長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安曇野市  田多井城への道しるべ

前回、田多井城を紹介したがどう見ても城跡までの道が分かりずらいと思われるので補遺編として

田多井城・物見砦への行き方を紹介して皆様にも訪れていただきたいと思います。

なお。。。前回紹介した物見砦ですが、やはりあの写真では納得できなかったので。。。。。。。

。。。。。。再訪してきちゃいました  (゜-゜) 。。。。。病気の進行がすすむ・・・・



         ~ 田多井城・物見砦への道 ~

tataisiro113 (9)

加茂神社前の道を100mほど山側へ登って行くと、写真のような林道入り口が現れる。

この林道に入っていく。

(林道は普通車でも入れるほどきれいだが、一応、広い場所に置いて歩くことをお勧めします。)


tataisiro113 (10)

林道を進んでいくと・・・・・・・

tataisiro113 (8)

林道の分岐が現れます。

右は、田多井城へ。左は、田多井城物見砦への道となります。


tataisiro113.jpg

田多井城へは、右側へ進んで行くと写真のようなコンクリの壁があります。(目印はこれのみ)

さらに道なりに進み突当たりの急な斜面が見えたら、そこが田多井城への斜面となります。

(道は最後無くなりますが、とにかく真っすぐ進む、また、熊や猿が出るので注意が必要です。)


tataisiro113 (6)

田多井城物見砦へは、分岐を左に進み最初の大きなカーブを曲がった場所に、このような看板とあやしい分岐が

ありますが、その手前の藪の中にわずかな踏み跡があるのでそこを入っていきます。


tataisiro113 (2)

今回の再訪は、4月22日に行ったのですが30匹ほどの猿の群れに出会いました。

この群れは砦址まで一緒で。。。。。ドキドキ。。。

ずっと10mほど前を歩いているので群れの一員の気分でした。  (-_-メ)  

目を合わせないようにして、相手にしなければ大丈夫です。


tataisiro113 (5)

分岐脇の籔道を進むと、尾根の斜面にぶつかるので沢を渡って直登します。

tataisiro113 (3)

尾根上に、山ノ神の社があるのが目印です。

この田多井城・物見砦のある尾根は分かりずらい場所にあるので必ず地形図を持って行きましょう。

              ~ 物見砦再訪 ~

tataisiro21 (2)

ん~。。。。何度見てもいい加減だ。。。。(-_-;)

~①砦の郭~

tataisiromonomitoride34 (3)

tataisiromonomitoride34 (2)

尾根の弛みに築かれた物見の砦で、10×8mの単郭と堀切一つの小さな造りである。

tataisiromonomitoride34.jpg

小さな物見の砦ながら、高さ3mほどの切岸が見られ防御性を高めている。

~堀切~

tataisiromonomitoride34 (8)

tataisiromonomitoride34 (6)

本郭の裏の尾根続きには、上幅7m・深さ50cm程度の堀切が造られているが防御の為というよりも、城域の区切り的

なもののような感じで防御性を感じない。


tataisiromonomitoride34 (7)

搦め手尾根から堀切を挟んで本郭を見る。

tataisiromonomitoride34 (9)

砦の北側下の神沢谷側の斜面から見上げた砦

ものすごい急斜面に守られていることがわかるであろうか。


tataisiromonomitoride34 (11)

麓の田多井氏居館跡から見た本城の田多井城と物見砦

前回の掲載写真に納得いかずに、再訪してきたが単郭の砦ながら切岸や郭の削平・堀切など丁寧に手を加えていた

ことを再確認出来たことによかったと思う。

ただ、新しい記事を期待して見て下さる方々には二回続けて同じ城跡の掲載は申し訳なく思っていますが。。。。

このブログの一番の目的は、「写真で見て一目で理解出来るきれいな写真の掲載」「城跡の図鑑」を作ることなの

でこれからも納得のいかない写真は再度、訪城して撮り直し掲載していきたいと思いますのでどうぞお付き合い

下さい。


次回は。。。。。田多井氏居館跡と田多井古城をお送りしますのでお付き合いください。

(この二つも4月22日に再訪し写真を撮り直してきました。)
スポンサーサイト
  1. 2013/04/24(水) 12:13:26|
  2. 安曇野市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<安曇野市   田多井古城下居館 | ホーム | 安曇野市  多田井城・多田井城物見砦>>

コメント

安曇野猿軍団ですか

いいなあー、お猿さんと同行して城巡りなんて最高ですねえ・・(笑)
小生も木曾の王滝村では彼らのお世話になりました。秋は人里に下りて悪さするんで大変です。

それにしても宮坂武男氏の付録記事で掲載されていた物見砦を攻める人を初めて見ました・・(爆)
やはり「鬼が城」とか「猿ヶ城」を攻める要件は十分満たしていると思います。
そのうち鬼と共に行動するんでしょうか・・(汗)
  1. 2013/04/24(水) 22:18:29 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: 安曇野猿軍団ですか

らんまるさん  ありがとうございます。

猿軍団は堀金や三郷では行くたびに出会いますね。
普通に民家の屋根にいるので、地元の方達は大変でしょう。
砦・城・館・屋敷はすべて攻略することを夢見て黙々と登っております。
あと何年かかるんでしょうかね。。。ふぅ。
  1. 2013/04/24(水) 23:32:39 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/170-e72deaef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。