長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山吹大城①

諏訪下社大祝・金刺氏の要害

yamabukikozyou2.jpg
国土地理院 2万5千分の1地図使用

前回紹介した山吹小城から、搦め手尾根伝いにたどり山吹沢を越えると金刺氏の詰の城である大城南西尾根に
行くことが出来る。
今回はこの南西尾根から大城を紹介していきたいと思いますのでお付き合いください。

なお、城跡の歴史については山吹小城を参照下さい。


yamabukioosiro4.jpg

今回の詳細なルートは、こんな感じ。。。 

yamabukioosiro3 (2)

小城の搦め手から細い鉄塔巡視路を歩いて行くと、この小城と大城の間を隔てる山吹沢を渡る。
(沢には一応、橋がかかっているので安心して渡ることが出来ます。)
この山吹沢は、かつて沢上部まで耕作されていたという。今は荒れ荒れですが。。。
 


yamabukioosiro3 (5)

巡視路は、おおむね歩きやすいが道が細い場所や、写真のような崩落地があるので注意を要する。
(沢はかつて人の手が入っていたとはいえ、かなり深いので地形図があったほうが無難。) 


              ~ 城跡の現状 ~

yamabukioosiro4 (2)

この図に沿って紹介していきますが、この大城は郭③(本郭)以外はかつて全山耕作されていたらしく、
どこまでが城に関わるものか分からなくなっているが、城跡の現状を紹介していきます。
 


~ 南西尾根郭①段郭 ~

yamabukioosiro6 (3)

yamabukioosiro6 (5)

鉄塔巡視路から南西尾根を直登すると、すぐに段郭群が現れる。しかし、この尾根もかつて耕作されたようで、
どこまでが城跡のものか判断がつかない。
段郭の切岸は、写真上の高さ1m程度の緩やかなものから、写真下のような高さ3~4mもあるようなメリハリの
きいたようなものがあるが、全部城跡のものだったら。。。。すばらしいのに。
 


~ 郭① ~

yamabukioosiro7 (4)

南西尾根上の郭①を見る。
この南西尾根は、山吹沢を詰めた敵が最初に取り着く尾根で、ここが落ちればすぐ郭③(本郭)となってしまう
重要な郭であったと思われる。


yamabukioosiro7 (6)

郭①と奥に郭③(本郭)の切岸を見る。 
郭①にはわずかな段差がみられ、かつては二段に分かれていたようである。

~ 郭②(実質的な三の郭) ~

yamabukioosiro8 (2)

郭②の南尾根先端部を見る。(きれいに削平されていることが分かる)

yamabukioosiro8 (3)

郭②と奥に郭③(本郭)の切岸を見る。
郭②は、郭③(本郭)の南側に存在し、郭の規模・削平の丁寧さから実質的な三の郭であったとみられている。
この南尾根は、小城が落城した場合に敵が尾根伝いに攻めてくるとこの尾根に取り着くと思われるので、
南尾根・南西尾根間の斜面には帯郭が巡らされており厳重な構えてなっている。(耕作されていると思われるが)


~ 郭③(本郭) ~

yamabukioosiro9 (3)

本郭に建つ大日如来の碑と後方に虎口とされる土塁の切れ目
この大日如来の碑は、天保9年4月に河西氏によって建立されたもののようで、他にも本郭内には神仏不明の碑が
建つ、この郭③は宝光院の所有で大城の中でもこの場所だけ耕作されなかったことと碑が建っていることから
特別な場所として地元でも意識されていた場所であったのだろう。


yamabukioosiro9 (6)

郭③(本郭)を東側から見る。 

yamabukioosiro9 (7)

郭③(本郭)を西側から見る。 

yamabukioosiro9 (5)

土塁内側に見られる石積み
(城跡に伴うものかは分からないが、郭の切岸にもわずかに痕跡が見られるので城跡のものと思いたい)

郭③(本郭)は、東西23m・南北16mの広さで、四周を高さ1~1.5mの土塁が取り巻いており、土塁の内側に
石積みが見られる。
郭の北側に、土塁の切れ目が見られここが虎口であると考えられていて全体的に良く残っている。




。。。。また長くなっちゃた。。(-_-メ)

今日はここまでにしよ。。。。次回は、堀①から細か~くお送りしますのでお付き合いください。V
スポンサーサイト
  1. 2013/02/07(木) 03:08:00|
  2. 下諏訪町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<下諏訪町  山吹大城② | ホーム | 下諏訪町  山吹小城>>

コメント

しっかりした作りですねえ~

かなり荒れた城跡かと思ってましたがマトモに残っているんで驚きました・・(笑)
主郭に石積みですか?恐れ入りました・・(汗)
③が主郭で④が後ろ郭?
判断基準は郭の高さと防御構造でしょうか?
背後の堀の処理も微妙な感じがしますが・・・。
  1. 2013/02/07(木) 20:37:30 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: しっかりした作りですねえ~

らんまるさん いつもお世話になっております。

そうですね結構きれいに残っていますが、郭③以外全山耕作されているのでどこまでの郭が
城跡のものかは分からないですが、郭③周辺のものは城跡のものでしょうね。

堀もかなり埋められているようなので魅力的には低いかな。。。。
後半もお付き合いください。
  1. 2013/02/08(金) 13:28:38 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/153-b1a67d6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。