長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伊那市  義信の城①

伊那谷最西端の堅城

今回もやってしまった。。。。。。(-_-;)

去年の11月にこの義信の城を目指し尾根を登った所、間違えて義信の城のある尾根の東側の山(鳩吹城)へ登ってしまい

地獄を見た。

そのリベンジの為に訪れたのだが、なのを間違ったのか今回も義信の城のある尾根の西側尾根を登ってしまい地獄を見た。

今回はそんなおバカさんな訪城記である。


yosinobunosiro23 (20)
今回の訪城路                     国土地理院2万5千分の1地図使用

義信の城への目印は、「山城探訪」に記載の『内ノ萱集落の大山神社のところから登った・・・・』という記載から、

地理院の地図にある神社マークを頼りに神社を探し。。。。


yosinobunosiro23 (7)

着いたのがこの神社。。。。。あとで気付いたのだが「天伯社」でしたね(笑)

思いこみは怖いもので。。。。。。自信満々にこの神社の後ろにある尾根を登り始める。(*^^)v


yosinobunosiro23.jpg

この尾根が城跡へ続くものと思い込んでいるので、どんどん登る。。。。。

1時間ほど登るが全然着かず。。。。挙句の果てに尾根の幅が1mを切る細尾根になってしまい両側も絶壁(汗)

さすがに。。。。。。間違えに気付くが。。。。。。。この尾根を戻るのも怖いし。。。。。

とトレーニングと称して連れて来た会社の同僚と話し合う!!!


yosinobunosiro23 (19)

城跡があるであろう尾根が遥かかなた深~い沢を挟んで見える。。。。。。どうする。。。。。。。

決断の時が迫る。

沢をトラバースしよう!。。。。。。命がけである。((+_+))


yosinobunosiro23 (8)
岩がむき出しの急斜面をトラバースする同僚

沢は「湯の沢」といい枯沢で水は無かったが、岩がむき出しな上に急斜面にガレ場と足場が悪く転びながら沢を渡る。

yosinobunosiro23 (2)

最後の難関は。。。。。斜度45°を越える絶壁をよじ登ることであった。

ここまで既に1時間を費やし体力も限界に近いづいているが、命が掛っているので必死である。

足をかける場所はないので、木や笹を頼りに登ること30分。。。。。。。やっとのことで尾根に出ることに成功!!

そこで見たものは。。。。。。。


yosinobunosiro23 (18)


笹に埋もれた郭③でしたとさ。。。。。思い込みって怖いね。


所在地・・・・伊那市荒井内ノ萱     

訪城時間・・・・今回は約2時間(通常は1時間あれば着くと思われる)


危険度・・・・(今回)★★★★★・・・・(通常)★★★★☆

*急斜面や崖に囲まれた尾根なので登り方を間違えると万事休すとなる可能性あるので注意が必要。



~ 訪城路 ~

yosinobunosiro23 (10)

伊那市街地から小黒川沿いの県道をキャンプ場を目指して進むと、内ノ萱集落内に写真のような脇に入る道がある。

もちろん普通車は無理。


yosinobunosiro23 (6)

道はダートとなり杉林を進むと分かれ道に当たる。

分かれ道を右に進むと墓地がある。


yosinobunosiro23 (3)

この墓地の東側奥の尾根を1時間ほど登ると城跡へ着くが、この尾根はかなり奥まっており間違えに注意。

yosinobunosiro23 (13)

尾根は猛烈な急斜面で道は無いので、地形図や方位磁石・縄張り図などは必須!

ただ城跡には樹名が書かれていたであろうプレートが見られ、以前は公園化されていたのか登山道が整備されていたのか

現状では伺いしれないが、確かにこの場所に来る人がいた時代があったのであろう。



次回は。。。。。謎多き城跡を見て行きましょう。。。。。お楽しみに。
スポンサーサイト
  1. 2014/01/08(水) 21:07:09|
  2. 伊那市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<伊那市  義信の城② | ホーム | 飯島町  トヤゴ城>>

コメント

遭難ごっこは危険?

相変わらずの無茶ぶりですなあー(笑)
単独だったら遭難騒ぎでしょうねえ・・・(汗)

険しき山の中にある「軍事構築物」の見学に執念を燃やす我らは間違いなく「異端児」なのでしょうか(爆)
  1. 2014/01/11(土) 21:28:34 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: 遭難ごっこは危険?

らんまるさんコメントありがとうございます。
ど~みても異端児でしょうね。
傍目から見ればこんな危険なことをして何が楽しいのか?と
思っているのでしょうね。
げんに親によく言われますし(笑)
世の中は等価交換の原理ですので人が行けないような山奥の
素晴らしい遺構が見たければそれなりの危険な目に会う。
そんなところでしょうか。
お互いに頑張りましょうね。
  1. 2014/01/12(日) 21:17:35 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/205-cfc4c425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。