長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安曇野市   田多井古城下居館

土豪田多井氏による城郭達

所在地・・・・安曇野市堀金田多井清水              訪城時間・・・・0分

危険度・・・・☆☆☆☆☆                      訪城目印・・・・県道塩尻鍋割穂高線の道沿い

訪城日・・・・2009年8月15日・2013年4月21日


発掘歴・・・・圃場整備に関するトレンチ発掘調査 1988年3月 「田多井古城下遺跡」 


        ~ 田多井古城下居館の歴史 ~

田多井氏居館跡(田多井古城下遺跡)とされる場所は、「との畑」と呼ばれる周りより小高い畑1枚分である。

そこから望む城跡は山頂の城山(田多井城)は西方はるかに高く山腹の古城跡は南西上方、距離約300mの加茂神社

境内にある。


tataisiro72.jpg

田多井の城館跡配置 (田多井の字が間違えていますね。。。スミマセン!)国土地理院2万5千分の1地図使用

田多井氏については、田多井城で書いたが発掘報告書にも書かれているのでもう一度書いて見る。

「信府統記」によると、田多井城主に田多井 大隅の名が見えるが、他の文献には出てこない。

天正7年の上諏訪造宮帳には、上野郷の造宮所約徴収官として田多井 安右衛門尉の名が見られる。田多井氏が武田

氏の支配下にあって西牧氏の勢力圏に本拠を移していく事情などは明確になっていないが、武田氏被官としての

堀金氏の勢力の伸長、武田氏の下で西牧氏の目付的な立場に組み込まれていく田多井氏などを考えてみる必要が

あろう。また、田多井氏が去った後には、青柳 対馬が村地頭として入っている。


tataikozyou34 (2)

赤線で囲んだ部分が、居館推定地となっています。


            ~ 田多井古城下居館の現状 ~

kozyousitakyokann1 (7)

2008年訪城時には倒れていた標柱も、2013年訪城時には無くなっていた。

安曇野市となって三郷町の城館跡達は幸せになったのだろうか??もう少し。。。。ねぇ。


kozyousitakyokann1 (2)

県道東側に分断された「殿畑」地籍。(一部は宅地となっている)

この殿畑地籍は、1988年に圃場整備の為に発掘調査が行われた。

結果としては、図面に示した堀跡(幅2m以上・深さ2m・V字の薬研堀であった)と竪穴状遺構が見つかり、堀底

からは、中世常滑産陶器片が出土した為、この遺構は中世のものと考えられ居館跡に関係するものと考えられている。


kozyousitakyokann1 (3)

殿畑地籍から県道を挟んで、館跡の中心と見られている「城下」地籍を見る。

kozyousitakyokann1 (5)

kozyousitakyokann1 (6)

居館の中心部と見られている「城下」地籍を見る。

耕地整理などにより遺構は見られない。


kozyousitakyokann1 (4)

居館跡から見た田多井の城館跡達


今回は、田多井古城下居館跡を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

遺構のない居館ではありますが、伝承などが残り遺構が出土している点など重要な遺跡だと思います。

標柱や説明板を建てるなどもっと地域の住民などにも興味を持ってもらう努力が安曇野市には必要だと感じました。

居館主としては、田多井氏が有力ですがその後に入ってきた青柳氏や付近に若狭垣内と云う地名があり、若狭なる

人物も想定でき青柳氏と若狭の居館が特定されていないのでここが田多井氏だけの居館であったとは断定できず、

これらの人々が同じ場所に居館を構えた可能性もあるのではないでしょうか。



~参考文献~

山城探訪 補遺資料編 中南信版      (宮坂 武男)

田多井古城下遺跡発掘調査報告書      (堀金村教育委員会  1988)



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト
  1. 2013/04/27(土) 23:15:55|
  2. 安曇野市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<安曇野市  田多井古城 | ホーム | 安曇野市  田多井城への道しるべ>>

コメント

こだわってますねえ~

安曇野市も高速道路のインターの名前を変える無駄使いが出来るなら、こういう史跡の標柱に生きたお金を使って欲しいものです。

先日、とある方から投稿がありまして横川口留番所の記事を削除しました。屋敷跡を無人と表記したために無断侵入者の心配をされての事が理由だそうです。中世城郭マニアに悪い奴はいないと信じたいのですが、小生の記事で泥棒が入り放火されたなんて洒落にもなりません。
居住地の史跡のアップはプライバシーに気をつけないとヤバそうですね。
お互い気をつけましょう。
  1. 2013/04/29(月) 09:01:45 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: こだわってますねえ~

らんまるさん  いつもお世話になっております。

こだわりなのか自己満足なのか。。。。。どれほどの方が興味を持って
見ていただいているかは疑問ですが、ここに城館があったという事実だけ
でも残せたらと思って書いております。
少しでも城館の所在地や伝承が伝わるお手伝いができたらいいですね。

民家や私有地の写真は、中々難しい問題ですね。
よく城跡や館跡は民家になっていることがありますし。。。。
この家を移さずしてどのような記事が書けるのか。。。。というジレンマ
もありますね。。。。気を付けます。
  1. 2013/04/29(月) 17:58:02 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/171-32be07c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。