長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松本市(旧四賀村)  虚空蔵山城水の手1次発掘調査①

松本市教育委員会は、旧四賀村にある殿村遺跡との関連を調べる為に、虚空蔵山城の水の手とされる部分の

段郭を2012年に発掘調査を行った。

トレンチ調査であったので部分的なものとなったが、石積みや郭の造成跡が確認出来た。

2013年3月16日に殿村遺跡とその時代と題したシンポと23年度の殿村遺跡・虚空蔵山城の発掘成果の報告会が

行われ参加してきた。ここで虚空蔵山城の発掘時の写真をブログへの掲載の許可が教育委員会から得られたので

今回は虚空蔵山城の発掘時の状況を紹介したいと思います。

*写真は、現地説明会時とその後の個人的に見学させていただいた時のものを掲載します。

*発掘調査報告書がまだ刊行されていないので記事は報告会で聞いたことを書いていきます。


見学日・・・。2012年9月9日・9月27日・10月2日

      ~ 会田虚空蔵山城水の手発掘調査の現場写真 ~

~トレンチ1~

kokuu046.jpg

発掘前のトレンチ1の平場

トレンチ1の平場は、水の手とされる湧水地(遊歩道)から一段下がった一番上の郭で行われた。

kokuuou (5)

トレンチ1の発掘現場

kokuuou (7)

平場からは、約2~3棟の建物跡のピットが見つかったが、建物の柱の大きさから掘立小屋程度のもので

建て替えの痕跡は見つからず、一回限りの使用だったようである。


kokuuou (2)

壁面からは、土止めが目的と思われる石積みが出土している。


kokuu09.jpg

トレンチ2・3・4の調査区を見る。

~トレンチ2~

kokkuu87.jpg

トレンチ2の発掘前の写真を見る。(石積みが一部、顔を出していた)

kokkuu87 (3)

発掘調査後の写真を見る。

この石積みでの特徴は、石積み下部に『顎止め石』と言われる石積みの崩落を防ぐため一部、せり出して構築する

方法を用いていることがわかった。この構築方法は、小笠原系の埴原城や桐原城などに見られるものである。


~トレンチ4~

kokuu09 (2)

このトレンチ4の部分にも顎止め石が見られ、石積みが切岸の上段部分に見られることから鉢巻石垣のような

感じで積まれていることが分かる。(それとも崩れたのか?)


~トレンチ3~

kokuu046 (2)

トレンチ3の発掘前の写真(この部分は、トレンチ1の平場の角部を構成する部分の石積みです)

kokuu90 (6)

この角部を構成する部分の石積みにも顎止め石が見られ、他のトレンチの石積みと違い大き目の石が交じっている

のが見られる。

郭を造成する際、隅ということで厳重に積んだことが分かる部分である。


kokuu90 (7)

トレンチ3を横から見る。

今回の石積みの発掘では、表面に見えている石の裏にもう一列積まれていることが分かり、教育委員会では、

16世紀の構築ではないかと考えているようである。(上はトレンチ1の平場)



とまあ、ちょっと長くなってしまうので続きは次回!!!

新たな発見をお楽しみに。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/16(土) 21:30:18|
  2. 松本市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<松本市(旧四賀村) 虚空蔵山城水の手発掘② | ホーム | 箕輪町  でゑら>>

コメント

会田岩下氏の謎解きですね

先日はお疲れさまでした。

以前に行われた殿村遺跡の発掘調査も非常に興味深いものがあり、会田氏は四賀に独自の文化を持っていたんだなあーと感心していました。
もっとも貴殿のように発掘現場まで出掛けて行くほどの熱心さは無いので、記事を読んでは現地調査に参加したような気分になってます(笑)

虚空蔵山城の石積みは貞慶さん時代の改修とばかり思っていましたが、殿村遺跡も石積みを多用しているので会田氏時代にある程度出来あがったいたと見るべきでしょうか。
最後はあっけなく滅んだ会田岩下氏ですが、この地で栄華を誇っていた時代の謎が解けることを期待しています。
  1. 2013/03/23(土) 07:28:15 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: 会田岩下氏の謎解きですね

らんまるさん  こちらこそお世話になりました。

会田氏に関しては中々難しいようで、この間の説明会でも本当の会田氏の墓所も分かっていないし、
青木村にあったなどの伝承もあるようですし。。。。。

こんどの旧会田小学校での発掘調査で会田氏の居館でも出土すればかなりの歴史の解明に近づくんですがね。

。。。訪城を優先してしまい中々記事をup出来ていないことをお詫び申し上げます。(笑)
5月以降はスムーズに書いて行こうと思っておりますのでお時間をくださいまし。。。。。
  1. 2013/03/23(土) 19:59:25 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

顎止め石に驚き

石積みが多用されていて、興味深いです。さらに、「顎止め石」ですか。顎止め石は、八王子城や太田金山城に見られまして信州でもあったとは知りませんで、驚いています。
いいものを見せていただき、ありがとうございます。
  1. 2013/03/25(月) 17:50:23 |
  2. URL |
  3. 馬念 #4uAjNfEA
  4. [ 編集 ]

Re: 顎止め石に驚き

馬念さん コメントありがとうございます。

信州での顎止め石の確認は、発掘ではここが始めてのようですが、
教育委員会では埴原城などで確認しているようです。

あまり珍しいものではなく全国的に普通に使用されていた技術だったんでしょうかね。

これからの発見に期待です。
  1. 2013/03/25(月) 21:21:35 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/162-29194045
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。