長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伊那市  保谷沢の城

堀切を多用した殿島城南端境目の城

所在地・・・・伊那市東春近田原                           訪城時間・・・・5分

危険度・・・・★☆☆☆☆                                訪城目印・・・・春近発電所

訪城日・・・・2010年3月21日



城跡の立地としては、天竜川の第一河岸段丘面で南は保谷沢川の深い沢となっおりこの保谷沢川によって出来た山尾根上

にある。西側急斜面下には田原部落があり集落との比高さは約65m(標高664m)ある。

城の歴史は何も伝わっていないが、西側下にある田原部落は殿島の分村であったことから考えると、殿島氏が南方に備え

て(南側は宮田村となり天竜川対岸には上の城・下の城・中越館などを持っていた中越氏がいた)造った支城であった

と考えられている。また、南方の猿岩上に物見ヤ城や牛ヶ城などの物見の砦が続いていることから弘治2年(1556)に

殿島氏が武田氏に背いて処刑され没落した後に武田氏により狼煙台に使用された可能性が考えられる。


hoyasawa21.jpg
この図面に沿って紹介していきます。

hoyasawa16 (3)

城跡へは、民家脇の鉄塔の保守道を登って行くがこの道が城跡のある尾根の先端部へ繋がっていることから、この保守道

がかつての大手道であったものと考えられている。


hayasawa1 (2)

大手道を登り切ると鉄塔の建つ小さな郭に出る、この保谷沢の城には3つの鉄塔が建ちこれらを建設する為の道ともども

大きく城跡を破壊している。(鉄塔は昭和2年(1927)に春近発電所の建設に伴って建てられたようである)


hayasawa1 (3)

郭⑤は小規模ながら馬出郭として構築されたもので大手からの最初の防御施設となる。

城内側へ約1.5mの土塁が構築されていて堀①と一緒に防御を固めている。


hoyasawa2 (3)

堀①は馬出(郭⑤)と郭④を区切る堀切で、上幅約13m・堀底から郭④まで約6mの高さで尾根の両側に竪掘を落として

防御を固めている。

また、馬出郭と郭④とは約4mほどの比高さがあり馬出からは郭内が見えない構造になっている。


hoyasawa3.jpg

郭④は、現状墓地や植林地・鉄塔建設道に利用されておりかなりの改変が見られる。

郭の大きさは49m×18mで城内では1・2番目に大きな郭となり堀①側に高さ1mの土塁を設けている。


hoyasawa3 (2)

郭④の北側にはかつて大きな堀切の堀②があったようであるが、鉄塔建設時に埋められてしまったようで尾根上では郭④

と郭③は尾根続きのようになっている。


hoyasawa4 (3)

しかし、尾根の側面にはかつての堀切の痕跡が残されており、痕跡の上幅でも約16mあり残っていれば城内で一番大きな

堀切であったことが窺える。また、この堀切が城内で一番大きいという事はこの堀以北が城内で重要な部分になっている

ことを感じさせるのである。


hoyasawa6 (4)

堀②と堀③の間の郭③は、鉄塔建設の為の道により大幅に削られてしまい見るべきものは残されていない。

この堀③は、本郭と郭③を区切る堀切で上幅約8m・深さは本郭側で約4mあり、尾根の両側に竪掘を落としている。

掘切に伴う切岸は緩やかで防御が脆弱である。


hoyasawa7 (5)
本郭内部を見る。

本郭は32m×32mほどの広さで周囲に約1m程の土塁が取り巻き、西側と南側に虎口が

開く、現状は竹藪となっているがかつて郭内からは石臼やカワラケが出土しているという。

内部には鉄塔が建っている為に大きく改変されており、虎口の土塁も大きく破壊されている。


hoyasawa7 (12)

鉄塔建設により大きく破壊された虎口。

西側に開かれた虎口は、堀③を橋?で渡っていたようで郭③へ道が繋がっている。


hoyasawa7 (11)

本郭の西側下には、大きな平場(帯郭)がありここにも鉄塔が建つが平場内部を道が通っている為にどのような形状で

あったのかは伺い知れない。また、この部分の本郭切岸も緩くあまり防御性を感じさせない。


hoyasawa7 (8)
本郭から見た北側の農地

この農地にはかつて堀が2本掘られていたらしく、この地の持ち主によると土地の借地人が耕地利用の為に埋め立ててし

まったとのことである。また、段丘縁に沿って現在車道が登って来ているが、昭和30年代には牛馬がやっと通れる道が

登っていたとのことであり、この道が本郭西側虎口へ通じることから保谷沢の城の搦め手道であった可能性が考えられ、

その道を防御する為の堀であったのであろう。


hoyasawa9 (2)
保谷沢側の急斜面に残る埋められてしまった堀の痕跡(堀⑤)を見る。

hoyasawa8.jpg
本郭の東側に残る堀④

堀④は上幅12m・深さ本郭側で8mあり切岸もしっかり構築されている。

搦め手を守る重要な堀で埋められてしまった堀と堀⑤とで合流し、本郭を取り巻いていたようである。


hoyasawa8 (2)
堀④を農地側から見る

写真にあるビニールハウスあたりに埋められてしまった堀が存在していたらしい。

hoyasawa16.jpg

埋められてしまった堀跡と本郭の切岸を見る。(写真奥の緑のネットの所が堀⑤)

hoyasawa16 (4)
保谷沢の城の遠景

殿島氏の境目の城である保谷沢の城はいかがだったでしょうか。

境目の城というと、小規模で単なる物見台のようなイメージがあるがこの城は堀切や土塁を多用した単なる砦とは考え

られない造りでした。この城の重要性がうかがえますね。

上伊那教育会の調査では、保谷沢の城は16世紀後半の縄張りを持ち、郭内から石臼やカワラケが出土していることから

単なる烽火台のような城郭ではなく、常駐性の高い城郭で本郭を含んだ北側農地を『小屋原』と呼んでいることから

このあたりに居館のようなものがあったのではないかと指摘しています。

比高も無く楽に見れる城跡ですので是非皆様も訪れてみてはいかがでしょうか。



~ 参考文献 ~

山城探訪 上伊那資料編      (宮坂 武男)

上伊那教育会研究紀要31集考古   
伊那市東春近における中世城館跡群の研究(4)『殿島城の南に位置する保谷沢の城の縄張り調査』
(上伊那教育会  平成21年)



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト
  1. 2014/02/21(金) 03:38:35|
  2. 伊那市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<伊那市  犬房丸墓所 | ホーム | 松本市  中二子館>>

コメント

伊那の豪族に光りを!

「定本伊那谷の城」を教則本として下伊那にチャレンジしていますが、土地勘が無いのでチンプンカンプンです(笑)
とりあえず城跡周辺の景色は所構わず撮影しているので、対岸の城跡が思いがけず写っているので重宝しています・・(爆)

殿島さんの館城は凄いですね。伊那谷にもW型の二重(三重?)堀があったとは驚きです。
それにしても伊那谷の豪族の皆さんは慢心し過ぎだと思います。信玄や家康に刃向うのは結構ですが滅亡しちゃうのは如何なものかと・・(汗)
温暖な気候も関係ありそうですね・・(笑)
  1. 2014/02/23(日) 20:39:12 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: 伊那の豪族に光りを!

らんまるさんコメントありがとうございます。
伊那は小規模土豪がたくさんおりそれぞれが、独立した領主であったので
独立心も旺盛だったのでしょう。
殿島氏なども武田氏の配下になるのを良しとしなかったのでしょうね。
しかし、どう見ても保谷沢の城や殿島城は土豪が維持できる規模ではなく
殿島氏没落後の武田氏による改修でしょうね。
  1. 2014/02/26(水) 23:11:45 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/208-5fca2747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。