長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

箕輪町   中の小屋

続・上ノ平城砦群

所在地・・・・箕輪町東箕輪南小河内                       危険度・・・・★☆☆☆☆

訪城日・・・・2012年12月2日                            訪城時間・・・・30分

訪城目印・・・・東山山麓歴史コースを歩く(道はきれいながら看板は無し)



              ~ 中の小屋の歴史 ~

中の小屋についての歴史を記した文献は現在見つかっておらず、城主・城歴等は不明である。

沢を挟んだ隣の尾根にある岩ヶ城(次回掲載予定)は、知久左衛門の隠棲の地とされている。

本城である上ノ平城からは、中の小屋がある尾根が邪魔をして直接に岩ヶ城が見えない為に、これを補う為に

中継の砦として築城されたのではないだろうか。。。(想像ですが。。。(-.-) )

「箕輪町誌」では、上ノ平城の背後を守る城砦と考えられ、一の沢の谷筋を押さえるものとされる。

ともある。


bakanokoya

中の小屋・岩ヶ城・でゑら・上ノ平城の位置関係          (国土地理院 2万5千分の1地図使用)

bakanokoya (3)

今回の訪城経路                     (国土地理院 2万5千分の1地図使用)

~ 訪城経路(分かりずらいので紹介します) ~

nakanokoya3 (8)

福沢の集落内を通る道沿いに、写真のような山へ入る狭い道がある(奥に車を止めるスペース有り)

ここが東山山麓歴史コースの入り口となる。(案内看板無し)


nakanokoya3 (7)

入り口から沢沿いに進む道が付いているので道沿いに歩いて行く。

(今回は道に気付かず尾根を直登してしまった。。。。。。(汗))


nakanokoya3 (6)

歴史コースには写真のように道沿いに番号が記載された看板がある。(小さいので要注意)

この番号が『13』番の場所が今回紹介する中の小屋の搦め手尾根の付け根となる。

今回の訪城で間違えた尾根の直登は、雑木や椿の籔・倒木があり危険なのでお勧めしません。


               ~ 城跡の現状 ~

bakanokoya (2)

この図面に沿ってお送りしていきます。

~ 郭①(本郭) ~

nakanokoya4 (9)

郭①内部を見る。

この城内唯一の郭である①は、現在椿の籔となっており愕然としてしまうほどである。

郭の規模は、27m×17mの広さでやや変形した台形のような形をしていて、削平はされているものの南側に緩やか

に傾斜している感じを受ける。


nakanokoya4 (8)

郭①の周囲には、高さ1m以下の高さで土塁が全周している。(写真は北側の土塁で高さは約1m)

nakanokoya4 (4)

推定・北東虎口部分を見る。

郭を全周している土塁には、虎口を思わせる開口部が西南・北東側に見られる。


nakanokoya4 (2)

この全く無名の城にも、東山山麓歴史コースが近くを通っていた為に城跡を示す看板が建てられている。

(誰が来るのかは疑問ながら。。。。。南小河内区。。。。。素晴らしいです !(^^)!  )


~ 帯郭 ~

nakanokoya4 (7)

郭①から見下ろした帯郭

この帯郭は、郭①の南側と西側に見られる。


nakanokoya5 (2)

nakanokoya5 (3)

宮坂氏は『山城探訪』では、この帯郭状の平地は山道によるものではないか。としているが下の写真のように

郭①の隅部の下は結構な広さがあり道によるもの。。。。とは思えないのだが??

西側の帯郭は、郭①の斜面を巻いて堀①まで続いているのが見える。


~ 堀① ~

nakanokoaya7 (2)

郭①の北東、搦め手尾根続きを2本の堀切で遮断している。

堀①は、上幅約9m・深さ(郭①側で)約4mであるが搦め手側は深さが1m程度しかない小規模な堀切である。


nakanokoaya7.jpg

堀①の北西斜面には竪掘が中段まで落とされている。(反対側は、藪の為に確認出来ず)

~ 堀② ~

nakanokoya9 (2)

堀②は、上幅約8m・深さ約1.5mで堀①よりも規模が小さくなっている。

nakanokoya9.jpg

この堀②も北西斜面の中段まで竪掘が落とされており、堀①と合わせて二重堀切+二重竪掘となっていてこの

小規模な砦には、似つかわしくないほど搦め手に気を使っている。


~ その他 ~

nakanokoya3 (4)

堀②遺構の尾根筋には一切の手を加えていない自然の尾根が100mほど続いていて、五郎山から下りてきた尾根斜面

と砦の乗る平坦な尾根の付け根部分に、東山山麓歴史コースが登ってくる。

このコースの配置を見ると、中の小屋と岩ヶ城の搦め手部を押さえていることから、城が稼働していたころからの

道であったことがうかがえ、その道を遊歩道として整備した感じを受ける。


nakanokoya3.jpg

中の小屋の搦め手へ登ってきた遊歩道。

(ここから左へ100m尾根を辿れば中の小屋へ行くことが出来るが案内看板は無い)

堀底道のような感じとなていて古くから使われていたことをうかがわせる。


nakanokoya3 (5)

山は松山でかつてはキノコ山となっていたそうであるが、現在は写真のように籔となっているので注意が必要です

nakanokoya3 (9)

城跡を正面から見る

nakanokoya3 (10)

城跡遠望

いかがでしたか、小規模な砦ながら土塁で囲んだ郭や二重掘切・竪掘など後世まで手を入れていた感じで

よほど重視した砦であったようである。

次回は沢を挟んだ隣にある岩ヶ城をお送りしますのでお付き合いください。



~ 参考文献 ~

山城探訪 上伊那資料編  (宮坂 武男)
スポンサーサイト
  1. 2013/02/28(木) 04:28:31|
  2. 箕輪町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<3月2日・3日の訪城結果 | ホーム | 諏訪市  大熊新城>>

コメント

天竜川の東段丘でしょうか?

上伊那・下伊那は小生の守備範囲を越えるので何とも言えませんが、上伊那地区は天竜川の東側の河岸段丘沿いに城跡が多いのでしょうか?
小式部城山なんて名前の山もありますが、砦なんでしょうか??
ピリッとスパイスの効いた城をご紹介下さいませ(笑)
  1. 2013/03/04(月) 21:38:04 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: 天竜川の東段丘でしょうか?

らんまるさん コメントありがとうございました。

また、先日はお世話になりました。

小式部城ですが、ずいぶん前に記事しておりますのでご参照いただきたいのですが、
天竜川東側の山々には、知久氏・樋口氏・藤沢氏などの土豪達の城砦が密集していて
一大城砦群を形成していて魅了的な地域となっております。

ただ、そのほとんどが籔に埋もれており訪れる人は限られていて、ウエブ上でも箕輪町周辺の
城はあまり紹介されていません。。。。そこで、

無名の私めが、先人のつわもの達の隙間をついて細々と紹介している次第です。
もうすぐ訪城は終える予定ですが、中々、在庫も多いので紹介が進みませんが
見ていただけたらうれしいです。
  1. 2013/03/04(月) 21:47:51 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/157-08b9e533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。