長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安曇野市  降幡備前守政重墓所

名も無き地方豪族の墓

所在地・・・・安曇野市明科東川手名九鬼

降幡氏については、明確な資料が無いのでこの降幡氏にルーツをもつ「天龍名倉堂整骨院」の院長さんのホームページを

参考に紹介させていただきます。

~ 降幡氏の起源 ~

平安時代の末期、一ノ谷の戦いで源義経に敗れた平清盛の五男、平重衡(しげひら)は鎌倉に連行され処刑されたが

それを知った重衡の息子の重度(しげのり)は、信濃に勢力をもっていた仁科氏を頼って落ち延び現在の安曇野市明科 

東川手名九鬼に隠れ住んで名を降旗氏に改めた。


furihatabizenn (11)
現在の名九鬼集落(現在は3戸のみの居住)

鎌倉時代末期になると鎌倉幕府は滅亡し、南北朝の動乱へ突入すると名九鬼に隠棲していた降旗政忠(まさただ)は

平家再興の志を持ち都へ登り、京都で20年学んだ政忠は都では平兵衛佐政忠を名乗って活動し後醍醐天皇の第8子

「宗良親王」の筆頭従者となった。


furihatabizenn (7)
参拝者も途絶え荒れ果てた名九鬼の村社「藤城社」を見る。(城がつく所が気になるが・・・・)


宗良親王は中部地方統治のため柴宮(岡谷市長地柴宮)へ下り、その後、南下して大鹿村の香坂高宗を頼って大河原城

へ入り以来30年間この地を拠点として活動した。

宗良親王の従者であった降旗政忠も共に大河原の地にいたものと思われる。

しかし、宗良親王の崩御などで南朝の終焉を迎えると、平家再興の志を叶えられなかった政忠は柴宮(岡谷市)の地へ

戻り宗良親王から宛がわれていた地を元に岡谷降旗氏の祖となった。


furihatabizenn (10)
村社「藤城社」の境内にあった祠と仁王像(神社の幟立て台などをみるとかつての繁栄を感じるが今は・・・・・・)

戦国時代になると信濃は武田氏により浸食され、当時仁科氏に属していた降旗重正(しげまさ)も武田氏と戦うか、

配下となるか判断を迫られることとなった。

しかし地方の小土豪でしかなかった重正は、降旗から降幡へ改名し息子の政重(まさしげ)を人質として武田方へ

差し出し軍門に下り配下となった。


furihatabizenn (2)
名九鬼の降幡一族の墓所

武田氏に人質として出された政重は元服の後、川中島の戦いなどで度々武功を挙げ「備前守」に任じられた。

その後のことはよく分かっていないようである。


furihatabizenn1.jpg
降幡備前守政重の墓中央)

furihatabizenn1 (2)
墓の内部には「降幡備前守平正重」と刻まれており「蓮■院殿貴山道世大居士」の戒名も刻まれている。

「信府統記」の日岐大城の項に、

「(前略)日岐ノ城没落シテ丸山丹波ハ更科郡八幡ニ落行テ居リシカ後寺閒ト云所ニ立歸リテ卒セリ又日岐ノ城ヲハ

甲州ヨリ降幡備前ニ賜リシトナリ此時分青柳ハ武田へ属シ仁熊小岩嶽ハ信玄ノ爲ニ攻落サル」とあり、

また、他の項では、

「(前略)、降幡備前ト云フ者ニ賜フ此者ノ落着分明ナラス」ともあり武田氏支配下では正重は、日岐大城の城番を任され

ていたようであるが、武田氏が滅亡し小笠原氏が支配するようになると信府統記にもあるように「落着分明ナラス」

つまり記録に残らない=帰農したのではないだろうか。

現在の名九鬼に残される膨大な降幡氏一族の墓石を見ればこの地での繁栄が感じられる。


furihatabizenn1 (4)
降幡備前守の墓石と後方に名九鬼の集落を望む


~  おまけ ~

今回紹介した名九鬼の集落と潮沢を挟んだ位置に池桜集落という場所があるが、ここに珍しい道祖神が祀られている。

その名も接吻道祖神と呼ばれているれっきとした安曇野市の有形文化財なのであるが。。。。。。。

furihatabizenn (16)

結構有名らしいが、所々看板はあるものの心細い道を車で走り、更に熊出没注意の看板が掲げられている道を10分ほど

歩くと到着する。。。。。。。これがまた不気味だ。


furihatabizenn (13)

明科町時代は整備がされていたようであるが、安曇野市となった現在では錆びてしまった看板や荒れた道などを見ても

大切にはされていないようだったな~。

合併すると文化財にお金を掛けなくなる市町村って多いけど。。。。。。。なんででしょ。


furihatabizenn (15)

まあそんなこと関係なく道祖神は山の中でチュッチュちちくり合っていました。

嫁に飽きてしまった方達も一緒に行って拝んでみたら。。。。。。。。意外に燃えちゃうかも!



墓石も道祖神も立派な文化財です。

是非、行ってみられてはいかがでしょうか。新しい発見があるかもしれませんよ!



~ 参考文献 ~

天龍名倉堂整骨院ホームページ

信府統記               (国書刊行会  平成8年)
スポンサーサイト
  1. 2014/05/28(水) 03:29:04|
  2. 武将の墓地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<安曇野市  高登屋物見 | ホーム | 筑北村  不寝見屋敷(大持)>>

コメント

墓荒らしですか?

お墓の墓標を覗いてみるとは凄い・・(汗)
小生は気が小さいので、そんな事したらすぐに祟りに見舞われますよ(笑)
いずれこの集落も廃村になるのでしょうか。墓守もいなくなるんですね、残念です。

それにしても下ネタで弾けちゃいましたか・・(笑)
そういう道祖神があるとは聞いていましたが、合体しているのは初めて見ました。目の毒ですねえ・・(爆)
  1. 2014/06/02(月) 21:16:22 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: 墓荒らしですか?

らんまるさんお疲れ様です。
戦国期を生きた地侍たちの墓標もまた過疎化のために忘れ去られていく
運命なのでしょうね~。
この城跡と同じ運命を辿る墓標も探し出し伝えて行くのも大切だと考えています。
しかし。。。中々城跡と違い戒名のみとなると。。。。分かりません!
地域住民が居るうちに。。。。。。。。。探すべし。
ちなみに墓標は自分としては石造文化財として見ていますので、恐怖心はあまり感じませんね。
好奇心の方が強いようです。(笑)
  1. 2014/06/05(木) 21:41:48 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/220-789b76db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。