長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

塩尻市  飯縄城②

季節がら、訪城に夢中になってしまい記事を書くのを忘れておりました。。。。(-.-)
今回紹介するのは、、西條城砦群の飯縄城北西尾根(A地区)でございます。 


iituna4.jpg

今回はA地区です。。。。。。間違えて2回もじっくり見てきましたので詳しく書けると思います。(-.-) 

iituna1.jpg

A地区の図ですが、こちらを参考にご紹介します。 

~ 郭① ~

iituna80.jpg

北西尾根の先端部は他の斜面に比べて、傾斜が緩く敵に一番攻められやすい場所のため、この部分には
数は少ないものの削平地が設けられている。
 


iituna79.jpg

斜面にこのような削平地が見られ、他の尾根にも見られる削平地と同じなので数は少ないものの防御施設と
して構築されたものと思われる。
 


~ 堀① ~

iituna74.jpg

上幅約4m・深さ城内側から約2.5mほどの小規模な堀切が北西斜面を登り詰めると最初に現れる。
この堀切は、小規模ではあるが斜面を登り切ってすぐにある為、斜面を登ってきた敵には見えない為
大きな効果があったと思われ、両斜面にも竪掘として落としており、斜面の移動も制限している。
 


~ 堀② ~

iituna71.jpg

堀②の全景です。
堀の深さより切岸の高さで勝負って感じですかね。
 


iituna72.jpg

上幅約3m・深さ中心部側で4mほどでしょうか、この堀切は堀切としての機能より竪掘としての機能が
優れている。 


iituna68.jpg

この堀②から落とされた竪掘は途中で二股に分かれ、更に先端部分ではまた二股に分かれるという中々
御目に書かれない構造になっていて堀①の竪掘とこれから紹介する堀③の連続竪掘と合わせて北側斜面の
防御を堅固にしている。(写真では難しいので図をご参照ください) 


~ 堀③ ~

iituna21.jpg

ん~・・・わかりずらいな~・・・(>_<) 


iituna23.jpg

これも無理か~・・・やっぱ堀の深さが30cm程度では・・・・写らないな・・  

iituna22.jpg

竪掘の一部のみの写真でお許しください!!
この堀③は、堀①と②の間の北東斜面に連続竪掘として3本構築され堀①②③と合わせて5本の連続竪掘として
北東斜面の横移動を執拗なほど遮断している。
 


~ 郭② ~

iituna66.jpg

iituna67.jpg

北西尾根の防御中心拠点となる郭②である。
この郭②は北西尾根では唯一のまともな郭で削平も丁寧にされている。
 


iituna65.jpg

郭②の周りは郭③④とする帯郭が何段にも構築されており重要な郭と考えられていたことが分かる。 

~ 郭③・④ ~

iituna27.jpg

iituna63.jpg

郭②を取り巻く帯郭群で、西側の斜面においては中腹まで構築されており、あまりの残りの良さに
ちょっと城郭遺構か疑いの目で見てしまった。。。。 (>_<)  しかし・・・うつくしい!! 


~ 堀④ ~

iituna59.jpg

iituna57.jpg

北西尾根最大の堀切で上幅約7m・深さ4mほどのものでC地区の飯縄城中心部とを完全に遮断しており、
縄張り的に見ればA地区はこの堀切により独立した出城のような造りとなっている。
 


iituna58.jpg

この堀④も両側に竪掘として落とされています。 

~ 郭⑤ ~ 飯縄城中最大の見どころ段郭群 

iituna47.jpg

この郭⑤はA地区とC地区間に構築された段郭群で今まで見てきた城跡で一番感動する段郭であった。
一つ一つの段郭が約3~4mの切岸により造られそれが永遠と山頂近くまで続くさまは絶景である。
よくぞ400年も500年も残っていてくれた!!!っと思わず叫んでしまった!!  


iituna52.jpg

iituna53.jpg

この段郭を越えて登っていく辛さはある意味、攻めての兵士の辛さを味わえる貴重なものかもしれない。
飯縄城を訪れる際は、絶対見て欲しい秀逸の遺構である。 




・・・また、長々と書いてしまいました。。。。

どうしてもこの遺構の素晴らしさを伝えたくて。。。。興味ある方だけ見て下さい。 (-_-;)

C地区をまだ書いていないですが、A地区は他の地区に比べて構築年代が新しい印象を受けた。
A地区だけを見れば小さな城跡に匹敵する豪華な造りとなっていて戦国末期まで修築され続けた
のであろう。

お勧めですので是非、見に行って下さいね!!!


次回は・・・・やっと最終回のC地区です。。。。興味ある方はお付き合いください。。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/18(日) 16:21:23|
  2. 塩尻市
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<塩尻市  飯縄城③ | ホーム | 塩尻市  飯縄城①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/130-c6e57f46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【塩尻市  飯縄城?】

季節がら、訪城に夢中になってしまい記事を書くのを忘れておりました。。。。(-.-)今回紹介するのは、、西
  1. 2012/11/24(土) 13:46:24 |
  2. まっとめBLOG速報

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。