長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伊那市  鳩吹城

今までにない最悪な訪城!!

所在地・・・伊那市横山大田山                危険度・・・(尾根直登で)★★★★★   

訪城時間・・・登り(2時間20分)・林道下り(1時間)+車まで(1時間)

訪城日・・・平成24年11月29日        

目印・・・尾根登り(内ノ萱公民館裏の大山神社)・林道(横山キャンプ場)



hatofuki100.jpg

今回の地獄の経路    国土地理院2万5千分の1地図使用

今回の本来の目的は、鳩吹城の隣にある伊那市最奥の城とされる義信の城を攻めることであった。
隣の鳩吹城は、林道があることが分かっていたので義信の城の後に攻める予定としていた。。。。
しかし、尾根を間違え地獄の登城となってしまった。。。(-_-;)





             ~ 鳩吹城の歴史 ~

この鳩吹城についての資料は少ないが、「伊那市史」には

「遺物・文献」の項には、刀・槍が出土しているとし、倉田将監安光(伊那温知集・伊那郷村鑑)天文年中

と記されているのみで詳しくは書かれていない。

一番詳しいのはやはり神の山城探訪で、

「長野県町村誌」に「本村(伊那村)の西方字小黒日向山にあり。事暦明詳ならず。」とあるが一説には、

天文年中(1532~54)に倉田将監安光が居城したと言われている。

倉田氏は鎌倉の出であり、最初は横山に住み、木曽義康と余地原で戦って敗れ、北殿の倉田城に移り、福与城の

藤沢氏に属したとされる。(伊那温知集・伊那郷村鑑)倉田氏が小黒川と小沢川の上流地帯に居り、権兵衛峠を

越えて侵入してきた木曽軍と戦ったのであろう。

鳩吹城は、初めのころの倉田氏の要害城と考えられているが、この城は大徳王寺城の候補の一つともなっている。

と書かれている。



               ~ 鳩吹城の現状 ~

hatofiuki102.jpg

この図に沿って紹介していきますが、籔がすごかったので西尾根は未確認となっています。 

~ 地獄の登城 ~

hatofuki71.jpg

参考にした山城探訪に「内ノ萱大山神社の左手の所から、微かな山道を辿って登る」とあった為、神社の脇の
急斜面の尾根を登ってしまったのが地獄の始まりだった。。。。。 


hatofuki31.jpg

最初の3分の1は、スパー急斜面を喘ぎながら登る。 

hatofuki33.jpg

次の3分の1は、背丈2m程の灌木と笹のミックスの籔をかき分けながら登るが全然先が見えない。。。。
このあたりから不安になってくる。
 


hatofuki35.jpg

次の3分の1は、間伐され放置された木と1mほどの笹藪が待ち受けている。
このあたりでカメラの高度計を見てみる????

標高1300m・・・あれ・・義信の城の標高は1202m・・・・100m登りすぎてる・・違くね!

ここでやばさが増してくる・・・しかし・・・・ 


hatofuki24.jpg

すこし登るとこの長大な平場が・・・そういえば、山城探訪に・・

「3分の2ほど登った所に平場があり・・・」の記述が・・・・これのことか???

まあ登ってみるか。。。と戻る勇気もなくまた登り始める。

後で調べると林道が廃道になったあとの痕跡だったようだ。しかし、ここに聞く人はいない。。。孤独だ。
 


hatofuki37.jpg

ここまでくれば馬鹿でも山を間違えていることに気付く。

しかし、もっと馬鹿は山頂が見えると登ってしまうようで。。。。行かねば!!っと思ってしまった。

ここから藪こぎをすること20分。。。。。 


hatofuki44.jpg

山頂付近に近づくと・・・・帯郭じゃね~か!!!

やっとついたか!!  さっきまで間違えたことを悔やんでいたのにテンションup!!

山城探訪の標高が間違ってたんじゃねの!!


hatofuki2.jpg

登り切って気付いた・・・僕が間違ってました(-_-;)

神!一瞬でも疑ってしまったことを御許しを。
 


~ 帯郭 ~

hatofuki10.jpg

帯郭は本郭の北側と南側の2m下に構築されている。
今回は藪が酷く、登り着いた南側の帯郭のみ確認できた。
 


hatofuki11.jpg

本郭から見る2m下の帯郭を見る。(山頂すべて1.2mほどある笹藪となっている 

~ 本郭 ~

hatofuki3.jpg

本郭は1.5m程ある標柱が埋まってしまうほど笹藪が繁茂しており詳細を確認することは不可能。 

hatofuki7.jpg

hatofuki8.jpg

笹のせいで地面は全く見えないものの、笹の高低で段差があることが確認出来る。
しかし、すごい藪で動き回ることもままならず。。。
 


~ 西尾根 ~

hatofuki101.jpg

山城探訪によれば、西尾根に二本の堀切があるとされるが、笹藪の猛攻にあえなく撤退し未調査となった。

是非!猛者の方が居れば確認を。
 


~ 堀① ~

hatofuki17.jpg

本郭の東側の尾根には二本の連続堀切が存在する。(ここは籔がすごいけど見れた!!)

上幅5~6m・深さ(本郭側から)3mで両側に竪掘として落とされているが、南側はパラグライダー台により
破壊されている。 


~ 堀② ~

hatofuki19.jpg

堀②も籔であったが何とか確認できた。

堀②は上幅約5~6m・深さ約2mでこの堀も両側に竪掘として落としている。
 


hatofuki20.jpg

北側に落とされた竪掘を見る。(南側はパラグライダー台により破壊) 

~ その他 ~

hato94367.jpg

竪掘2本を破壊したパラグライダー台と奥に本郭を見る。

hato1146.jpg

hato1111.jpg

パラグライダー台から見た伊那谷・・・&きれいな棚田を見下ろす。
城主もこの風景を見ていたんだろう。この山で唯一気を許した瞬間であった。
 


ここで気付く最大の難問が待っていることを!!!! (>_<)

あなたならどうする・・・   ①地獄の急斜面&ものすごい藪の尾根を戻る。
              
               ②どこに出るか分からないが楽な林道を歩く。

ファイナルアンサーは・・・・気力が萎え②林道を歩くを選んだ僕。。。。勇気のない僕。
 


~ 林道 ~

hatofuki51.jpg

山頂手前まで続く林道
(普通車も途中まで行くことは出来るが、四駆の方が無難。下りてくるのに1時間かかったので
歩いて登る場合は、1時間半~2時間はかかるであろう。) 


hatofuki45.jpg

何故か山頂1㎞手前にだけある看板(林道は脇道や廃道が沢山あり迷いやすいのでこの看板を探して下さい) 

hatofuki52.jpg

林道入り口はこの横山キャンプ場の看板から未舗装道路に入って行きます。
(キャンプ場の看板は小さいので注意)
 


hatofuki56.jpg

林道を抜けて車まで歩いている最中の聳え立つ鳩吹城を見る。
(林道入り口から、内ノ萱大山神社まで1時間の歩きでした。) 


hatofuki72.jpg

大山神社付近から見る、当初の目的の義信の城と間違えた鳩吹城を見る。

必ずリベンジすることを誓うのであった。

いかがでしたでしょうか、下調べ不足の地獄の訪城記録は皆様の警告となれば幸いです。

城跡は必ず下調べをしてから登りましょう。。。。。。勉強になりました。  (-_-メ)
 



~参考文献~

山城探訪 上伊那資料編       (宮坂 武男)

伊那市史              (伊那市   )

すみません調べておきます。



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト
  1. 2012/12/01(土) 19:07:11|
  2. 伊那市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<12月1日・2日の訪城成果 | ホーム | 行ってきました!!>>

コメント

よかったですねえ

ささやぶだと調査のしようがなくて
どうしようもないですよねえ。
それと、幸いにもお城があってよかったですね
(尾根を間違えて何もなくてがっかりした経験
 がありますので)
  1. 2012/12/02(日) 20:32:39 |
  2. URL |
  3. 丸馬出 #-
  4. [ 編集 ]

Re: よかったですねえ

> ささやぶだと調査のしようがなくて
> どうしようもないですよねえ。
> それと、幸いにもお城があってよかったですね
> (尾根を間違えて何もなくてがっかりした経験
>  がありますので)

丸馬出さま  御来訪ありがとうございます。

この鳩吹城ほど精神的にきた城跡はありません。
別に城が悪いわけではないのですが。
林道も入り組んでいて分かりづらいですね。
やはり事前の調べは必要と実感しました。ただ、今日も箕輪町で迷ってきましたが。
これからもよろしくお願いします。
少しずつ公開していきたいと思っていますが、現在は訪城が優先になってしまいますが。
  1. 2012/12/02(日) 21:21:07 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

悪いけど大爆笑

申し訳ありませんが大笑いしてしまいしました(汗)

小生も筑北村の西条城探索で二度失敗しているので親近感が湧きますねえ(笑)
下調べしたっていざ現地に立つと思い込みが全てです(爆)
下りた先に林道を見つけた時には意気消沈ですわ。もっとも当事者にしてみれば「生還」することが大前提になるので高い授業料だと思うしか無いのです。単独の攻城戦には心細さがつきものです。

先日もあおれんじゃあ様や馬念様と「難易度の高い城」について話をしました。それは比高差や標高で測れるものではなく、いかに辛く厳しいものであったかという物差しなので、人それぞれ違うものだという認識で意見が一致しました。

鳩吹城は間違いなく貴殿のメモリアルな山城になるのだと思っております。
  1. 2012/12/03(月) 22:09:56 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: 悪いけど大爆笑

らんまるさん コメントありがとうございます。
今までで経験したことが無いくらいの失敗ですが、笑っていただければ幸いです。
あの籔山を登り切って違う城跡の標柱を見た時の落胆はハンパありませんでした。
目的の義信の城は、はるか下に見えていました。(汗)
本当に生還できてよかったです。
これで少しは経験知がupしたでしょうかね。
四日間の休日は城跡漬でとても充実したのもでした。
また遊んでくださいね。
  1. 2012/12/04(火) 09:42:48 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

無事か何よりで!

確かに下調べをしてからの訪城が鉄則ですが、下調べ不足や思い込みで行きつけなかったことは、ままというより結構ありますね。(笑)
それにしてもまぁ~背丈ほどの竹藪の中を直登とは、いやいや凄いです。無事にゲサンできてよかったですね。単独行ですから、くれぐれもお気を付けください。
  1. 2012/12/06(木) 14:51:38 |
  2. URL |
  3. 馬念 #xyVealqw
  4. [ 編集 ]

Re: 無事か何よりで!

馬念さまおひさしぶりです。   ご訪問ありがとうございます。

いつもブログは拝見させていただいております。
今回の訪城は単独だったのでビクビクしながらでしたが
山頂を見てしまうと猪突猛進的に登ってしまう傾向があるようで、
反省しております。
といいつつ先日も辰野の船窪砦でまたやってしまいましたが・・・

馬念さままた一緒に訪城しましょうね。(膝の方は大丈夫ですか、早く治してくださいね)
  1. 2012/12/06(木) 20:42:39 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/134-2f7dd510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。