長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一ノ瀬冶部大夫の墓

一ノ瀬冶部大夫って誰???

今回はまったく人知れず草むらに埋まってしまっている、小規模な領地を必死で守った武将の墓を紹介します。

ichinosezibudyuu (7)
墓地入り口に建つ標柱(筑北村)

道路から離れた民家の脇にひっそりと建っている為、ほぼ気付く人はいないであろう。

一ノ瀬冶部大夫については、あまり詳しい資料は見当たらないが図書館で探してみると。。。。。。

『東筑摩郡松本市・塩尻市誌 別編人名』に記載があったのでこれを引用させてもらうと、

『東条城城主。東条次郎行義の後胤であると伝えられている。青柳氏の一統であった。

天正12年4月小笠原貞慶が、旧領であった青柳の地を回復しようと兵を進め立峠を越えて、一ノ瀬冶部大夫の居城である

東条城を攻落した。


ichinosezibudyuu (5)
民家脇の踏み跡を登って行くと、藪の中に墓地が見えてくる

彼は城を逃れて青柳城へ入り、城主青柳頼長と協力して貞慶の軍に当たった。

貞慶は兵を分けて青柳城を一方で押さえて他は麻績城を攻めたが、上杉氏の臣島津左京亮の援軍が来て麻績城東の

戦いに小笠原軍大敗して退くのを青柳城兵もまたこれを挟撃したので、小笠原軍の武将岩岡泥兵衛を始め二木重次、

多田淡路などの死傷者が多く、貞慶は兵を治めてようやく深志城に帰ることができた。


ichinosezibudyuu.jpg

一ノ瀬冶部大夫の墓を見る。(中央)

この戦いに一ノ瀬冶部大夫を始め森惣左衛門・石崎九郎左衛門・石崎八郎右衛門・倉下善左衛門・宮沢庄衛門・

瀬原田佐門等の七勇士が勇戦した。

これを青柳七騎と呼んでいる。


冶部大夫の娘白梅姫は青柳頼長の室となり、白梅山花顔寺の開基であると言われている。』

ichinosezibudyuu (2)
墓石アップ(後世に子孫が建立したもので、戦国期のものとは違うように感じる)

ichinosezibudyuu (6)
墓所から一ノ瀬冶部大夫が治めた筑北村を遠望する。

地域に埋もれた武将の墓を探し出すのはかなり大変です!!!

しかし、埋もれた歴史を探しだすのもとても大切であると思いますので、これからもがんばって探し出すぞ!

このお城の場所は。。。。。。スミマセン。。。。。忘れちゃいました(汗)



~参考文献~

東筑摩郡松本市・塩尻市誌  別編人名         (桐原 義司   昭和57年)


本城村の史跡と歴史を語る文化財            (本城村教育委員会)
スポンサーサイト
  1. 2014/10/28(火) 03:58:26|
  2. 武将の墓地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<千曲市   證城 | ホーム | 松川村  布上城③>>

コメント

懐かしき東条城

へえ~、そんな方の墓所があるんですね。花顔寺の近くでしょうか?
青柳城の出城の西条城、東条城・・懐かしいですねえ。筑北村全城制覇の野望は最期の難関を残して未だ達成出来ず無念でございます(笑)

村の方ですら忘れそうなお墓、大事に後世に伝えたいものです。
  1. 2014/10/31(金) 07:17:33 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: 懐かしき東条城

らんまるさん
先日はお世話になりました。
東条城はそれなりに知られていますが、城主とされる
一ノ瀬冶部大夫についてはほぼ知られていません。
墓所となると一級武将くらいしか興味を持たれていないので
二級・三級レベルの土豪の忘れ去られ草むらに埋もれた墓を
探し出し皆様に知っていただくよう頑張っていきたいと思います。
  1. 2014/11/04(火) 21:59:00 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

先週末は有り難うございました。

でいびす様
 先週末は有り難うございました。
 また、御礼が遅くなり申し訳ありません。
 帰ってからあの付近の歴史を調べ始めたら止まらなくなってしまいました。
 それと小坂城の浅い堀切群ってある意味貴重ですね。あの地方でも浅い堀切群で守っていた時期があるということですものね。逆に言うとそこらじゅうにみられる深い堀切群は全て戦国後期ということになり、ここかしこで堀切を掘りまくっていたということですね。スサマジイ・・・
 いろいろな意味で帰ったから考えさせられるツアーでした。感謝、感謝です。
 でいびす様の城記事アップ、楽しみにしております。
  1. 2014/11/09(日) 08:42:02 |
  2. URL |
  3. 武蔵の五遁 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 先週末は有り難うございました。

五遁へ
こちらこそご一緒させていただきありがとうございました。
城に関する色々な話が聞け、大変勉強になり、また良い刺激となりました。
また信濃にお越しの際はご一緒させていただけたらうれしいです。
  1. 2014/11/11(火) 21:39:26 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

情報ありがとう

青柳頼長が誅殺された時に、信州より逃れてきた、青柳氏について調べておりました。そしてこちら様へたどり着いた次第であります。逃れた青柳氏は群馬県藤岡市に数件固まって住んでおられます。その方に伺ったところ高遠より輿入れされた奥方が、男子を逃がしてくれたとのこと。家の伝承なので白梅姫が正しいのかもしれませんね。貴重な情報ありがとうございました。
  1. 2015/11/28(土) 00:24:24 |
  2. URL |
  3. 箕輪棟治 #uzeDfvAM
  4. [ 編集 ]

Re: 情報ありがとう

箕輪棟治さまへ
ご訪問ありがとうございます。
こんなブログが参考になって光栄でございます。
青柳氏についてはまだ細かく書いてはいないので、あまり参考にはならなかった
かとは思いますが、これからも長野県の歴史について細かく調べていきたいと
思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。
  1. 2015/11/30(月) 21:12:01 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/231-3f8632f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。