍛冶屋日影陣屋敷山城② | ホーム | 池田町  渋田見氏館>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/09/24(月) 12:54:16 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/112-1b416616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。