長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

塩尻市  五百渡砦②

山城の恐怖。。。。。生還編 (#^.^#) 

ioto12.jpg
今回の訪城路のおさらい。。。

ioto7 (3)

沢の底でどう登ろうかウロウロすること10分。。。。。。ピカ~ン! (*_*;

見えた~。。。。。。。

さあ、質問です上の写真には尾根へ登るための道筋が写っています。。。。。。わかるかな?

城跡マニアには見えるはず。。。。。。。。

チッ。。。。。チッ。。。。。チッ。。。。。。。。チン!


ioto7 (5)

正解は。。。。。。そう! 四本足の生き物の道が僅かながら見えます。

しかし、傾斜40度以上・幅は5cm程度。。。。。。。帰るには行くしかない!!


ioto7 (9)

恐る恐る登ること10分。。。。。やっと道半ば。。。。。。。ここで下を見てみると。。。。。。。

これはヤバい!    かなりヤバイ!     落ちたらまずただでは済まないし携帯は圏外。。。。

死ぬな。。。。。。。。。。


ioto7 (6)

上を見上げても。。。。。。垂直な壁にしか見えん!   足がすくむ。。。。(-"-)

さらにノロノロ登ること10分。。。。。。。


ioto7 (8)

尾根にたどりついた。。。。。。。(汗)

これが行く手を阻んだ崖か~。。。。。。。。2~3m程度かな??

そういえば。。。。山城探訪に「縄を伝って岩を登ると。。。」ってあるけど。。。。縄はどこに。。。。


ioto7 (10)

(驚)。。。。。。ダメでしょ。。。。。これ使ったら。。。。絶対切れる。。。。。(汗)

こんなのに命預けられるか~。。。。。。(心の中で叫ぶ)

この五百渡山への登山道はすでに忘れさられた存在で、整備はされていないようだ。。。。。。なぜか。。。。。

振り向くとわかるこの恐ろしさ。


ioto7 (12)

山城探訪に書かれていた。。。「尺に満たない細尾根が45m続き・・・」。。。。。。。。。。

イヤ、イヤ、イヤ。。。。。。尺どころじゃないでしょ!

写真で伝わるか分かりませんが、この45mの細尾根下部がすべてえぐれていて木の根っこで僅かな土が留まって

いるにすぎないのです。。。。。。。「神よ。。。。。何故こんな試練ばかり与えるのか。。。(涙)」

とにかく揺らさないよ~うに、四つん這いでソロソロっと進んでいく。。。。。。

登山道が廃道になったのはこのせいか。。。。。。。。。(-_-メ)


ioto7 (13)

尾根を分断していた岩壁を振り返って撮ってみる。(もちろん木にしがみつきつつ。。。)

ioto7 (15)

5分後。。。。。。尾根を渡り切った瞬間ガッツポーズ!!!

「生きて生還したぞ~」・・・・・・・・・・・誰も居ないので思わず叫ぶ !(^^)!

ここからはルンルン気分で、訪城開始!!!!!!!


ioto12 (2)

~ 腰郭 ~

ioto2 (2)

死ぬ思いして通過した細尾根を2mほど登ると(この斜面もハンパなく傾斜がきつく怖い!)この腰郭が申し訳程度

に構築している。


ioto2.jpg

この腰郭には多くて2~3人程度しか入れないような狭さで、いつもは縁部に柵を巡らして防御していたのであろ

う、そう考えるとこの細尾根があるのに防御している所をみると尾根続きにあった堀①も堀切の可能性も

出てくるのではないだろうか。


~ 郭①(本郭) ~

ioto5.jpg

腰郭から約5mほど登るとピークのてっぺんである郭①に着く。

ここには石祠(祀神不明)と石碑(碑文不明)が建っている。

この石碑の周囲には縄で囲まれた(結界?)が張られていて、どうやらここまでは人が入ってきているようである。


ioto5 (3)

石祠と碑を近くで見る。(今でもお祭りをしていることに感動!  すばらしい!)

ioto5 (4)

本郭東側から西側を見る。

ioto5 (5)

西側から東側を見る。

この郭①は、五百渡砦の唯一の中心的な郭(この砦は単郭構造)で約10×30mの規模で西側を除く三方は、

急崖で登坂困難、要害堅固な場所に構築されている。


ioto5 (6)

この郭①の内部は、4段ほどの段差が設けられているが段の壁は緩く平坦面も削平されていない。

郭周囲には土塁も見られず簡素な造りとなっている。

これはこの砦のある山が急峻で比高も高く、役目が烽火台や物見だった為にこの程度でもよかったものと考えられる。


~ 大手道 ~

ioto1 (4)

大手道は、五百渡橋から登ってくる尾根で、本郭からみると西尾根となる。

本郭からこの西尾根を10mほど降ると、11×3m・5×3mの二段の郭が見られる。


ioto1 (2)

この郭は城内では一番と言っていいほど削平が施されていて、11×3mの郭の両縁部には竪掘状の溝が落ちている。

ioto1.jpg

これは大手を登ってきた道を、本郭手前の郭で敵を押さえるべく通路を堀によって狭くして防御していたのであろ

うか。。。。(宮坂氏は、もしかしたら堀があった可能性がある。としている)


ioto1 (18)

この大手道は、かつて五百渡山への登山道であったとは思えないほど荒れていて険しい。

ioto1 (15)

ioto1 (11)

この大手道の尾根上には数か所の削平地が見られるが、これが砦に関係する大手の防御によるものなのか、かつて

山頂にあった五百渡神社に関連する祭礼などによるものか判断できない。

尾根の中段に「阿礼神社御旧蹟」の碑があることからも判断が難しくなっている。


ioto1 (22)

ioto1 (13)

ioto1 (21)

この尾根は険しく、細い尾根で経験の少ない方には登るのが難しいが、尾根の所々に上のような印が色々な所や、

分岐点に付けられており道に迷う心配はないので興味のある方は安心して登って下さい。

(山頂までは。。。。。。。。。。。ネ!)


ioto1 (20)

尾根の途中から見た遥か遠くに見える問題の「間違えた山」。。。。。

これからはちゃんと戻ろう。(汗)


ioto1 (19)

この砦は、かなり奥まった位置に構築している為に全体の写真は撮ることができないので、下山中の尾根から

山頂方向を撮ってみたが。。。。写って無い。。。。。。。。山の傾斜がきつすぎて山頂すら写らない(涙)



ioto5 (9)

本郭からの眺め

本郭からは松本や塩尻一円が遠望できるが塩尻方面は見ることができないことから、深志方面(北熊井城経由?)

塩尻方面(西條城?高須城経由?)などからの烽火を受け取っていたのであろう。



2回にわたってお送りしてきた五百渡砦はいかがだったでしょうか。。。。

険峻な山・地形図を見間違えて間違って登った山・シカの足跡と人の足跡を見間違えてしまったこと・

戻る勇気が無かったこと。。。。。。。。

色々な条件がそろってしまい今回のような危ない訪城となってしまいました。。。。。反省。

皆様にはこのようなことが起らないように楽しんで訪城していただきたいと思います。

それにしても。。。。。苦労が多く見るべきものの少ない砦だったな~。。。。。。。。。

っと言いつつこの後、北熊井城の詰城とされている本城へ向かうのでした。。。。。

病気の進行が。。。。こわい (゜-゜)


~参考文献~

山城探訪 松塩筑資料編      (宮坂 武男)

長畝区誌             (長畝区  平成18年)



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト
  1. 2013/07/15(月) 15:59:02|
  2. 塩尻市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<安曇野市  大足(葦)氏館 | ホーム | 塩尻市  五百渡砦(いおととりで)①>>

コメント

先駆者は凄いと思う

生還出来て何よりです。家族には登山計画書を事前に提出しておく事をお勧めします。
遭難場所が特定出来ないと「失踪宣告」扱いになるので、それも厄介な問題になります(笑)

宮坂氏の一番の凄さは、城址を特定し正確に位置を記している事だと思うんです。
その地図が無ければ我々は、めぼしい山に見当を付けて当たるか外れるか博打のような作業を繰り返し、挙句の果てに何処の山だったのかも忘れてしまう愚か者だと思われます(爆)

山を間違えたら、さっさと引き返してまた次の機会に登ればいいんです。
もったいないと思ったらダメです。我々が登る山は敵が容易に攻められない場所に作ってあるんです。そう思えば闘志が沸きます(笑)なので生還は絶対条件でございますw
  1. 2013/07/16(火) 21:32:49 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: 先駆者は凄いと思う

らんまるさんのおっしゃるとおり、生きて帰らないと記録も残らないし何のために行ったのか。。。。。。。
しかも絶対見つけてもらえないですからね。
これからは登山計画書を家族に提出しなければかな~
でもこれが結構思いつきで登ることが多いのも問題ですね。

こうやって趣味を満喫できているのも先人の方の調査によるものが大きいですから
感謝しなければいけないですね。

  1. 2013/07/17(水) 11:15:36 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます

なんとも凄まじい趣味ですね、門外漢の私には
驚きの世界ですね、気をつけて続けて下さい!

今日のブログランキング見て訪問しました。
お隣さんなのでご挨拶です”よろしくお願いします”

 ブログタイトルは”友遊クラブで楽しく生きよう!”です。
   趣味の将棋サークルのホームページ管理してる関係で
   将棋の話題と日々の出来事を書き込んでいます!
  1. 2013/07/21(日) 08:53:51 |
  2. URL |
  3. 友遊クラブ #-
  4. [ 編集 ]

Re: おはようございます

ご丁寧なごあいさつありがとうございます。
こちらこそどうぞよろしくお願いします。
直接貴サイトへ御返事させていただきました。
日々の日常が書かれており楽しく読ませていただきました。
これからもそちらへ寄らせていただきます。
  1. 2013/07/24(水) 06:11:46 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして!

いつも興味深く拝見させてもらっています!

2年位前、私も五百渡砦を訪れたことがあるのですが・・・私も間違って、ていぴすさんとほぼ同じルートでたどり着きましたw
私は、五百渡山山頂までいってしまいましたが・・・^^;
あの細尾根は本当危険ですよね。
私もあのロープに命は託せませんでしたw

これからも楽しみに拝見させてもらいます!
  1. 2013/12/05(木) 00:09:17 |
  2. URL |
  3. コクリ #-
  4. [ 編集 ]

Re: はじめまして!

コクリ様御来訪ありがとうございます。
そうですか。。。。あの五百渡砦へいかれましたか。
中々のマニアですね(汗)
あそこほど死を感じたことはあまりなかったですね。。。。。。
落ちたら死ぬなってことは多々ありますが、四面楚歌って言葉はあそこの為に
あると感じました。
今は短いシーズン中ですので、訪城を優先して記事を書くのが遅れていますが、
あまりマニアでも行っていない城跡もご紹介出来るかと思いますので
どうぞお付き合いください。
  1. 2013/12/05(木) 00:35:58 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/186-0b18d8a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。