長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

9月22日の訪城結果

なめてかかった代償は大きかった!!!


地の利を生かした戦国末期の優れた城郭・・・・・布上城(松川村)

夜勤明けに時間があったので友達を誘って松川村の布上城へトレーニングも兼ねて訪城してみたが。。。。。

この城のある山を遠目で見ただけで。。。。。。。ビビってしまった。

何故かって。。。。。。


matukawanunogami (3)

どう見てもこの山は。。。。。ヤバいでしょ  (゜-゜)

とビビりながら、前日出しておいた2万5千分の1の地形図を見ながら登城路を探す。

これがまた、尾根に取り着くまでの距離が長い。。。。。。。

林道(普通車不可)を歩くこと20分、やっと尾根の麓に辿り着く(ここまでに熊出没中の看板がありビビる)

この尾根の傾斜が40°近くありヤバい(もちろん道は無い!)。。。。。

まあこの斜面を登り切れば楽になるだろうと。。。。。。。なめてた (-.-)

尾根の弛みを越えるたびに永遠と急斜面が続く。。。。。。そして城跡までこの急斜面が1時間半続いたのであった

ここは地獄か。。。。。。トレーニングなんてとんでもない!

ただの登山である。


村誌には、村人の逃げ込み城では。。。。。と書かれていたので全然期待していなかった。。。。。

だが、期待はいい方向に裏切られたのだ。


matukawanunogami (2)

城の中心部と尾根続きを遮断する大堀切(上幅12mあり切岸は現在でも登ることができないほど鋭い)

matukawanunogami.jpg

斜面に掘られた3本の連続竪掘。。。。。。。感嘆ものでした。

この他にも見どころ満載!

しかし、何故この素晴らしい城郭遺構を残す城跡が住民の逃げ込み城と考えられたのであろうか。。。。

それは、この城跡の立地に由来するのであろう。

この城跡の比高は350mありしかも山奥すぎて片道約2時間。。。。。。。。村誌にも書いてあったが、どう見ても

敵が来ても攻めかかることもできず、敵も素通りしても脅威を感じないだろう。

そう考えた時に、住民が逃れるための施設という仮説が出て来たのであろうが。。。。。。

住民が隠れるだけならこのような防御施設は必要ない。

では何に対してこのような優れた防御施設を山奥の隔絶した山頂に構築する必要があったのであろうか。。。。。

謎だ。。。。


まあこの記事は。。。。。。。。書くのはいつになるやら。。。。。でも、もう行きたくないのは確かだ。

PS、この城は絶対一人では行かないでください。怪我をした場合、絶対一人では降りてくることはできません。

また、遭難の危険性も高いので必ず地形図・熊鈴などの登山用の装備を持っていくことをお勧めします。

*この山はかなりの健脚の方でないと無理です。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/22(日) 22:06:44|
  2. 本日の訪城
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<駒ケ根市   吉瀬の城山 | ホーム | 中川村  御北>>

コメント

大丈夫、誰も登りませんから

凄いですねえ~、こんなとこ登る人がいるんだ(笑)
頼まれても嫌ですよ。中塔城よりヒドイ感じかしら。

それにしても安曇野には「これでもか!」ってくらい無駄に高い場所に無駄な労力を使って恐ろしい土木工事をした無意味な山城が多過ぎです(汗)
三連の竪堀、上巾12mの堀切、天水溜め・・・誰も攻めてきませんよ。
それを確かめに行く貴殿も重症ですなあー(爆)
  1. 2013/09/23(月) 13:07:14 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

脅威

お疲れ様です。
この城、行かれましたか・・・。すごいです。
わたしも遠望し、「もし登山道があったら挑戦しよう」と、山麓をウロウロしましたが、墓地しかなくて退散。
あれは無理ですね。
しかも、「岩あらし」とかいう別称もあるらしい山頂。
訪問記事を楽しみにしています。
  1. 2013/09/23(月) 21:40:26 |
  2. URL |
  3. マサハレ #-
  4. [ 編集 ]

Re: 大丈夫、誰も登りませんから

らんまるさん   甲州遠征お疲れ様でございました。

この布上城は以前から目を付けていたんですが、黒いものが怖くて行けていませんでしたが、
会社の友達をトレーニングの名の元に誘い出して登ってきました。

それにしてもかなりきつかったですね。。。。。。。ベスト5に入るかと。
あれだけ素晴らしい遺構があるのに見て回るのも苦痛でしたが、すべて見てきました。

遠望でもわかるとおり、あの尖がった山頂ですから違う尾根にある堀切を見に行くだけでも
急斜面(傾斜40°以上)を50mほど降って行かなくてはいけないと云う苦痛だけの往復でした。。。

それにしても大和田氏に関連しているとだけは分かっているようですが、あれほどの山奥に
こんな立派な防御施設が必要だった理由を知りたいものです。

それにしても疲れた。。。。ここだけで撃墜されました。
  1. 2013/09/24(火) 03:33:02 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

Re: 脅威

マサハレ様コメントありがとうございます。

この城は以前から行きたかったので、地形図を見て傾斜の緩そうな所から直登しました。
もちろん所詮地形図で緩い斜面など存在しませんでしたが。。。。。

大手は北側の尾根が推定されていますが、確かに墓地の北側にある尾根に山仕事の方のものと
思われる道が微かに続いていました。(途中で合流したので先端部がどうなっているのかは未確認)

一部には木で梯子(既に朽ちていましたが)が斜面に構築されていたのでかつてはよく山に人が
入っていたようです。なお、北側の尾根に登り切れば道は明瞭で迷うことはありませんが、下りは
尾根を間違えない目印が必要かと思います。

遺構はとにかく素晴らしかったですよ。。。。。大きな堀切・見たことない遺構などこんな山奥に必要かと
思うほど。。。。複数人で行く分にはかなりお勧めです。

しかし城跡までの距離がながい。。。。。。。。。。泣きそうでした。

  1. 2013/09/24(火) 03:44:21 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

としよりには・・・

お久しぶりです。

それにしても夜勤明けに行く城とは思えませんが、遺構はなるほど素晴らしいようです。

ていびすさんほどの方が、ねを上げる城址では小生ごときものは無理でな~。

  1. 2013/10/02(水) 23:53:25 |
  2. URL |
  3. 馬念 #-
  4. [ 編集 ]

Re: としよりには・・・

馬念様へ

訪問ありがとうございます。
ここは久しぶりに辛い城跡でしたね。。。。。遺構は申し分ありませんでした。
先日らんまるさんとご一緒した小谷の平倉城も辛かったですが。。。。
信州の城跡は辛い場所ばかり・・・・・・・またご一緒しましょうね。

あと、5日の長野市博物館ではお会いするのを楽しみにしております。
  1. 2013/10/03(木) 23:24:50 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/194-a948e682
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。