長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

箕輪町  岩ヶ城

続・上ノ平城砦群の中核をなす城

所在地・・・箕輪町東箕輪南小河内                 訪城時間・・・・ヨキトギ沢から10分・麓から30分

危険度・・・★★★☆☆                        訪城目印・・・・東山山麓歴史コースを辿る

訪城日・・・2012年12月2日


bakanokoya

岩ヶ城の位置  (国土地理院 2万5千分の1)


                 ~ 岩ヶ城の歴史 ~

岩ヶ城は、五郎山の峰が南にのびて一の沢川に望む突端部にあり、川に面する一角は直立100mの岩壁となっていて

中の小屋とは谷を隔てた東方にある。

明治12年刊行の『東箕輪村誌』には、『岩ヶ城知久左衛門隠栖ノ地と云、南は岩石険峻ニシテ下ニ市ノ沢渓水ヲ

帯ビ西北ニ堀ヲ構ヘ堅固要害ノ地タリ。方方喬松繁茂シテ景色ヨロシ。」とある。


iwagazyou10.jpg

郭①にある城址を示す看板

また、『箕輪町誌』には、『中の小屋・岩ヶ城・でゑらの三城は、およそ同一標高地点に鼎のように並んでいる

山城で、藤沢及び諏訪に通ずる一の谷を押さえるために築かれたものと思われる。』

とあり、二つの資料を見る限りでは、藤沢や諏訪からの街道を押さえる為に一族の知久左衛門を配していたという

感じであったのであろう。ただ、三つの城の中ででゑらは、地域住民の逃げ込み城との伝承もあるようである。


iwagazyou20 (3)

この図に沿って紹介していきます。

                    ~ 岩ヶ城の現状 ~

iwagazyou20.jpg

ヨキトギ沢から見上げた岩ヶ城

今回の訪城は、中の小屋➔でゑら➔岩ヶ城の順で見て行ったが岩ヶ城とでゑらの間にはヨキトギ沢という幅・深さ

ともに大きな沢があり尾根を回り込んでいく必要があるが、今回は時間の節約のため沢を下りて岩ヶ城の乗る尾根

の斜面を直登しての訪城となりました。(道はありませんので注意!)


iwagazyou998.jpg

ヨキトギ沢の底部を見る。

~ 尾根先端部・削平地 ~

iwagazyou6 (2)

堀①から南側、尾根の先端部へ向かうと尾根上は自然地形ながら、ヨキトギ沢側の尾根の斜面には削平地が見られる。

iwagazyou6.jpg

斜面には、2~3段の削平地が存在している。これはヨキトギ沢側の斜面は緩くこちらから攻められる恐れが高か

った為と思われる。


~ 堀① ~

iwagasiro1 (2)

堀①を横から見る。

iwagasiro1.jpg

堀①から落とされた竪掘を見る。

堀①は、上幅11mあるが深さがなく堀切としての機能はあまり感じられない。ただ、この堀から下ろされている

竪掘は堀切より深さがあり、南尾根唯一の堀切でもあるので往古はもっと深かった可能性もある。


~ 郭② ~

iwagazyou11 (2)

iwagazyou10 (4)

郭②を見る。

堀①を越えると郭②となる、写真上段は郭①で切岸で明確に分けられているように見えるが・・・・・


iwagazyou086.jpg


上段の郭①と共に尾根を東へたどると帯郭状の細長い郭と変化していく。

そしてこの城の造りの特徴となる郭②がスロープ状に郭①と合流するという珍しい造りとなる。


iwagazyou10 (3)

東側から見た郭①・郭②の合流部分


合流部分付近には郭を区切った跡などが見られないが、どのように二つの郭を使用していたのであろうか。

~ 郭①(本郭) ~

iwagazyou10 (2)

郭①(本郭)を見る。

この城の本郭は、尾根が直角に曲がる部分を削平して構築されており、広さは約35×15mで東側は上で書いたよう

に郭②と合流している。

郭内部は雑木や松なので眺めは悪いが現在、南河内区により城跡を示す看板が建てられている。


~ 郭③ ~

iwagazyou17 (2)

郭①と②が合流した部分から東へたどると、緩い登りとなり堀②へ至る。

ただ、この緩い登りの部分には人が手を加えたような写真のような凹凸が見られ、堀②に伴うと思われる土塁も

見られる。


~ 堀②・③ ~

iwagazyou2 (2)

堀②を見る。

堀②は、上幅約14m・深さ約1mで堀③・④と共に搦め手を厳重に守っている。


iwagazyou2 (3)

堀②から落とされている竪掘とその横には竪掘のみの堀③が二重竪掘としてヨキトギ沢側を厳重に守っている。

iwagazyou2.jpg

堀②から落とされた竪掘と堀③の二重竪掘を上から見る。

堀③(竪掘)の上幅は約3mで約30m掘り下げている。

iwagazyou3 (3)

堀③(左側)と堀②から落とされた竪掘を下から見上げる。

~ 堀④ ~

iwagazyou4.jpg

堀④は、城内最後の堀切で堀②と共に二重堀切として搦め手を守っている。

iwagazyou4 (2)

搦め手尾根から見る堀④と奥に堀②の切岸を見る

堀④は、上幅約6m・深さ約50cmと搦め手を守る堀切としては頼りない規模であるが、堀②・③・④と全体を見れば

搦め手を3本の堀で守るという強い意志が感じられる造りである。


iwagazyou20 (2)

岩ヶ城と中の小屋の遠景

さあ、上ノ平城砦群の岩ヶ城をお送りしてきましたが、いかがだったでしょうか。

この城は、諏訪・藤沢からの一の沢沿いの街道を押さえる為に厳重な造りとして構築されたことは間違いないで

あろうが、次回紹介するでゑらは、民衆の避難の為の城とされていることやヨキトギ沢を詰めると広大な平地が

あり住民の避難所ともなりうる場所であることからでゑらと共に住民の避難所となっているヨキトギ沢の入り口を

守るという任務も担っていたのではないだろうか。



~参考文献~

山城探訪 上伊那資料編  (宮坂 武男)

箕輪町誌         (箕輪町誌編纂刊行委員会  昭和61年)



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト
  1. 2013/03/12(火) 10:44:10|
  2. 箕輪町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<箕輪町  でゑら | ホーム | 3月10日の訪城結果>>

コメント

良く手入れされた林ですねえ

間伐の手入れが良く、非常に見応えのある林でございます・・・
えっ、森の話じゃなくて城の話なんですかあ・・(汗)

逃げ込み城を守る出城だったんでしょうか?敵が通り過ぎるのを待つ程度ならこの程度で充分でしょうね。

知久さんの運命も悲惨でしたね。木曾義昌とともに秀吉への内通を疑われて切腹ですか。
下条さんもそうでしたが、家康さんの巧妙な罠にかかりましたねえ。
そういう視点から見ると真田昌幸の変節は筋が通っていて、家康の正体を知っていたとも思えますが(笑)
  1. 2013/03/14(木) 21:07:28 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: 良く手入れされた林ですねえ

らんまさん  いつもありがとうございます。

岩ヶ城は、確かに小規模ではありますが、伝承では知久氏の一族を配していることや、
二重堀切・竪掘(結構規模があり感動)それなりに重要視された城であったことが窺われ、
やはり諏訪・筋沢からの街道を押さえる役割を担っていたと思われます。

山も手入れがされていて快適でしたよ。
  1. 2013/03/15(金) 11:39:22 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/160-184d3c33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。