長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

下諏訪町  山吹大城②

諏訪下社大祝金刺氏の要害。。。パート2!!

近頃。。。記事を書くのが後回しになってしまっている。。。ど~しても訪城を優先してしまい、

帰ると疲れ果て、ビールを飲んで寝てしまう。。。。ど~にかしなくては。。。。イカン!

まあ、間は開いてしまったが、山吹大城の後半戦を久しぶりに書くことにしよう。


yamabukioosiro4 (2)

後半戦は、郭③(本郭)の北側にある堀①からお送りします。

~ 堀① ~

yamabukioosiro11.jpg

郭③(本郭)から堀①を見下ろす。(写真右側に写る石は、本郭切岸にある石積み)

yamabukioosiro11 (4)

この堀①は、郭③(本郭)の4mの切岸と約50~60cmの郭④側の段差で構成されているが、どう見ても往時の

深さではないことは、一目瞭然で過去に耕作された時に埋められたものと思われる。


~ 郭④ ~


yamabukioosiro12 (6)

郭④は、実質的なニの郭で49m×28mの広さがあり城内で最大の郭である。

郭内の削平がしっかりなされており、ここに居住区があったものと思われる。


yamabukioosiro12 (4)

郭④(ニの郭)から堀①を挟んで、郭③(本郭)の切岸を見る。 

~ 堀② ~

yamabukioosiro13 (7)

yamabukioosiro13 (4)

堀②は、二重堀切のようになっており、これは一本目の堀切で堀切の両側が竪掘ではなく、郭になっていて

珍しい構築方法になっている。


yamabukioosiro15.jpg

堀②の二重堀切の間の堀残しの土塁。

右側の堀より左側の搦め手側の堀切の方が、深いことが分かる。


yamabukioosiro15 (2)

搦め手最後の防御施設の堀切。 

yamabukioosiro15 (5)

こちらの堀切は、竪掘として東側斜面のみ落とされている。 

yamabukioosiro17.jpg

用途不明な窪み。

二本目の堀切の延長上にこの窪みが見られるが、二本目の堀切の西側は竪掘ではなく郭状の平地となっている。

郭状の平地が耕作により二本目の堀切の間が埋められ残ったのがこの窪みともとれるが、不明である。


~ 郭⑤(西尾根) ~

yamabukioosiro23 (4)

郭⑤は、郭④(二の郭)から西側に発生した尾根の付け根にあたる場所で、土塁と郭を二つに分ける段差によって

構成されていて尾根上にあるために細長い郭となっている。

削平は丁寧な感じを受けるが、耕作によるものの可能性もある。ただ重要な場所な為それなりに手をいれていた

であろう、部分的に土塁が残る。


yamabukioosiro23 (7)

西尾根の両斜面には、写真のような段郭が見られる。

和田峠側は、二段程度しか見られずこれは(写真)は城跡に伴うものと思われる。


~ 堀④ ~

yamabukioosiro759 (2)

郭⑤から見た堀④

yamabukioosiro759 (3)

堀④を横から見る

この堀は、西尾根で最大の防御遺構であると思われるが、深さは城内側で3m程あるが堀の切岸が緩やかで

頼りないものとなっていて、この城の古さを感じさせる。(耕作により改変の可能性もあるが。)


~ 西尾根のその他の遺構 ~

yamabukioosiro21 (2)

yamabukioosiro21 (5)

西尾根は、先端部からさらに和田峠方面の北西尾根と白鷺山方面の西尾根へ分かれて下っていく。

この尾根の分岐と各尾根には写真のような段郭が見られる。

上記の堀④は、この二つの尾根の合流点の防御として構築されたものと思われる。


yamabukioosiro50.jpg

西尾根からの尾根の分岐部分には、写真のような堀⑤の竪掘が一本落とされている。

yamabukioosiro40 (4)

yamabukioosiro40 (3)

西尾根分岐から北西尾根を50mほど下っていくと(間に段郭あり)この堀④が尾根を掘り割っているが、

城内の堀としては一番小規模なものとなっている。

これは、北西尾根の先端部が和田峠方面に急斜面となって下りていて敵に攻められる恐れが少無かった為であろう


西尾根から続く西尾根については、宮坂氏の山城探訪でも和田峠を見下ろす位置にあり物見の砦があったのでは

ないかとしていることから次回「白鷺砦」としてご報告したいと思います。

ニ回にわたって長々と紹介してきた山吹大城はいかがだったでしょうか?

城域が広大なために写真が多くなってしまったが最後までお付き合いいただきありがとうございました。


回もよろしくお付き合いください!!
スポンサーサイト
  1. 2013/02/11(月) 17:41:41|
  2. 下諏訪町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<下諏訪町  山吹城白鷺山砦? | ホーム | 山吹大城①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/154-041ae68f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。