長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松川村      布上城①

何のための築城か。。。。嶮峻な山頂に残された謎の城郭

所在地・・・・・松川村川西                           訪城時間・・・・・約2時間

危険度・・・・★★★★★(MAX)  

訪城目印・・・・伊の神霊園上の山頂

訪城日・・・・・2014年3月27日


本当に嶮峻な山頂にあり、登城路も長い為に体力に自信が無い方は控えるべき!また怪我をした場合下山するのがかなり

困難になると思われるので単独訪城も避けるべき。また、熊も出没するので熊除けの装備と地形図・方位磁石は必須。



      ~  今回は城跡までのルートが長く分かりずらいので訪城経路からの紹介です ~

nunogamizyouzumenn (3)
布上城への訪城経路                            国土地理院2万5千分の1地図使用

nunogamisiro1 (13)
布上城遠望(尖がっている山頂部)

松川村の真西、雨引山(1371m)から南に延びる長い尾根の肩のような部分が、異様に高くなってあたかも拳のように見

える所がある。その直下には伊の神霊園があり、霊園からは、頭上に被いかぶさるような、岩あらしの別名をもつ嶮峻な

ピークを仰ぐことが出来る。ここが布上城である。

この城跡は北方からの尾根と、南方の青崎の尾根とが馬蹄形に山ふところを作って合流する標高993mの地点にあり、

ここだけが急峻な台状になっている。


nunogamisiro1 (12)
城跡がある山麓へとつながる林道入り口のゲート

ゲートはシカやイノシシ・熊などからの農作物被害防止の為のゲートなので開けたら閉めましょう。

nunogamizyou847.jpg
ゲートから200mほど歩くと分岐に行きあたる。正面に熊出没注意の看板を見てビビりながら城跡のある山を目指し

分岐を左に曲がる。(林道は四駆なら走れるが、普通車は無理)


nunogamisiro1_20140930193957fa3.jpg
ダートの林道を30分ほどテクテク歩くが。。。。。。。これがかなり長い!

(途中に色々な作業道の分岐があるが、本道をとにかく歩くこと)

nunogamizyouzumenn (2)
城跡のある山の山麓に近づくと山麓に沿って沢が現れる。また近くに砂防堰堤が見える(この砂防堰堤が目印)

nunogamisiro1 (2)
山麓を流れる沢を渡りとにかく直登する。(道は無いので登る場所は緩い所を探して取り付く)

nunogamisiro1 (3)
傾斜がかなりキツイがとにかく尾根まで登る。

nunogamisiro1 (4)
山城へは尾根上の平坦地と急傾斜を3回ほど繰り返して行き着くが、尾根上には写真のような岩がむき出しの部分が

多くより一層の険しさを感じさせる。

このような部分も城跡へ続く尾根の防御としても取り入れられていたのだろう。


nunogamisiro1 (5)
ここは2回目のピーク手前の写真でここからは一層険しくなるが。。。。

nunogamisiro1 (7)
険しく登るのが困難な場所には過去に林業用の作業道として整備したであろう、朽ち始めた階段が造られている。

nunogamisiro1 (8)
ここに至るまでにも明確な踏み跡が尾根上には残されているので、まれに作業で登る人が居るようであり、この踏み跡を

たどれば迷うことはない。


nunogamizyouzumenn.jpg

急傾斜の尾根を3回必死に登ると、北尾根遺構部分に辿り着く。

ここまでの時間1時間30分程度歩いてきたが、眺望が開けたのはたったの1回だけ。。。。。。(汗)

眺望も無く。。。。ただ本当に。。。。。。。。。必死に登るだけ。。。。。。。。。。。疲れます。


nunogamisiro1 (9)
唯一見えた眺望。。。。。。。。。。。城が現役で木々が無かった時には大町・安曇野・松本が一望のもとに見れたであろう。

それだけでもこの城の存在する意味がわかる気もするが。。。。。。。今はほぼ見れません。


            ~  北尾根遺構 ~

nunogamizyouzumenn (4)
布上城全体遺構図

nunogamizyou93 (2)
北尾根遺構最初の堀切

城跡の主要部がある嶮峻な山頂から発生する北尾根の最初の弛みに北尾根遺構が存在する。

北尾根遺構には2本の堀切と主要部へ続く急傾斜部分にある段郭からなっている。

写真は北尾根遺構最初の堀切であるが、小規模で明確に掘り切っていないが、遮断線程度にはなるであろう。


nunogamizyou93 (10)
北尾根遺構2本目の堀切を見る。

この堀切も小規模であるが、1本目とは違い明確に尾根を掘り切っているのが分かる。


nunogamizyou93 (8)
尾根上は平坦になっており、ここも削平し郭として使用していたことが分かる。

長野県埋蔵文化財センターの研究紀要では、この布上城は2期にわたって改修されながら使用されたのではないか。

と推測している。(この内容は2回目以降に紹介します。)

この北尾根遺構は、主要部の遺構に比べ、堀切が小規模で小さな郭を斜面に構築されていることから、この北尾根遺構

は1期目の古い時期の遺構で、2期目には改修されずにそのまま放置されたのではないだろうか。


nunogamizyou93 (4)
北尾根から主要部遺構へは、比高約40mを一気に急斜面を登るが、その斜面には小規模な削平地が構築されている。

nunogamizyou93 (7)
急斜面に段々に構築されている削平地

主要部への斜面を登りづらくする防御施設であろう。

nunogamizyou93 (5)
中には削平地が大きく明確な物もみられる。

nunogamizyou93 (3)

すでに力尽きる寸前。。。。。。。で最後の急傾斜を見た時にはもう無理。。。。。。。と思ったその時!

なんとまた助け船の階段が現れ何とか城跡に着くことが出来ました。。。。。。。有難かった。


っとまあ。。。。前章として訪城路と北尾根遺構をあまり書くことが無かったのでサラサラっと流してきましたが、

次回はちゃんと力を入れて主要部遺構を紹介していきますので、どうぞお付き合いください。

それにしてもほんと~~~に辛いですよ!ここまで。
行かれる方は、気を付けてくださいね。
スポンサーサイト
  1. 2014/09/30(火) 19:13:17|
  2. 松川村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<松川村   布上城② | ホーム | 松本市  平瀬本城>>

コメント

楽しみです!

岩あらし・・・!

行ってみたいと思いつつ、手強そうで逡巡しているうちに、ヒザが痛くなってしまい、ハードな藪山歩きはもうむりかなぁ、と思う今日このごろ・・・
続編を楽しみにしております。

それにしても、不思議なところの多い城ですね。
物資の補給やら人員移動やら、どう考えていたのでしょう?
やはり、ていぴすさんの登ったルートでしょうか。

霊園ができる前は、このあたりに根小屋があったかと思うのですが、何か出なかったかなあ・・・
ガサ的には、霊園から南尾根に取りつくルートも考えていましたが・・・かなり厳しそうですね。
  1. 2014/10/03(金) 10:35:21 |
  2. URL |
  3. かから #-
  4. [ 編集 ]

Re: 楽しみです!

コメントありがとうございます。
岩あらし。。。名は体を表すという言葉どおりの険しい山でした。
この城が大和田氏のものだとすると、居館は観勝院城の尾根の先端下にあったと考えられていることから、こちらの方面である、城の北側の尾根(墓地の北側尾根)からとりついたように思われます。
自分が登った時にも、墓地脇から山仕事用の道が登ってきていました。
これがかつての大手道だったものだと思われます。
昔の方は足腰が丈夫だったのでこの程度の山では大したこのは無かったのでしょう。
この道を食糧などを背負って登ったもんでしょうね。。。。。。感心します。
  1. 2014/10/04(土) 17:01:09 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/228-19e8c88d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。