長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伊那市  一夜の城②

織田氏の陣城は新規築造?それとも再利用?

ichiyanozyou7 (2)
伊那市教育委員会「一夜の城現地説明会資料」を参考に作図

一夜の城といえば、堀の無い土塁のみの陣城。。。。と考えられてきた。

また、今回の発掘調査も「堀が存在したのか?」が注目されていた。ではその答えを紹介していきましょうね。


~ トレンチ6 ~

ichiyahakkutu90.jpg
トレンチ6発掘地点全景

ichiyahakkutu90 (3)
発掘の結果、東側の土塁の城内側は耕作により大きく削られており元の状態は分からなかったが、写真に見えるように

段差が見えるのでもしかしたら、この段差までが土塁の底部であった可能性が考えられるが削られてしまった現状では、

調べることも難しいのであろう。


~ トレンチ5 ~

ichiyahakkutu4 (2)
トレンチ5は、地盤が緩く危険があった為に現地説明会以前に埋められてしまっていたが、写真のポールが立つ部分で、

堀の立ち上がりが確認された。

これにより陣城には堀が存在していたことが確認されたのであった。


~ トレンチ2 ~
ichiyahakkutu3 (4)
城内西側土塁上から、切岸下のトレンチ2を見る。

ichiyahakkutu3 (5)
真上から見ると堀の立ち上がりが検出された。

ichiyahakkutu3 (2)
城内側の堀の立ち上がりを近くで見る。

ichiyahakkutu3 (8)
西側堀の城外側の立ち上がりを見る。

トレンチ2は、堀の中央部の発掘はされていないが、城内側・城外側の堀の立ち上がりを検出されているので、

陣城には西側と南側に堀が巡っていた事が分かった。


ichiyahakkutu3 (6)
西側の城外のトレンチにおいては、何の遺構も検出されていなく、雑兵達がどこかに野営をしていたはずであるが、

陣城の近くの寝起きは許されていなかったのであろうか。


メイントレンチ4

ichiyahakkutu8 (13)
トレンチ4の全景

トレンチ4は、陣城の土塁・堀の全貌を解明するために今回唯一土塁の断ち割り調査を行った場所で、期待通りの成果を

上げている。


ichiyanozyou7 (3)

ichiyahakkutu8 (9)
土塁の断面を見る。

土塁の断ち割り調査では、土塁の造る際の基礎となる整地層が見つかり土塁の造り方としては版築土塁であったことが

確認された。

土塁には、堀を掘った際に積み上げた赤土と城外から運んできたと見られる黒土が交互に突き固めて構築されていたこと

が分かった。また、以前は土塁が1mほど高かったという証言があり陣城内側は耕作によりかく乱を受けていることも

確認されている。


ichiyahakkutu8 (4)
堀全景を見る。

発掘された堀の規模として深さ2m・幅6mのU字形であった、また、堀の底部にはV字形の深さ30cmの窪みが見られた。

ichiyahakkutu8 (5)

堀の底部に見られる窪みを改修以前の堀の痕跡であったとすると、切岸の角度などから幅3.3~5mのほりであったと推定

出来るようである。


この調査結果から、織田信忠が陣城として改修する以前には土豪の居館があり土塁・堀が存在した。

織田氏の進出により接収されたのか既に廃館となっていたのかは不明であるが、織田氏が陣城として堀の拡張・土塁の

高さを高める改修を行ったと考えられる。

この改修は勿論鉄砲を意識した為の堀の拡張であったと思われる。


*堀は水の溜まった跡や流れた痕跡は確認されなかった事により空堀であったと確認された。

ichiyahakkutu8 (12)
トレンチ4の全景

ichiyahakkutu22.jpg
陣城跡から出土した出土物

陣城からは、天目茶碗・古瀬戸四耳壷・内耳土器の破片が出土し未確定ではあるが、形状から15~16世紀に作られたもの

である可能性が考えられている。





皆様は今回の発掘調査についてどう感じたでしょうか。

一夜の城の謎については一歩近づいた感はあるが、道路拡張による遺跡破壊の問題が解決していないので、これからも

一夜の城については目が離せないですね。



~ 参考文献 ~

一夜の城発掘調査現地説明会資料         (伊那市教育員会  平成24年3月)
スポンサーサイト
  1. 2014/04/04(金) 17:04:45|
  2. 伊那市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<4月9日と10日の訪城結果 | ホーム | 伊那市  一夜の城①>>

コメント

ていぴす様

私も5年程前に長野日報(だったと思います)の記事を読んで、遺構がなくなる前にと思い見学してきました。

発掘で土豪の居館があった事が分かったのは収穫ですね~
この後、やはり道路拡張で削られてしまうんでしょうか・・・遺跡は一度壊してしまうと二度と戻らないので・・・でも仕方が無いかぁ~とも思っています(涙)
発掘現場を紹介して頂き、ありがとうございました。

話は変わりますが、私も少し前にぶろぐを始めました(2度目になります(大汗))
一度お越し頂ければと思い、ご連絡致しました。

失礼致します。


  1. 2014/04/11(金) 22:32:07 |
  2. URL |
  3. 三日月堀 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

丸馬出様御来訪ありがとうございます。
ここ最近全国でも城の破壊を伴う発掘調査が多いですが、本当にどうしてもここを破壊しなければいけなかった
のか疑問な時がありますが、一回破壊してしまえばもう見る事が出来なくなってしまうのだからもう少し慎重に
出来ないものかと思いますね。
一夜の城も出来れば保存に向かって欲しいものです。
ブログの件、是非拝見させていただきます。
これからもどうぞよろしくお願いします。
  1. 2014/04/12(土) 20:48:12 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/213-62e57578
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。