長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

箕輪町  でゑら

上ノ平城砦群

所在地・・・・箕輪町東箕輪南小河内字大久保              訪城時間・・・・・中ノ小屋から30分

危険度・・・・★★★★☆(尾根間違えなどの危険あり、地形図が必須です。)        

訪城日・・・・2012年12月2日                       訪城目印・・・・ヨキトギ沢


bakanokoya

城跡配置図   (高度地理院 2万5千分の1地図使用)


               ~ でゑらの歴史 ~

『箕輪町誌』には、『でゑらは俗称で、台帳の字は大久保である。この城砦は同じく五郎山の一支嶺が一の沢川に

望む所(標高860m)の高所にあり、東に大久保沢が流れ、西方にはヨキトギ沢の渓谷の彼方は岩ヶ城である。

中の小屋・岩ヶ城・でゑらの三城は、およそ同一標高地点に鼎のように並んでいる山城で、藤沢及び諏訪に通ずる

一の沢谷を押さえるために築かれたものと思われる。


deera3 (3)

ヨキトギ沢を見る。

この城は山背の西側を削って東西に細長い曲輪を一つずつ造ってあり、また堀切らしいものが見出されないのは

他の山城に見られない特異の構造である。(中略)、その南端部には200㎡の広場がある。ここは岩ヶ城との連絡

を保つ為の設備であった所と推定する。(後略)。とあり、一の沢沿いの街道を見張る為の砦で、岩ヶ城と連絡を

とりながら守っていたものとしている。


deera2 (3)

一の沢沿いの道から見たでゑら(ここが昔の諏訪・藤沢を結ぶ街道であったものと思われる。)  

しかし、『山城探訪』では、『(前略)、この城(?)はほとんど自然地形で、他の二城とは少し趣を異にしてい

る。この三城(中の小屋・岩ヶ城・でゑら)が同じ時代に機能していたか、あるいは同一主体であったか問題であ

るが、これはどうも逃げ込み城と見た方がよいように思われ、百姓が利用したことも視野に入れて考えたい。』

とあり、宮坂氏は逃げ込み城の可能性もあるとしている。


deera3.jpg

ヨキトギ沢の最奥部には、写真のような広大な平坦地があり日当たりも良好で水もある。

沢の入り口を、でゑら・岩ヶ城が守るように配置されており、ここも民衆・豪族の一族などの逃げ込み場所として

利用されていたのではないだろうか。



               ~  でゑらの現状 ~

deera4.jpg

この図面に沿って紹介していきます。 

~ 窪み ~

deera10.jpg

城跡がある尾根の先端部は、しゃもじのような形をしていて凸凹が目立つ。

その尾根の付け根には、大きな窪みがある、『箕輪町誌』にはこの窪みについて、『(前略)この凹地は

デイダラボッチの足跡であるという彼の巨人伝説のある所で、でゑらの地名もそれから起ったものと云う。

(後略)』とありこの窪地が城名の由来であるとしている。


~ 高まり①・② ~

deera9 (4)

城跡の中央部に高まり①が存在する。高さは約3mあり、頂上部は一応、削平されているような感じを受ける。

deera9 (5)

高まり①の頂上部を見る。

deera7.jpg

高まり②は、城跡の南側にあり高さ約2.5mほどでこちらは自然地形で削平などの人による加工は見られない。

ただ、高まり②の南側は一の沢側となっていることから街道を見張る物見台であったかもしれない。


~ 土塁状の高まり ~

deera5.jpg

城跡の北側から西側にかけての縁部には、写真のような土塁状の細長い高まりが巡っている。

この高まりの真下はは、ヨキトギ沢となっているので自然の高まりを土塁として活用したのであろうか。


~ 平地 ~

deera5 (3)

この平地は、土塁状高まりと高まり①・②の間に存在し、町史などはこれを西郭であるとしている。

deera1 (5)

deera1 (3)

この平地を町誌では、西郭としており「岩ヶ城を目の前に望まれる西郭は、への字形に屈曲した細長い平地で、

その延長は約80m・幅は4~14mほどある大規模なもので、その南端部に約200㎡に広場がある。ここは、岩ヶ城

との連絡を保つ為の設備があった所と推定される。」とあり何らかの設備があったのではないかと推定している。


その他、一の沢側などに削平地らしき平地が見られるが、これが人工なのか自然によるものなのか判断に苦しむ。

一応、上ノ平城砦群として紹介してきましたでゑらはどうでしたでしょうか?

城跡とはされているものの、ほぼ自然地形で防御施設も見られずどう判断してよいか迷う珍しい城跡である。

ただ、沢を挟んだ岩ヶ城からは一の沢の街道が見えないことからここに何らかの物見の施設があったとしても

よい場所ではある。また、住民の隠れ城との意見も説明にある平地に隠れてしまえば周りの高まりなどにより

下からは見えないという造りともまっている。

素人では判断できないので一応、城跡として紹介しておきます。



~参考文献~

山城探訪  上伊那資料編     (宮坂 武男)

箕輪町誌             (箕輪町誌編纂刊行委員会 昭和61年) 
スポンサーサイト
  1. 2013/03/15(金) 10:03:34|
  2. 箕輪町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<松本市(旧四賀村)  虚空蔵山城水の手1次発掘調査① | ホーム | 箕輪町  岩ヶ城>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/161-c16e708e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。