長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松本市  城の上砦

安曇南部の雄 西牧氏城砦群④

所在地・・・・松本市梓川梓字上角影                      訪城時間・・・0分 

危険度・・・・★☆☆☆☆                             訪城目印・・・・八王子神社

訪城日・・・・2008年7月27日・2013年5月6日


sironoue56.jpg

西牧氏城砦群北部の配置図               国土地理院 2万5千分の1地図使用


             ~ 城の上砦の歴史 ~

「上角部落のお宮八王子社の北、本神沢の谷を隔てた地字「城ノ上」5074の地点であって、段丘上の角に堀を作っ

た南北54m・東西30mの極めて単純な構えである。

いわば「伊藤坂」上の小砦と本神沢端砦との支砦ともみらるべきもので、東方に備えると共に段丘の北方にも備え

た一監視哨的拠点であったと見たい。」と梓川村誌には書かれている。

この城ノ上砦は、中塔城に小笠原長時が籠った時には本神沢端砦と共に西牧氏領北方の境目の砦として機能したも

のと思われ、普段は本神沢沿いを段丘下から上がってくる道を監視する番所のような役目をしていたのであろう。



               ~ 城ノ上砦の現状 ~

zyounoue22.jpg

この図面に沿って紹介していきます。

~ 本神沢 ~

zyounoue2 (4)

「北安曇郡誌」記載の図面を見る限りでは、本神沢に沿って登っている道(写真中央)が城ノ上砦が守っていた

段丘上への道であったと思われ、ここを突破されるとすぐ本拠の於田屋の居館へ攻め込まれてしまう位置にある。

なお沢を挟んで左側が八王子社のある台地で、右側が砦のある台地となっている。


zyounoue2.jpg

本神沢に面した城ノ上砦の切岸(高さは5~6mほど)

~ 堀① ~

zyounoue1 (4)

本神沢に面した部分から始まる堀①を見る。(現在は畑への道となっている)

zyounoue1.jpg

砦内部から見る堀①

本神沢の道と堀①が接続している所を見るとここに砦の大手があったのであろうか。。。。それとも。。。。

あとで紹介する八王子社の斜面にも堀状遺構があるので、沢と堀を合流させ道の部分のみ土橋または橋をかけて

防御していたかも。。。。。しれないな~(-_-;)


zyounoue1 (3)

堀①は城内へ伸びてくると少しカーブして消滅している。(小屋の左側にカーブしているのが分かるでしょうか)

~ 堀② ~

zyounoue6.jpg

堀①から見た堀②(便宜上分けているが同じ堀)の痕跡を見る。

この堀①と堀②(同じ堀ですが便宜上)の間は耕作により消滅しており、この畑の中央部あたりが僅かに窪んでお

りこれが堀跡であろうと考えられている。(ほん~とうに僅かすぎて写真に写らないので線をいれてみました)


zyounoue6 (3)

東側から見た堀②(本当に分かりずらいので線を入れております)

zyounoue6 (8)

堀②は東側の段丘斜面に至ると竪掘として斜面を下っている。(最近笹が刈られて見やすくなりました)

~ 郭① ~

zyounoue8 (3)

この砦は単郭で形も不思議な形である。(図面参照)

現在、郭内部は畑となっており土塁は見られないが、郭縁部に土塁が無いと比高の低い段丘なので下から丸見えと

なってしまうことから、往時は土塁が構築されていたものと思われる。


zyounoue12 (2)

城内からの眺め(一切遮るものがないので物見の砦としては優秀でしょう)

~ 八王子社 ~

zyounoue3.jpg

砦の西側、本神沢を挟んだ段丘上に所在する八王子社

zyounoue3 (2)

八王子社裏の笹藪には、本神沢側の斜面に竪掘状の窪み堀③が存在する。

これが城郭遺構とすれば、沢を挟んだ対岸の堀①と連動して段丘上へ通じる道を遮断していたのであろうが。。。

どうであろうが。。。。。。。気になる遺構であるが妄想かな (゜-゜)


~ 遠望 ~

zyounoue12.jpg

砦から見る本拠の北条城と中塔城(写真中央の畑に堀②の窪みがあるのが分かるかな~。。。)

zyounoue12 (3)

段丘下から見た城ノ上砦(高い木が立っているところ)

ち~さい砦を長々と書いてきましたがどうでしたか。。。。。。

結構細かく観察すると意外に遺構が残っているものだと感動しました!

昔の方々の足跡を是非皆様も現地へ行って観察してみてはいかがでしょうか。  (*^^)v


~ 参考文献 ~

山城探訪  補遺編 中南信編      (宮坂 武男)

梓川村誌                (梓川村誌編纂委員会  平成6年)



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト
  1. 2013/05/24(金) 04:22:44|
  2. 松本市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<松本市  西牧氏① | ホーム | 松本市  伊藤坂上砦>>

コメント

いいねえ~(家族ゲームってか?)

貴殿が紹介しなければ間違いなく忘れ去られてしまった砦でしょう。ありがたい事です。

西牧さんちの城下町は県下でも有数の広さだったらしいですね。会田岩下氏の殿城居館跡も一乗谷の朝倉屋敷並みの栄華を誇っていたとか。
平和ボケした一族の戦国時代に対する嗅覚は鈍っていたのでしょうね。
親子丼とカツ丼の匂いの違いに気がつかない小生も滅びゆく定めなんでしょうか・・・・(笑)
  1. 2013/05/25(土) 23:05:50 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: いいねえ~(家族ゲームってか?)

らんまるさんご訪問ありがとうございます。
会田氏の居館周辺は、城郭郡はさることながら寺社仏閣を多数備えた宗教都市でかなりの権力を持っていたようです。西牧氏も真光寺や金松寺など宗教施設を数多く建立していますので旧勢力の海野氏系は武力より権力に執着していたので気付いたころには周りに取り込まれるか滅びる結果となってしまったのでしょう。
かつ丼と親子丼の匂いの差は自分もよくわかりませんので、この微妙な趣味を持つ方達も滅びる運命なのでしょうかね(笑)
  1. 2013/05/26(日) 02:38:52 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/177-2a737c41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。