長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

11月15・16・17日の訪城結果

去年のリベンジ&悪夢の再来!!

15日・16日・17日と3日間に5ヶ所の山城を訪城してきました。
念願の城も制覇し気分ルンルン!足はパンパン!訪城結果をお送りしていきます。


                11月15日

改めて見直してきましたが、やっぱりサイコ~!・・・・・・北条城(松本市梓川)   再訪

以前、らんまる攻城戦記のらんまるさんにご案内いただき訪城しましたが、改めて再訪して満喫してきました

西牧氏の本城として築城され、小笠原氏が中塔城に立て籠もった時に改修され堅固な城となったと考えられている。/span>。

houzyou2.jpg
本郭の縁部を取り巻くように構築された土塁。

現在でもよく残り虎口も見られ進んだ築城技術が見られる。


houzyou1.jpg
本郭北東尾根を掘り切る巨大な掘切

堀切の巨大さに感動&どう降りようか悩むこと必須


houzyou3.jpg
西尾根を掘り割る堀切

連郭式に築かれた北条城、それぞれの堀切の規模と切岸に何回訪れても飽きない。


北条城の出城・・・・亀山城(松本市梓川)    再訪

kameyama2.jpg
北条城とつながる尾根を断ち割る巨大な堀切

kameyama1.jpg
ニの郭と奥に本郭の切岸を見る。

きれいな削平・明確な切岸、出城といえども手を抜かない築城にこの時代の緊張感を感じることが出来る。


                       11月16日

16日は、去年に尾根を間違えて鳩吹城へ登ってしまった義信の城を攻めて来たぞ!ただ・・・・・苦難の道のりが

また間違えた!苦難の道のりと感動の城跡・・・・義信の城(伊那市)

yosinobu3.jpg
本郭の下部に横掘を構築した珍しい郭

今回も何故か。。。。。。前回とはこの城の有る尾根を挟んで反対側の尾根に登ってしまい、立ち往生!

なんたって最終の尾根が幅1mを切る狭さで両側が絶壁!(汗)

しかし、あきらめないのだ!絶壁を下り沢中をトラバース、さらに義信の城のある尾根の絶壁を這ってよじ登った

らこの郭へ到着!・・・・・・どんだけ命がけなんだ~!(沢を越えるだけで1時間。。。。涙の訪城劇)


yosinobu2.jpg
搦め手の尾根を掘り切る二重の堀切

yosinobu1.jpg
本郭背後の巨大な堀切

義信の城は、この周囲にある城とは一線を画した異色の城で、巨大堀切・放射状の竪掘・横掘と先駆的な築城技術

を見ることが出来るが、街道からは離れた位置にあり何のためにこのように厳重な防備を誇る城を築く意味があっ

たのかは不明。築城主としては鳩吹城の倉田氏・木曽氏の説がある。

かなりお勧めの城であるが、場所が分かりずらく又笹藪が進んでいるので訪城には注意が必要!


伊那と木曽を繋ぐ権平峠を見張る砦・・・・・座籠城(箕輪町)

zanngo2.jpg
訪城途中から見た伊那方面

この城、比高は200mちょっとと大したことないように感じるが、これがまた城跡までの距離がとにかく長い長い!

途中、居館跡と考えられているクリ平を越えて永遠と鉄塔の保守道を1時間ちょっとかけて登る。

高圧線に沿って登るので木々は切られているので眺めは最高。

途中でモトクロスに乗って下ってきた方に会った時にはビックリ、こんなところに自転車とは・・・・・

色々な趣味の方がいるものです(自分も含めて!)


zanngo1.jpg
尾根を区切る唯一の小規模な堀切

zanngo3.jpg
本郭の尾根続き側には高さ約50~60程度の土塁を見ることが出来る。

また、本郭からは木曽への国道(権平峠)が眼下に見えこの城の役割を感じることが出来る。


zanngo4.jpg
城跡遠望

どっちの城跡だろ・・・・・物見ヶ城(伊那市富県)    再訪

この城も以前にらんまる攻城戦記のらんまるさんにお付き合いいただき訪城したが、天気が良すぎてまともな写真

が撮れていなかったので再訪してきた。

以前訪城した時は北林から1時間以上かけて尾根を登ったが、今回はチョンボして尾根続きの林道から20分程度で

訪城しちゃった (-_-;)


tomikennmonomi.jpg
搦め手を守る二重堀切

この物見ヶ城は、北林側と富県側とどちらの勢力によって構築されたのか分かっていない謎の城跡で、高山にあり

ながらただの砦ではなく明確な意思をもって築城した城跡で先駆的な技術が使われている。


tomikennkmonomi2.jpg
本郭を見る

本郭は縁部をすべて土塁で取り巻き、西側と東側の二か所に虎口を設けている。

また、誰が来るのか疑問だが古びた標柱が建っている。


tomikennmonoi5.jpg
本郭とニの郭を区切る大きな堀切と切岸

この城の特徴は二重堀切や高い切岸・城内と通路を明確に分ける土塁などで、物見としても使われたであろうが

明確な防御意識を感じ、城郭資料では武田氏による築城説や防御が北林側に向いていることから富県側の勢力によ

る築城説がある。

どちらにしても優れた城郭遺構なので是非見ていただきたいが、全山キノコ山なので時期には注意が必要!

罰金30万や森林法の適用の看板があり。



                      11月17日

この日は、嫁のダイエットを兼ねて塩尻市の鳴雷城を攻めて来たぞ。

先日からのハードな訪城ですでにフラフラ。。。。。。。。登山道はきれいに整備されているがとにかく高い!


雨乞いの城跡・・・・鳴雷城(塩尻市)

narugami2.jpg
本郭にある鳴雷神社

山頂の本郭は削平は甘いが周囲にはきれいな切岸と帯郭が取り巻く。


narugami.jpg
上ノ山城へ続く尾根を断ち切る大堀切

城内で一番大きな堀切で、北側に落とされた竪掘の大きさはこの砦には不釣り合いな程規模が大きい。


narugami4.jpg
城跡遠望

さすがに3日間の訪城はきつかった!


いつになるか分からないけど。。。。。。。。。ガンバって書くのでお楽しみに!
スポンサーサイト
  1. 2013/11/22(金) 18:47:40|
  2. 本日の訪城
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<駒ケ根市   香花社古城 | ホーム | 駒ケ根市  高見城>>

コメント

心よりお悔やみ申し上げます

ご病気の進行が酷いようですねえ、お大事にして下さい・・(笑)
確か標高1500mの御坂城に登る方もいましたね。リミッターが外れると火事場のクソ力になるのでしょうか・・(汗)

小生はもうこんな趣味は止めようと思っているので、皆さまのご健闘を草葉の陰から応援しております・・・・・・(爆)
  1. 2013/11/22(金) 23:18:39 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: 心よりお悔やみ申し上げます

らんまるさんいつもありがとうございます。
一応、お褒めの言葉。。。。。。。でいいですよね?(笑)
あまりいい趣味ではないですよね・・・・・どう見ても命がけだし、
そろそろ山岳保険にでも入ろうかと思案中です。
お互い健康第一で。。。。
  1. 2013/11/26(火) 03:17:06 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/199-6dfa769d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。