長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

箕輪町  上ノ平城①

上ノ平城砦群中核の巨大城郭

kosikigasiro.jpg

国土地理院2万5千分の1地図使用


所在地・・・・箕輪町大字東箕輪                        訪城時間・・・・0分

別 名・・・・丸山城                               危険度・・・・★☆☆☆☆

訪城目印・・・・日輪寺                       訪城日・・・・2011年1月17日・2012年4月11日


uenohira111.jpg
①の郭からの眺め

              ~ 上ノ平城の歴史 ~

上ノ平城についての直接の資料は現在発見されていないが、上ノ平城周辺に関連する資料・伝承を上げてみる。

後3年の役(1083~1087)の功労をもって、源 為公が信濃に領土を賜り伊那の小河内に居館を構え箕輪領一帯

を支配することになった。箕輪の小河内に落ち着いた為公は、伊那源氏・信濃源氏の祖といわれている。

この為公には多くの子があり、嫡子は知久姓の祖となり、片桐・飯島・名子・大島・赤須などの多くの家に分かれ

各地に勢力を持つようになって行った。


uenohira1116.jpg

現地の説明板には、諏訪氏の同族知久氏が拠ったとある。

これについては、「南信資料」に、

源為公・・・(嫡男)乗ノ太郎為衡・・・乗ノ太郎為貞・・・乗ノ太郎頼継(子が無く)・・・(諏訪)中津信忠

その姪たるをもって家を継ぐ。源姓を改めて知久を名乗る。とあり諏訪氏の一族が継いだことに由来すると思われ

るが、「信濃二千六百年史」では、

神氏の分流に知久・中沢氏があり、大祝為貞の四世敦忠の第四弟敦俊が祖であって、小河内に居たが後、南方の

知久に移って知久氏を名乗ったともある。

別説としては、源為公の第一子為衡が中津乗氏の祖となりその孫の頼継の子信貞の代に下伊那の知久に移り、

その郷名をとって知久氏を名乗ったともあり、どれが本当なのかは分からない。


前回、紹介した日輪寺畑から上ノ平へ移り城郭を築いたのは、源氏の勢力が確定してから本格的な築城を行った

のではないかと推定したとある。(説明板では、最初からこの上ノ平に為公がいたと書かれているがほとんどの

資料でこれを否定している。)



                 ~ 城跡の現状 ~

uenohira10906.jpg

この図面に沿って説明していきます。 

~ 堀① ~ 

uenohira48.jpg

上ノ平城がある尾根の先端部にある堀切である。
この堀から先端は明確な平場が存在しないことから、発掘報告書ではこの堀が城内と城外を分ける遺構ととらえて
いる。


uenohira43.jpg

城外側には堀残しの土塁状遺構があり、現在は上に祠が祀られている。 

uenohira49.jpg

堀幅は約7~8m・深さ約3mほどの大きなもので厳重な防備である。 

~ ②の郭 ~ 

uenohira10.jpg

 ②の郭は城の中心となる①の郭西側下段にあり、現在は畑地と公園?になっている。
以前は堀①近くに井戸があったとされるが、現在は見当たらない。
 


uenohira17.jpg

この郭②と郭①の間にはかつて堀②が存在した。 

uenohihra20.jpg

堀②が存在した痕跡として、この郭南側に残る窪みと・・・ 

uenohira91.jpg

uenohira93.jpg

郭の北側に残るこの堀②の痕跡である。 

uenohira9.jpg

上の郭が①で下が②の郭となっており、平成11年~12年にかけて箕輪町によって行われた学術調査により、
この段差の部分で幅6~6.8m・深さ下段から2.1~2.3m、上段から5m以上の緩やかなV字状の堀②が確認された。

この堀からの出土物の時期は15世紀中期~16世紀中期のものとされている。

この堀②は、後で書く郭①の2期造成時に埋められ、郭②として使用されていたことが分かった。
 



今回は、説明が長くなっちゃたのでここまで~次回は郭①をお伝えしたいと思いますのでお楽しみに!!!
スポンサーサイト
  1. 2012/10/22(月) 14:57:54|
  2. 箕輪町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<箕輪町   上ノ平城② | ホーム | 箕輪町  日輪寺畑>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/122-d7d6dfd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。