長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

箕輪町   豊久保砦

上ノ平城砦群??

kosikigasiro.jpg
国土地理院 2万5千分の1地図使用


所在地・・・・箕輪町南小河内豊久保                        訪城時間・・・・10分

危険度・・・・★☆☆☆☆                              訪城日・・・・2012年3月20日


                ~豊久保砦の歴史~

「箕輪町誌」には、

小式部城の支脈が南に延びて普済寺の台地で終わろうとする所の突端を豊久保という。

東は梨久保沢が流れ、西麓は南小河内の平地で山背を平にした簡単な山城で、郭の広さは東西約18m・南北約16m

ほどで、郭の北縁辺部には土塁が現存する。郭の北端に第1の堀切があり、それより約75mへだたる山背に第2の

堀切がある。1の堀切は長さ約22m・上部幅約5m深さは南側約3m・北側は約0.6mである。2の堀切は長さ南側

約13m・深さは約6m・北側約0.5mである。城地には雑木が密生する。とある。

その他の資料にも城主や来歴が記されているものはないが、日輪寺畑(館)・上ノ平城を見下ろす位置にあること

から上ノ平城に関係する砦であることは間違いないと思われる。



                ~砦跡の現状~

toyokubonawabari.jpg

いつもながらの図面で紹介していきます。。。。。少しは成長したかな?

toyokubo1.jpg

所々に看板が設置され、現在地区の方達?により遊歩道が整備中である。しかし、ここも笹藪である

~ 郭① ~

toyokubo2.jpg

本郭(単郭だけどね一応)にある城跡を示す看板。
奥には堀①に伴う土塁がある。


toyokubo5.jpg

土塁上から本郭内部の全景を見る。
内部の削平はあまくほぼ自然地形のままである。しかも、籔が酷い為に詳細な観察が出来る状況にない。
看板も必要であるが藪を解消しないと遊歩道を整備しても人は来ないのではないだろうか。


toyokubo22.jpg

本郭北側の堀①に伴う土塁で高さ50~60cm程度である。
かなり低くなってしまっていると思われるが、堀①の本郭側切岸が高いのでもしかしたら最初からこの高さだった
可能性もあるかも??


~ 堀① ~

toyokubo11.jpg

堀①を見る。
現在は本郭側からの深さは約2.5mで上幅約5mの規模となっている。


toyokubo21.jpg

別角度からもう一度。。。堀① !(^^)!

お気に入りの切岸!!!

toyokubo7.jpg

この砦には簡素な造りのわりには鋭い切岸が存在する。

toyokubo410.jpg

高さ2.5mの壁は尾根続きから攻めてきた敵にはかなりの圧迫感を与えることができたであろう。

~ 堀② ~

toyokubo9.jpg

堀①から写真のような笹藪を75mほど歩いて行くと藪の中に堀②か現れる。

toyokubo8.jpg

堀②の規模は上幅約5m・深さ約1.5m程度である。
小規模な砦の堀切としては良く残っている方であるが、籔が酷く写真を撮ることも苦労する。


toyokubo18.jpg

尾根東側にある林道??から見た堀②の断面。

~ ②城とは関係ないけど・・・・・富士塚 ~

toyokubo15.jpg

豊久保砦と鞍部を挟んだ尾根先端には浅間様と呼ばれる富士塚がある。

toyokubo23.jpg

富士山の浅間社に参詣が出来ない人がこの塚に登ってお参りしたという。
そうすると浅間様に参詣したのと同じ効果が得られるとされる。
城跡とは関係ないが遺跡として存在するので記載しておく。


~ 遠望 ~

toyokubo19.jpg
南小河内区方面から見る。 

toyokubo4.jpg

日輪寺畑の居館から見た豊久保砦。 

豊久保砦を見てきましたがいかがだったでしょうか。

上ノ平城に付属する砦という見方がされていて南西にある岩ヶ城・でゑら・中の小屋と共に外郭を守っていた

ようである。造り的には簡素で郭内部は自然地形で堀2本というものであるが物見の砦ではこの程度でよかった

のであろう。上ノ平城の発掘では武田氏時代の物と思われる遺物が出ているのでこの砦もその頃も使われていた

ものと思われる。



~参考文献~

山城探訪 上伊那資料編    (宮坂 武男)

箕輪村誌            (箕輪村誌編纂刊行委員会   昭和61年)



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト
  1. 2012/10/10(水) 02:54:10|
  2. 箕輪町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<箕輪町  日輪寺畑 | ホーム | 箕輪町  城ヶ峰③>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/10/10(水) 14:49:48 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

箕輪町にもいっぱいあるんですねえ

縄張図の等高線が見えませんよ(笑)

昨日、三河からの帰路で藤沢さんちの福与城に攻め込んできました。箕輪町にあったとは勉強不足でした・・(汗)
武田さん相手に50日間の籠城をして伊那の盟主になれたであろう藤沢さんですが、最後は時勢を見る目が無かったんですかねえー。
  1. 2012/10/12(金) 08:08:26 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: 箕輪町にもいっぱいあるんですねえ

> 縄張図の等高線が見えませんよ(笑)
>
> 昨日、三河からの帰路で藤沢さんちの福与城に攻め込んできました。箕輪町にあったとは勉強不足でした・・(汗)
> 武田さん相手に50日間の籠城をして伊那の盟主になれたであろう藤沢さんですが、最後は時勢を見る目が無かったんですかねえー。



らんまるさん   おかえりなさい。。。

うらやましい休日ですね。福与城へ行かれましたか、武田氏により落城させられ、放浪の旅に出た藤沢さん
ですが最後は生き残ることが出来ない運命だったんですかね~。。

福与城は広大すぎて全体をつかむことは難しいですが、天正壬午の乱の混乱に乗じて帰還した藤沢さんは
どのあたりを改修したんでしょうか、興味がわきます。

等高線・・・・見ずらいですね。
お城の遺構がわかりやすいように遺構をボールペン・等高線を鉛筆で書いているんですが。。。。。
もうちょっと工夫しますね!
  1. 2012/10/13(土) 02:35:13 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/120-e2f3fa38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。