長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伊那市   伝殿島大和守宝筐印塔

殿島氏の本拠である殿島城を紹介するまえに。。。。

                 ~ 殿島氏の発祥と歴史 ~

伊那の小豪族は、多くが武田氏や織田氏などに滅ぼされた事により詳細が分からない事が多い。

殿島氏もその一つであり、詳細は良く分からないが『信濃史源考』によると、

天文3年粟田口民部重吉16代の孫、伊那部大和守重度が西伊那に住しその後、伊那部但馬守重成という者がありその長男

を新左衛門重親・二男を大和守重度と云い二男大和守が殿島の地に住み殿島氏の祖となったと伝える。

天文10年(1541)甲州韮崎合戦(武田晴信による父信虎追放劇に乗じて諏訪氏や小笠原氏が、甲州に攻め込み韮崎で戦い

となった合戦)と天文14年(1545年)福与城後詰の合戦(諏訪氏を滅ぼした武田氏と高遠氏が対立し、高遠氏に協力した

藤沢氏の居城福与城を武田氏が攻め、それを助けるために上伊那の諸氏が後詰をした戦い)においても殿島氏は、

松尾小笠原信定に従軍し戦っている。


tonosimayamato (2)
旧長谷村にある八人塚

その後、高遠氏の高遠城は落城し更に福与城も落城したことにより、上伊那の諸氏は武田氏の軍門に降る事となったが、

弘治2年(1556)、武田信玄と上杉謙信が川中島で対陣中に上伊那の諸氏は武田氏についている事を良しとせず、武田氏

の一族となっていた木曽氏を攻撃した。

この攻撃はうまくいかなかったが、これを聞いた信玄は激怒し急きょ伊那へ戻り木曽氏を攻めた八人の豪族を捕らえた。


tonosimayamato.jpg
殿島大和守重国の名が刻まれる八人塚の碑

捕らえられた八人は、伊那市にある狐島において処刑され晒首にされてしまった。

この八人の中に殿島大和守重国の名がある。

黒河内(旧長谷村)の住人はこの八人を哀れに思い、暗夜に乗じてひそかに狐島に赴き八人の首を持ち帰り黒河内の艮城

の東へ丁重に葬ったとされる。

その後、八人の領地は弟や叔父などに半分か三分の一を与え家名を継がせたようだがその後の詳しい事は伝わっていない。


現在の殿島城跡の北側、現護国寺所有地に伝殿島大和守の墓と伝えられる宝筐印塔が存在する。

tonosimayamato (6)
山林にたたずむ伝殿島氏の墓

tonosimayamato (3)
伝殿島大和守宝筐印塔

伊那市教育委員会発行の殿島城跡の発掘調査報告書には、この宝筐印塔の事にも触れており、報告書によると

隅飾突起の角度からみて、室町前期に位置づけられ時期的にみて殿島大和守の墓とはならない。

殿島城の北側、護国寺所有の山林に建立されているがその状態から見て、他の地から移転されてきたのであろう。


tonosimayamato (4)
角度を変えて見てみる。

いづれにしろこのような塔は、武士階級の人でなければ建立できないので、かたく考えてみて殿島氏に関連した武士の塔

に間違いないと思われる。と推測している。


tonosimayamato (5)
さらに別角度から見る。

小豪族の意地をもって武田氏と戦った殿島氏、早く降って生き延びたもの意地を張って滅びたもの。。。。。。

伊那には色々な豪族が沢山いますがこのような小豪族といえど一族の繁栄を願って必死に戦っていたことを伝えるために

忘れさられた武将の墓地ともども歴史を伝えて行きたいと思います。

次回は。。。。やっと殿島氏の本城である殿島城をお送りしますのでお付き合いくださいね。



~参考文献~

信濃史源考 5巻                  (小山 愛司   昭和51年)

殿島城跡・宮場間様十三塚遺跡発掘調査報告書     (伊那市教育委員会  1987年)
スポンサーサイト
  1. 2014/03/11(火) 03:49:10|
  2. 武将の墓地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<伊那市  殿島城 | ホーム | 伊那市  犬房丸墓所>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/210-b812cd23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。