長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伊那市  一夜の城①

長野県に伝わる織田氏唯一の陣城

所在地・・・伊那市富県                              訪城時間・・・・0分

危険度・・・★☆☆☆☆                             読み方・・・・いちやのじょう

訪城日・・・2009年4月22日・2010年7月30日・10月2日・2012年3月10日



一夜の城といえばご存じの方も多いと思いますが、近年、保存か道路の拡張かで論争になった城跡ですが、この頃は

まったく話を聞かなくなりましたが。。。。。どうなったんでしょうかね~(?_?)

城好きの私としては保存が望ましいのですが、その地に住む方々にはそんなものより生活が第一というのも否定が出来な

い事実でもあり中々悩ましい問題ですが。。。。今回はそんな邪魔者扱いされてしまった一夜の城を2回に分けて特集し

ちゃいましょう。


第1回目は・・・・・残された遺構を見る一夜の城

第2回目は・・・・・発掘された一夜の城    をお送りしていきます。


ichiyanozyou7.jpg
この図面に沿って紹介していきます。

初めに、『一夜の城』と呼ばれるようになった伝説とは。。。。

天正10年(1582)、一族や家臣の裏切りにより弱体化したと判断した織田信長は、今が好機到来とばかり武田氏征伐を

開始し信長の長男である織田信忠が総勢5万という大軍が伊那を北上してきた。

飯田城や大島城を落としてきた信忠は、武田勝頼の弟である仁科盛信が籠る高遠城を攻略する為に一夜にして陣を張った

ことから『一夜の城』と呼ばれる事となった。


ichiyanozyoi1 (14)
土塁上に建てられた標柱

文献上にはどのように書かれているのかいえば。。。

『信長公記』には、「信忠は、3月1日飯島から軍勢を動かし、天竜川を越えて貝沼原へに軍を展開させた。

自ら、お供を十人ほど伴い仁科五郎盛信が立て籠もる高遠城から川を隔てた山に登って、敵城の様子を見聞した。

そしてその日は、貝沼原に陣取った。」とあり、一夜の城ではなく「貝沼原の陣」と呼ばれていたことが分かる


ichiyanozyoi1 (9)
虎口を見る。

一夜の城は、四方を土塁が構築されていて、東側土塁の中央部には唯一の開口部が見られる。

現在は郭内部の出口に使用されているが、唯一の開口部であることからここが虎口であろうとみられている。


ichiyanozyoi1 (8)
東側土塁と虎口を見る。

今回の論争の争点となった部分で、土塁外側にある道路を広げるか否か。。。。。。難しい問題ですね。


ichiyanozyoi1 (7)

北東隅部に唯一良く残されている土塁で、他の土塁に比べ幅・高さが高いことから櫓台ではないかと考えられる。

ichiyanozyoi1 (6)
北東隅部の土塁と削平されて低くなってしまった北側土塁を見る。

北側の土塁は耕作により削られてしまい、高さが50cm程度となってしまっていて土塁のようには見えない。

また、北側下には細長く畑が作られており堀を彷彿とさせる。


ichiyanozyoi1 (11)
南東隅から郭内部を見る。

明治34年に刊行された「南信伊那資料」には、「一夜の城と称するは、天正10年織田信忠、高遠城攻撃の際、一夜に堡塁

を築きて陣せしと云う」と呼び名が出てくる。


ichiyanozyoi1 (15)
西側から土塁を見る。

この陣城の一番の注目は、この城に堀が存在したのかどうなのか。。。。ということである。

高遠城は1日にして落城した為に、この陣城も土塁を盛っただけの簡単なものしか構築しなかった。

と考えられてきた。また、地籍図・小字名等の調査においても土塁の痕跡は書かれているものの、堀の存在を示すものは

なかった。もう一つの考えとして、信忠は在地土豪の屋敷地を接収し陣城としたというものであった。

この地域には堀を持たない小在地土豪の屋敷が散見されることから考えられたものである。

今回行われた発掘調査の焦点は「堀は存在するのか」である。


ichiyanozyoi1 (18)
良く残る南側土塁

南側土塁は、東側の土塁の次に良く残っている土塁で高さは約1.5~2mあるが、郭内部側は耕作により削られてしまっている。

ichiyanozyoi1 (17)
陣城の北側にある五輪塔

この一夜の城の北側には、五輪塔や古い仏石・卵塔がみられ、これが在地土豪の屋敷地を改修して使用されたとする説の

根拠の一つとなっている。


ichiyanozyoi1 (13)
東側土塁と改修の争点となっている道路

この城は在地土豪の屋敷地であったのか新たに構築されたものなのか。。。。。この土塁はどうなってしまうのか。

次回は。。。。。。一夜の城、発掘で分かった事  をお送りしていきますのでお楽しみに。



~ 参考文献 ~

山城探訪 上伊那資料集        (宮坂 武男)

一夜の城発掘調査現地説明会資料    (伊那市教育委員会  平成24年3月)
スポンサーサイト
  1. 2014/03/30(日) 03:38:18|
  2. 伊那市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<伊那市  一夜の城② | ホーム | 伊那市  殿島城>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/212-82b74d23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。