長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松本市  桜坂上砦

安曇郡南部の雄・西牧氏関連城砦群

所在地・・・・松本市梓川梓字大久保              訪城時間・・・・5分

危険度・・・・★★☆☆☆                     訪城日・・・・2008年7月13日・2010年12月27日

郭内部はおおむね民家となっている為、無断侵入は控えて下さい。


              ~ 桜坂上砦の歴史 ~


nisimakinotoride1.jpg

西牧氏関連の城砦群位置図                     国土地理院2万5千分の1地図使用


西牧氏の於田屋居館の防衛のために、段丘崖縁を利用して構築された砦群の一つで、この砦は東方を意識し、

梓川を越えて居館のある北条の台地へ登る坂道の主要を押さえる為に造られたものと思われていて、段丘上に

構えられた砦群の中でも発達した構造をしており、中核的な砦で他の砦と違い西牧氏滅亡後も使用されたのでは

ないだろうか。



               ~ 桜坂上砦の現状 ~

nisimakisizyousai.jpg

この図面に沿って紹介していきます。

~ 堀①? ~

sakurasakagami1 (3)

推定堀①は、現在、歩行者用の道路として掘り割って造られている。

sakurasakagami1.jpg

推定堀①を東側から見ると、ここに堀があれば東側の台地続きを遮断し城域を構築できる位置にあり是非とも欲し

い場所であるが、現在は道となっているので断定が出来ない。


~ 堀② ~

sakurasakagami2.jpg

堀②は、段丘上を郭と郭を隔てる堀切として掘り切ったあと南側斜面を中段まで竪掘として落としている。

(郭内部は民家の為、掲載しませんのであしからず。)


sakurasakagami2 (2)

斜面を中段まで落とした竪掘は、後で紹介するが斜面の中段に構築された横掘と合流する。

~ 郭 (民家以外の畑地となっている部分のみ掲載します。) ~

sakurasakagami9.jpg

堀②と堀③の間の郭を見る。

現在は、畑地と民家となっており城跡としての遺構は見られない。


~ 堀③ ~

sakurasakagami4 (5)

堀③の台地上の堀切部分を見る。

これは郭間を区切る堀切であるが、現在はほぼ埋まっている。


sakurasakagami4 (7)

堀切は、南側段丘斜面へ竪掘として落ちて行く。

sakurasakagami4 (2)

斜面を落ちている竪掘を見る。(この先は横掘へ合流している。)

~ 掘④ ~

sakurasakagami01.jpg

掘④は、一番西側の堀切で城外と城内を区画する堀切で、この砦の堀切の中で一番大きいものである。

写真の黒く消しているのは、この土地の持ち主の方で(もちろん許可をとりました。)あるがこの方と比較しても

この堀切の大きさがわかるであろうか。(上幅10m以上・深さ約4m)


sakurasakagami12 (3)

sakurasakagami12.jpg

掘④の竪掘部分を見る。(ここには出水があるため、砦の水の手としても使用されたものと思われる)

~ この砦一番の特徴。。。。横掘 ~

sakurasakagami6 (2)

掘④の竪掘部分から見た段丘崖中段に構築された横掘を見る。

険しい斜面中段に横掘が構築されていることがわかるであろうか。


sakurasakagami6 (4)

横掘を近くで見る。(掘④側は、笹藪となり詳細はよく確認できない)

sakurasakagami6.jpg

横掘を掘③側(東側)から見る。

東側からは、横掘縁部に高さ1mほどの土塁が構築されていることが確認できる。

この急斜面に造られた横掘により南側の梓川から来るであろう敵に対しての厳重な防御線となっていたであろう。


~ 遠望 ~

sakurasakagami20 (2)

砦を東側から見る。(訪城には、写真中央にあるカーブミラーの横から入る。)

sakurasakagami20 (5)

砦址の全景(窪んで見えるところは堀切)


西牧氏の前衛の砦をお送りしていこうと思いますが、一番最初に一番よく残っているものを紹介してしまった

ので残りの砦達を紹介するのが。。。。。。心が重い。。。。

これからもボチボチ西牧氏関連を紹介していきたいと思いますが。。。。。期待しないで見て下さい。

次回は・・・・・西牧氏関連城砦群の2番手。。。荒海渡砦をご紹介しますのでお楽しみに。



~参考文献~ 

山城探訪 補遺編 中南信版    (宮坂 武男)

梓川村誌             (梓川村誌編纂委員会)
スポンサーサイト
  1. 2013/05/01(水) 04:32:50|
  2. 松本市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<松本市  荒海渡砦 | ホーム | 安曇野市  田多井古城>>

コメント

プライバシーがやばそうな場所

お疲れ様です。
西牧氏城砦ツアーの際にご紹介頂いた砦ですね。
なるほど、こんな構造になってるんですね。おまけに横堀までご丁寧に入れているとは恐れ入ります(笑)
しかしまあ、こんな狭い領土によくもまあこれだけの砦を築いたもので感心します。そんなに兵力を分散したら万が一の時にヤバいって・・・(汗)
ってまあ、やはり滅びちゃいました。
全部掲載したら凄い事になりそうですネ。
まあ、おやりになるんでしょうけど・・・(爆)
  1. 2013/05/03(金) 16:01:08 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: プライバシーがやばそうな場所

らんまるさん   おつかれさまでございます。
このあたりの城砦は、小規模でどこまでの意味があったかはわかりませんが、
威嚇には役に立ったでしょうね。
一応、らんまるさんとツアーで山城は連れて行っていただいたので、
残るは宿題の鞠子山砦だけとなっております。
これからもボチボチ紹介しますのでお付き合いください。
  1. 2013/05/04(土) 07:56:52 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

このあたりもうろうろしました!

こんばんは
はじめまして
赤いRVR@松本と申します。
この一帯は、3年ほど前に、
西牧氏の城跡を探してさまよいました。
そしてこの堀切を見た時の衝撃は、
言葉にできませんでした。
当時、宮坂氏の本の情報も持たずに、
闇雲に歩き回って、
伊藤坂上とか見つけましたが。
その時には、
この横堀には気づきませんでした。
また、見てみたいと思います。
ちょくちょく覗かせていただきます。
  1. 2013/05/04(土) 21:49:45 |
  2. URL |
  3. 赤いRVR@松本 #-
  4. [ 編集 ]

Re: このあたりもうろうろしました!

赤いRVR@松本さん 初めまして訪問いただきありがとうございます。

このあたりの城砦群は数が多く手を焼きましたが
やっと鞠子山砦のみとなりました。
田屋城など厳しい訪城などもあり大変でしたが何とか
記事にはしていきたいと思っています。

これからもどうぞよろしくお願いします。
  1. 2013/05/05(日) 16:48:04 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/173-d418f478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。