長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

筑北村  不寝見屋敷(大持)

村の権力者は烽火台の元締めか

所在地・・・・筑北村西条伊切                          訪城時間・・・・40分(伊切分校跡より)

危険度・・・・★★☆☆☆                  

訪城日・・・・2012年4月1日

*大持地籍は、現在も個人の持ち分で管理地となっています。許可なく立ち入ると不法侵入となります。


nezumi.jpg
不寝見屋敷と周辺の城砦              国土地理院2万5千分の1地図使用

立地からすると青柳氏の物見場で、高登屋物見やたかうちば物見と同様、西方の仁科領(日岐氏)を見張ったものと

思われる。

『本城村の文化財』の「不寝見屋敷」の項に、ここの地名(屋号)で「大持」というのがあり、これは広い土地と牛などたくさ

ん持っている事を指し、ここの見張り人は相当の武士であったことを裏付けている。とある。

伝承では高登屋の番兵が居たともいわれていて、西裏の高登屋集落は兵の休む場所であったといわれている。

しかし、「明科村誌」では、高登屋物見の番兵は南下のまたぎ沢と呼ばれる場所に居たのではないかとしている。


nezumi (2)
この図面に沿って紹介していきます。

daimochi (10)
郭②と奥に郭①を見る。

郭②は67×22mで砦内で最大の面積を持ち、ここが砦主の屋敷地であったものと思われる。

現在は写真の方(後ろ姿)が、隠れ家としてたまあに通ってきているとのことであったが、昭和30年代の地図を見ると

この地には2軒の家屋があった事が確認できる。

daimochi.jpg
郭①を見る。

郭①は郭②より約7m 程高くなっており、砦があった時は物見台の役割をしていたものと思われる。

daimochi (2)
倒れてしまった標柱

ここにも倒れてしまっていたが本城村時代の標柱がありました。  すばらしい!

daimochi (3)
物見台であったであろう高台の上を見る。

高台上は、祠が祀られており北側には削り残しの土塁のような高まりが見られる。

現在では松などが茂ってしまっているが、往時は本城である青柳城などが良く見通せたであろう。

daimochi (4)
物見台(郭①)より郭②を見下ろす。

daimochi (5)
郭①に付属する帯郭を見る。

daimochi (9)
郭①・②を遠望する。

郭①・②の南側は登路などがあり険しさは感じないが、郭の北側は傾斜が緩い事もあり切岸が設けられて防備を固めて

いることが窺える。

daimochi (7)

また防備を固めると共にこの緩い傾斜を利用して、畑を営んでいたようで耕作跡が見られる。

写真は耕作地跡と湧水溜まりを見下ろす。

daimochi (12)

この地には深さ約4mの掘りぬき井戸も存在しており、山奥ながら家畜を飼う事や耕作作業・生活には全く困る事が無かっ

たであろう地の利を得ている場所である。

この地を昭和30年代の屋号で見てみると「大持」「本家」「大持の下」がある。

これらの屋号・最も良い立地に住んでいることからこの地に住んでいた人たちがこの周辺の物見を統括する権力をもった

土豪であったことが想像出来る。

また地図では「花岡氏」が多く見られこの方達の屋号には「分財」「庄屋」「大上」「矢塚」などが見られ、この周辺の権力

者をうかがわせる屋号であり、この花岡氏がこの周辺の物見を統括する役目を持った土豪ではなかったかと想像する。

daimochi (17)

今回紹介した不寝見屋敷「大持」のすぐ上の尾根には、「大持の峠」という峠道が通っており「池桜」や「一石」などの

集落や物見の番をしていたと伝わる人たちがいたという地に繋がっていて、この峠を通して重要事項の伝達や命令が

各集落や物見砦に伝えられていたのであろう。

daimochi (18)
峠に残されている石仏

この峠道を使用して潮沢谷沿いの集落と現筑北村の集落を結んでいた重要路であったようで、現在廃村となった集落名

のついた「矢下峯道」や今は一軒のみになってしまった「池桜峯道」などが見られる。

daimochi (16)
誰も通らなくなってしまった峠を見守る石仏

不寝屋敷はいかがだったでしょうか?

ほとんど人が訪れることが無くなった山奥にも、このような峠や物見の砦が数多く残されていることを存在すら忘れられて

しまう前に伝えて行く事が大事なのではないでしょうか。

これからも潮沢沿いに日岐氏・青柳氏・会田氏により数多く構築された有名でもなく、遺構すらあいまいな。。。。。。

しかし、その時代には無くてはならなかったであろう忘れられた存在の砦達を紹介していきたいと思いますので

どうぞお付き合いください。


~ 参考文献 ~

山城探訪           (宮坂 武男)

伊切ふるさと会資料    (桐沢 寛江)

スポンサーサイト
  1. 2014/05/18(日) 14:52:04|
  2. 筑北村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<安曇野市  降幡備前守政重墓所 | ホーム | 筑北村  不寝見屋敷①(鼠屋敷)>>

コメント

地味だからこそ価値がある

野球でいえば3A以下の球団、しいて言えば草野球チームクラスの紹介とは流石でございます。
とはいえ、ちゃんと削平して砦として機能していて守備兵も置かれた訳ですから、ここにも戦国時代があったんですネ。

こんなところ見学させてくれ、なんて輩は百年に一度いるかいないかでしょう・・地主さんも呆れてものも言えなかったとか?(笑)

これからの記事も引き続き期待しております。
  1. 2014/05/21(水) 17:06:17 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: 地味だからこそ価値がある

らんまるさんコメントありがとうございます。
メジャーリーグ級の城跡は、皆様にお任せしまして、
地元ならではの草野球クラスの砦とも分からないような
ものをお届けするのもまた義務かと思っております。
草野球もやって見ると面白いものですよ。
  1. 2014/05/24(土) 13:30:28 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/219-6941aa06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。