長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

飯島町  トヤゴ城

遺構は良く残るのに何故か歴史は伝わらない。。。。。良くあるよね。

所在地・・・・飯島町大字飯島鳥居原                                    訪城時間・・・・10分

危険度・・・★★☆☆☆

訪城日・・・・2010年11月23日・2012年11月30日


*城跡の南側は絶壁の為、遺構の調査には注意が必要です。


toyagosiro0861.jpg
この図面に沿って紹介します。

トヤゴ城は天竜川へ与田切川が合流する左岸の断崖上に構築されており、与田切川に面しては数十mの段崖で天竜川のあ

る東面も急な崖になり岬状に突き出た段丘の先端部に存在する要害堅固な城である。

与田切川の対岸1.5㎞の地点に飯島本城があり、城主城歴などは不明ながら片桐氏の一族である飯島氏に関係するものと

考えられる。


toyagozyou8 (15)

城跡へは近年開通した伊南バイパスからの側道から与田切川崖沿いの畦道を辿ると城跡へ着くが、かなり分かりずらい。

toyagozyou1 (6)

toyagozyou1 (2)
堀①を見る。

畦道を歩いていると突然現れる堀で、上幅2m程度・深さ1mに満たない小規模なもので山城探訪の縄張図を見て期待して

いたのでガッカリする。

でも。。。。。まあ行ってみるか。。。。。


toyagozyou1 (4)
堀①と堀②の間の郭

この城跡の不思議な所は、堀①・②とあるがこの堀に繋がっていたであろう北側の堀が見当たらないのである。

想像すればこの畦道が僅かに窪んでいるのでこれが掘かな。。。。。。とも考えるが、そうなると城内の郭の幅が2mほど

しかないのである。


toyagozyou2 (4)
堀②(入ることは不可能な程の籔である。)

与田切川側の崖が崩れて城域が狭くなったとも考えられるが。。。。。。往古はどの程度の広さがあったのであろうか。

今では想像するしかないのであるが、これがまた想像すら許さないほどの籔・籔・籔でほぼ城内を見ることは不可能な

状態である。


toyagozyou2 (2)
堀②と堀①の間の郭

ここも藪が酷く内部がどのようになっているのか分からない。さらに畦道すらも藪が覆い始めており本郭への道筋をなお

困難なものにしている。

この城の役目を推測した資料によると、武田氏支配時代に天竜川の水運が重視されるようになりこのトヤゴ城も川沿いの

立地に注目されこの水運を監視する役目を担っていたのではなかと問題提起している。


toyagozyou3 (5)
堀③

堀③は他の堀とは大きく違い上幅30m・深さも北側は十数mはある巨大なものである。


toyagozyou3 (4)

東側の天竜川へ向かう堀は竪掘として落とされているが、かなり巨大なものである。

この堀に関しては、水路が城内に引水さていて水の手としてありこの水の流れを利用して堀が掘られたと考えられている

のでこの部分から流された水が天竜川に落とされて巨大になったのではないだろうか。


toyagozyou3 (8)

西側に繋がる堀は相変わらず籔が酷くすべてを見ることは出来ないが、確認出来た部分だけ書くと、堀②と堀①の間に

郭がありその郭からは土橋によって郭①(本郭)へと繋がっていることが見えたが、写真はとても撮れる状態ではなかった。


toyagozyou5 (5)
本郭の虎口

堀①を土橋で渡ると土塁で防御された虎口へ至る。


toyagozyou5 (6)

toyagozyou5.jpg

虎口は約1.5mほどの高さの土塁で守られているが土塁は北側に回って行くと徐々に低くなり西北隅部から約3mほどの場所

で土塁は無くなってしまう。

この土塁は急に無くなるのではなく、徐々に低くなっていくことから耕作などで削られたわけではなく元からこのような

構築のし方であったものと考えられる。

これは堀①の北側は深さ・幅共に数十mの規模があるから必要性を感じなかったのであろう。


toyagozyou5 (2)

本郭は100×35mで紡錘形をしていて削平は丁寧にされている、かつては先端部から本郷と飯島を結ぶ古道が天竜川畔に繋

がっていたというが、現状は籔が酷くそこまで確認することは出来ないし、獣臭が強く残っていたのでサッサと退散した

のであった。


toyagosiro90.jpg
堀①の場所から見下ろした与田切川

絶壁でこちらからの攻城は不可能であることが実感できる。


toyagozyou8 (14)
天竜川の対岸、県道18号線からみたトヤゴ城

toyagozyou8 (11)
与田切川の対岸より見たトヤゴ城

トヤゴ城はいかがだったでしょうか。

初期には飯島氏により構築されていた城を、天竜川の水運に目を付けた武田氏が天竜川畔へ繋がる本郭部分のみ改修を

加えたものと想像する。

堀①・土橋・虎口などが武田氏によるものと思われるがこのまま忘れられて籔に埋もれていく運命のトヤゴ城。。。。。

これが土の城に課せられて運命なのであろうか。。。。。結構好きな城跡なんだけど籔が不気味なんだよな~ (-_-;)


~ ついでに。。。。 ~

toyagozyou8 (6)
城跡へ繋がる畦道から見た2010年11月の建築中の伊南バイパス

toyagozyou8 (13)
2012年11月に城内堀①から見た完成し開通が近い伊南バイパス
結構城跡を回っていると、このような新しい道路の建築を見るが何十年後の補修費用まで考えに入れて造っているのか

疑問に感じることがあるがどうであろう。。。。これから人や車は減っていくのに・・・・・

そんな金があるなら少しでも城跡の草刈りに回してくれても。。。。。いいじゃん!



~参考文献~

山城探訪  上伊那資料編         (宮坂 武男)



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト
  1. 2013/12/21(土) 15:02:25|
  2. 飯島町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<伊那市  義信の城① | ホーム | 駒ケ根市  白山城>>

コメント

渋いですなあー

相変わらず正体不明の平地の居館探訪に心血を注いでいるとは感服致します(笑)
たまには南信の険しき山城でもご紹介くだされ。

宮坂氏の縄張り図のトリック(主に堀切)で最近苦情まがいの愚痴をよく聞きます。
500年たっても変わらない山城なのに、10年で堀切が埋まる訳ありません。それにしても神にしか見えない堀切があるのでしょうネ(爆)
  1. 2013/12/24(火) 21:46:22 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: 渋いですなあー

らんまるさんへ
並みいる猛者が山城の記事を書きまくっている中、ひよっこの自分が
山城を書くなんて。。。。。。(笑)
というよりは、平城以外に好きなんですよね~。
消えそうな遺構・伝承を探し求めて彷徨い、見つけ出した時の喜びは最高です。
山城は。。。。。書かせていただきます。
  1. 2013/12/26(木) 23:46:04 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

今日のFC2ブログランキング見て訪問しました。
”お隣さんなのでご挨拶よろしくお願いします”

違うジャンルのブログ拝見するきっかけにしてます、
五月くらいから続けているのですが、楽しみの一つ
になりました。

お久しぶりですね、こうした遺構を見ると昔の人は
途方もない体力をしていたんだなと思います、鎧甲冑を着て戦うんですから、籠城側より攻城側のほうが山登りもあるので余計に体力も損耗するだろうし
ほんと考えたら凄い人達です。
  1. 2013/12/28(土) 15:03:35 |
  2. URL |
  3. 友遊クラブ #-
  4. [ 編集 ]

Re: こんにちは

友遊クラブ様へ
コメントいただいたのに返信遅くなり申し訳ありませんでした。
帰省していたもので。。。。。。
違うジャンルを見るのも確かに新しい発見があり楽しいですよね。
こちらからも拝見させていただきますので、これからもよろしく
お願いします。
  1. 2014/01/07(火) 23:42:01 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/204-5ca27983
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。