長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松本市  西林砦

安曇南部の雄 西牧氏城砦群③

所在地・・・・松本市梓川林 梓字上立田                    訪城時間・・・・0分

危険度・・・・★☆☆☆☆                             訪城目印・・・・秋葉神社

訪城日・・・・2008年7月13日・2010年12月27日


nisimakinotoride1.jpg
西牧氏関連城砦群の配置図                      国土地理院2万5千分の1地図使用


          ~ 西林砦(せいりんとりで)の歴史 ~

桜坂上砦と伊藤坂上砦の中間に位置し、段丘崖が低くなった部分に構築されておりこの弱い部分を補う為に構築

されたものと思われる。また、西牧氏の本拠於田屋居館の前面に位置する為、とても重視された砦であったので

あろう。詳細な歴史は分かっていない。



                ~ 西林砦の現状 ~


seirinntoride11.jpg

この図面に沿って紹介します。(赤線は、北安曇郡誌に記載の構造改善前の図面を参考した堀跡です。)

~ 堀① ~

seirinntoride1 (4)

段丘上(城内)から見下ろした堀①

段丘の緩い斜面を竪掘として落とされていて、斜面の横移動を防いでいる。

seirinntoride1 (3)

堀①(竪掘)を近くから見下ろす。

seirinntoride1.jpg

堀①を段丘下から見上げてみる。

下から見上げるとかなり角度があり、往時はもっと深かったであろうから遮断線として効果は絶大であったであろう。


~ 横掘 ~

seirinntoride4.jpg

堀①と横掘の合流部分を見る

seirinntoride4 (2)

seirinntoride4 (5)

この横掘は段丘崖縁に構築されており、緩い南面の斜面を登ってくるであろう敵に備えていたのであろう。

また、規模は上幅約7m・深さは郭側で約4mあり図面の赤線のように四角く郭を囲っていた堀の一部としても

利用されていたようである。(宮坂氏は立田坂を守る者の屋敷地のように見える。)と書いている。


seirinntoride4 (7)

道路下(郭部)のすぐ下によく残る横掘を見る。

~ 堀② ~

seirinntoride2.jpg

砦を四角く囲っていた西側の堀から落とされた竪掘であるが、現在は水路として改変されており原型は分からなく

なっている。(さらに西側には、堀がもう一本書かれているが現状では形跡は確認できない。)


~ 砦内部の現状 ~

seirinntoride11 (5)

seirinntoride11 (6)

砦跡の内部は構造改善が行われた為に、現状では砦の痕跡は一切確認出来ない。

往時にはここに四角く堀に囲まれた砦があり近距離にある本拠於田屋居館の前衛砦として重要視されていた。

しかし、そのような歴史がこの場所にあったことを知る人が少ないのは残念なことである。


~ その他 ~

seirinntoride11 (3)

段丘下から登ってくる「立田坂」で、西林砦はこの坂を守る為に構築された。(左側上が砦跡)

seirinntoride6.jpg

seirinntoride6 (3)

西林砦の東側70mの場所にある秋葉神社

砦跡と秋葉神社の間には、段丘下から立田坂を横切って堀割状に登ってくる道が存在する。その為に東側にある神

社地にはなにかしらの砦に関する施設があった可能性がある。


seirinntoride11 (9)

段丘下から西林砦を見上げる。


西林砦はいかがだったでしょうか、現状では見ることが出来ないが四角に囲む築城方法で、他の砦達も南安曇郡誌

の図面を見ると実に不可思議な堀の掘り方の砦もある。これらは他では見られないもので西牧氏独自の築城方法

だったのであろうか。。。。。。残っていたら面白かったであろうがもったいないことをしたものである。

なお、横掘が見られることから西牧氏滅亡時まで改修されながら使われたものであろうか。


次回は。。。。。どれにしようかな~  (#^.^#)

~参考文献~

山城探訪 補遺編 中南信版       (宮坂 武男)

南安曇郡誌               (南安曇郡誌改訂編纂会  1968年)

安曇村誌                (安曇村         平成9年)



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト
  1. 2013/05/07(火) 21:39:06|
  2. 松本市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<松本市  伊藤坂上砦 | ホーム | 松本市  荒海渡砦>>

コメント

東牧さんの謎?

西牧さんに対して東牧さんが存在していたようです(笑)
西牧さんの想定する敵とは梓川を挟んだ対面なのでしょうか?
中信濃に勢力を伸ばした滋野氏系海野氏の仮想敵国は小笠原だったんでしょうね。隣接する二木氏ともヤバい間柄だったと思うのですが・・(汗)
  1. 2013/05/08(水) 20:59:49 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: 東牧さんの謎?

らんまるさん ご訪問ありがとうございます。

東牧さんはいませんでしたが(笑)西牧氏は、北に裏切り者の一族二木氏や東に小笠原氏、南に小笠原氏配下の
波多氏・櫛木氏・西に飛騨の三木氏など四面楚歌状態でしたね。。。

唯一の救いは、奈川でつながっていた木曽氏と仲が良かったってことでしょうか。
四面楚歌状態の西牧氏でしたがどうしても古敵当敵の小笠原氏には近づきたくはなかったのでしょう。
滅亡後も木曽氏に厄介になっていますし。。。。。。。。かわいそ!
  1. 2013/05/09(木) 23:20:17 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/175-b75ae590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。