長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安曇野市  上総屋敷

堀金氏一族の長尾城主屋敷跡

nagao2 (2)
長尾城主関連の城館分布               国土地理院2万5千分の1地図使用


所在地・・・・安曇野市三郷上長尾            訪城時間・・・・0分

危険度・・・・★☆☆☆☆                訪城目印・・・・諏訪神社

訪城日・・・・2008年7月5日・2013年6月2日

住宅街となっているのでプライバシーに注意が必要。



              ~ 上総屋敷の歴史 ~

諏訪神社の北を小倉地区へ向かう現在の県道小倉梓橋停車場線の北側で、上長尾上沢堰の西側の一角に、旧三郷村

の遺跡に指定されていた上総屋敷遺跡が存在する。

この屋敷は長尾城主長尾上総守という人物の居館であったといわれている。

文化8~13年(1811~16)の絵図によると南北七五間(135m)、東西八五間(153m)の広大な広さと、1.5mから

2mの高さの土塁が書かれている。


nagaokazusayasiki7.jpg
三郷村誌に掲載の上総屋敷の図を転載

この広さは、西牧氏の於田屋館よりも広く、長尾城主であると共にそれ以前から住吉荘を統治する人物であったと

も推測出来る。と三郷村誌に書かれているが長尾城でも書いたとおりこの長尾の地は西牧氏により統治されていた

ことが分かっており長尾城も西牧氏により築城されたと考えられているので、堀金一族とされる長尾氏が古くから

いたというのは疑問である。


nagaokazusayasiki3.jpg
現在の上総屋敷の推定位置(goo地図使用)

屋敷跡からは平安時代の土師器片・須恵器片に中世の遺物で内耳土器が出土していることから、西牧氏が鎌倉時代

に来住し住吉荘を支配する以前にはこの地に水利を掌握していた在地領主が住んでおり、その後に長尾城主がここ

に居館を構えたと考えられるのではないだろうか。



                 ~ 上総屋敷の現状 ~

nagaokazusayasiki2 (9)

上総屋敷を南側から見る。

現在は県道に沿って住宅や店舗となっていて見るべきものはない。古図ではこの県道を「下長尾山道」と書かれて

いて往古の古道であったことが分かる。


nagaokazusayasiki2.jpg

旧三郷村が合併により消滅した時点で忘れ去られた標柱。

せっかく歴史が伝わっていても伝える人がいなければ。。。。。。。


nagaokazusayasiki2 (2)

nagaokazusayasiki2 (3)

屋敷の東側を流れる長尾用水上澤汐で、屋敷の堀の役目を担っていたようで古図でもこの用水に沿って土塁が構築

されていたことが書かれている。

近所の住民の方の聞き取りでも、「この用水に沿って土塁がありその上に塀を構えていた」と伝わっている。

と教えていただいた。


nagaokazusayasiki2 (4)

屋敷の北側で、古図では堀跡・土手の記載がありこちら側にも防御施設があったことが分かるが、現状は住宅地と

なり見るべきものはない。


nagaokazusayasiki2 (5)

古図に記載があり、屋敷内部を通っている「長尾作場道」とみられる道を見る。

nagaokazusayasiki2 (6)

屋敷の西限にある墓地。

この墓地は古図に「長尾村百姓墓所」と書かれていて、古くは替え地の墓と呼ばれ、上沢下の千手堂墓地を移転し

たものであるといい、屋敷には関係ないのかもしれないな~。。。。(゜-゜)


nagaokazusayasiki2 (7)

長尾神主塚の記載部分を見るが、詳細は不明。

東南にある諏訪神社は長尾村宮と記されていて、神社境内を宮沢が現在でも流れており珍しい。

古くから権威ある神社であったようでこの神社の神官の墓所であったのであろう。



あまり見るべきものがない上総屋敷をお送りしてまいりました。。。。。が、

この上総屋敷は、長尾城主の居館跡とされてはいるがこの屋敷から色々な道が立ち上っていることが古図から見え

ることから、この居館があった場所は交通の要所でありそれらの道を掌握する為に屋敷に土塁や堀を構築して守っ

っていた重要な館城であったのであろう。


次回は。。。。。長尾城主の一族がいたものと考えられている瑠璃光寺堀屋敷をお送りしますのでお楽しみに。


~参考文献~

三郷村誌            (三郷村誌刊行会  平成18年)



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト
  1. 2013/08/05(月) 15:50:01|
  2. 安曇野市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<安曇野市  瑠璃光寺堀屋敷 | ホーム | 安曇野市  長尾城>>

コメント

標柱が凄い

何もなさそうな住宅地でゴミに紛れた標柱を発見するとは、まさにトレジャーハンターですねえ(笑)
カメラと地図片手に住宅街をうろつくのは勇者の証です・・・・(汗)

長尾さんちも一代で終わったんじゃ口伝にはならないので、何代か続いたのでしょうか。
えっ、まだ居館シリーズ続くんですか?
まさに執念だけですなあー。
  1. 2013/08/11(日) 08:27:15 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: 標柱が凄い

らんまるさん いつもありがとうございます。

有名な城跡は皆様がご紹介されていますので、下っ端の私めは忘れ去られた
平地の居館や屋敷を地道に探し出しているのがお似合いかと。。。。。

なんてね。

ただ単に忘れされられた居館跡を探し出すのが好きなのです。。。
探し出した時のあの達成感は。。。。。。。たまりません。
  1. 2013/08/13(火) 03:30:31 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

!(^^)!
いいね!
!(^^)!
  1. 2013/08/14(水) 15:24:16 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/189-733e12c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。