長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

下諏訪町  萩倉砦

下社勢力の城砦群

所在地・・・・下諏訪町東山田                       訪城時間・・・・10分

危険度・・・・★☆☆☆☆                   別 名・・・・社中学上砦(旧東山田村の歴史散歩による)

訪城日・・・・2011年1月29日                       訪城目印・・・・社中学校



              ~ 萩倉砦について ~

「信州の山城」には萩倉砦について、

上の城から下る尾根の末端、下諏訪社中学校の裏山で、鋳物師沢を挟んで下の城と相対する。

標高は940m、比高70mで鋳物師沢側は沢底より、40mだが急峻で、東側星ヶ丘側は比較的なだらかな尾根上に立地

し、砥川の谷を挟んで山吹城とは指呼の近さである。(中略)


102_20130126215631.jpg

下の城・萩倉砦の間にある鋳物師沢を見る。 

上の城・下の城の砦と考えられる遺構であるが、和田峠道に面した防御があまりにも手薄であるために、上の城

の番所もしくは見張台と考えたほうがよさそうである。また、鋳物師沢に面した備えが感じられることから、

鋳物師沢の道が重視されていたいたことがうかがえる。と書かれている。


104.jpg

鋳物師沢にある馬飼場と萩倉砦が防御していたと思われる沢内部を通る古道
(馬飼場に馬が飼われており、沢内部には鋳物師が住んでいたのではないかとされている)
 


*宮坂 武男氏発見の砦とされる。 

              ~ 萩倉砦の現状 ~

imonosi.jpg

この図面に沿って説明していきます。

~ 堀③ ~

092_20130126221947.jpg

砦部と上の城から下りてきた尾根を切断する最初の堀切であるが、現状は尾根の東側は埋められてしまったのか、
浅くなっており、西側(鋳物師沢側)は明確に残る。
 


089.jpg

「信州の山城」にはこの堀切は説明されていないが、上幅約6m・深さ約1mの堀が確認出来る。 

~ 郭② ~

077.jpg

堀③と堀②の間にある郭?であるが削平がほとんどされておらず、自然地形にしか見えない。
しかし、西側(鋳物師沢側)には帯郭が巡っているので何らかの施設は有った可能性もある。
 


082.jpg

郭②の鋳物師沢側に巡らされている帯郭を見る。(郭②の切岸は緩く防御の意志をあまり感じられない)
この帯郭は、尾根先端の郭①の下部を巡る横掘からつながっており、横掘が段々浅くなって郭②の下部に来る頃に
は帯郭となっていてもしかしたら、以前は横掘であったかもしれない。


~ 堀② ~

053.jpg

郭①の下部の帯郭から見た堀②
堀②は、郭①と②を分ける堀切で上幅約6m・深さ約1.5m、郭①側に土塁(高さ30~40cm程度)が構築されている。

074_20130126224534.jpg

堀②を横から見る。

~ 郭① ~

038_20130126233358.jpg

堀②に付属する土塁を郭①から見る。(あまりに低すぎて写らないので引いて撮ってみました) 

040_20130126233357.jpg

郭①は実質的な本郭で、郭②とは違い削平されていて細長い形をしている。
尾根の先端にあることから諏訪湖方面などの眺めはかなり良かったと思われるが、現在は木々により見通しが
悪いのが残念である。


~ 堀① ~

009_20130126234513.jpg

014.jpg

堀①を見る。 
郭①の南側・西側下部を巡る横掘で東側に行くと浅くなり次第に消えてしまう。

005_20130126234513.jpg

堀①の東側を見る。
こちら側は窪みがわずかに感じられる程度であり、ほぼ帯郭となっている。しかし、窪みが見られることから
かつては横掘であった可能性はある。
郭①の斜面は緩やかで切岸とは言えないようなものである。


030.jpg

郭①から横掘を見下ろす。

066.jpg

この写真は、郭①と②の間から堀①をみたもので、堀はここまでくると埋まってしまっていてほぼ帯郭状態である
ただ、他の場所と違い、下が鋳物師沢であることからなのか切岸がしっかりしているのが確認できる。


431.jpg

萩倉砦をお送りしてきましたが、いかが感じたでしょうか。
郭①の周りを巡る横掘は、上の城の堀と似ているように見え、上の城が武田氏による改修があったとされている
のでこの砦の堀も武田氏により鋳物師沢を守る為に構築された可能性があるのではないだろうか。

ただ、防御施設がほぼ鋳物師沢側に集中していることからその他の方向から攻められたらひとたまりもないので、
この砦は下の城の支援のみを任務として構築されたのであろう。


あ、、、わすれてた。。。関連遺跡?として・・・

422.jpg

419.jpg

お墓のことは良く分からないけど。。。珍しいお墓だったので一の釜墓地を撮ってみました。
かなり古くからある墓地のように感じましたが。。。このような墓地ってなんていうんでしょうか?


421_20130127000713.jpg

一の釜墓地と諏訪湖を見る。(この裏から下の城への登城口がある)


~参考文献~

山城探訪 諏訪資料編    (宮坂 武男)

信州の山城         (信濃史学会   1993年)

旧東山田村の史跡散歩    (増沢 五助   平成3年)



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト
  1. 2013/01/26(土) 20:34:02|
  2. 下諏訪町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<下諏訪町  山吹小城 | ホーム | 下諏訪町  下の城②>>

コメント

びみょーな砦ですなあー

萩倉砦と、金刺氏が自落したという萩倉要害と混同しそうでございます(笑)

鋳物師沢の防御システムは手が込んでいますね。もっともこの沢と和田峠からの沢を抜かれてしまえば湖岸に居並ぶ屋敷は裸同然となるわけで・・・(汗)
山吹城、桜城、上の城、下の城、萩倉砦は主要ネットワークだった事が理解出来ます。
それにしても変わった墓地ですね・・・(汗)
  1. 2013/01/27(日) 09:27:43 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: びみょーな砦ですなあー

らんまるさん こめんとありがとうございます。

この萩倉砦は、鋳物師沢防御限定の砦のようで、鋳物師沢側・上の城側尾根以外
ほぼ防御遺構が見られないという、珍しい砦であります。

それだけに見て回るのもあっという間でした。。。。

本城の山吹城からは、下の城が見えないので繋ぎの砦でもあったかもしれませんね。
  1. 2013/01/27(日) 22:52:54 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/151-f0bf8508
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。