長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安曇野市  押野城②

ここまで壊すとは。。。。。。。。。怒

押野城 第2弾は。。。。。。破壊された部分と破壊された遺構を見比べてみたいと思います。

 《押野城全景の変貌》 

osinozyou1 (6)

osinozyou1 (9)
2009年12月時点での押野城

この頃は松が鬱蒼と茂り城内が薄暗かった。

osinozyou1 (2)
2014年2月時点の押野城

この頃から破壊は始まっていた。。。。。。2014年時点での破壊は横掘

osinozyou2_201503050527127d0.jpg
2009年時点の横掘

土塁が付属していて良好に残っていたが。。。。。。

osinozyou11 (9)

osinozyou11 (6)
横掘破壊状況

2014年時点で横掘には重機が入り、堀底部や土塁を削ってしまっていた。。。。。。。

この時点で本当は教育委員会は気付いて指導していなければいけなかったのではないだろうか。


osinozyou234 (3)

osinozyou234 (4)
2016年2月17日時点での押野城全景

市道と堀切間の郭に作業道が新設されてしまっており、郭が破壊されています。

この時点で教育委員会へはメールを送って破壊されている事を伝えていましたが。。。。


osinozyou123 (3)
2016年2月23日。。。。。。。破壊されました。(怒)

謝罪会見では押野城の一部を破壊してしまった。。。。とあるが是を見て一部と思う方はどれほどいるだろうか?


osinozyou123 (4)

osinozyou123 (7)


これらの作業により破壊された遺構。。。。。。。。

akasina (6)
重機が入った場所を赤い線が表す。

osinozyou1 (3)
①堀切手前の郭

最初に作業道が開設された部分。

②本郭切岸


セミ 2014.8.18 287
③堀切

セミ 2014.8.18 269
④本郭の3分の1

osinozyou123 (14)
酷いものです。。。。。。

もちろん、その場にいた作業者の方に言いましたよ。『ここが城跡だって知っていてやっているんですか?』

『だって切った木を運び出すには道が必要だし。。。。』

osinozyou123 (13)
木が切られて良く見えるようになった段郭

『・・・・・・・・・・・ハァ』。。。。。。ため息をついて帰ってきました。

まあ、城跡に興味がなければしょうが無いかもしれないし、必要な事業である事も分かっています。

作業者は悪くありません。

事業自体が悪いとも思っていませんし、城跡を破壊しなければいけない事もあるかもしれません。

だからこそ教育委員会が存在し埋蔵文化財を管理・監視し必要な措置をとる仕事をしているのではないだろうか?


何のために存在しているのでしょうか?

もう一つの城跡『萩原城』をも破壊を許した教育委員会。。。。。。存在する価値があるのでしょうか。

レベルの低い長野県。。。。。。。同じことの繰り返しですね。


osinozyou123 (2)


これからどうしていくのか見ていきたいと思います。。。。。。。。。

毎日見上げる位置に住んでいますので。。。。。

次回は。。。。。。これまた破壊された萩原城をお送りしたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2015/03/05(木) 05:22:58|
  2. 安曇野市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<安曇野市  荻原城 | ホーム | 安曇野市  押野城>>

コメント

ひどいですね。
新聞では『遺構の一部を破壊…』と少しだけ壊した様な印象でしたが、
一部どころじゃないですね。
結局、謝ったからOK。でなぁなぁで
済ませるんでしょうか。
心が痛みます。

ていぴす様のブログに触発されて、
今度平瀬氏の松蔭寺跡を探しに行ってきます(*^^*)
  1. 2015/03/08(日) 20:40:40 |
  2. URL |
  3. 黒曜石 #-
  4. [ 編集 ]

衝撃的なニュースでした。
でも考えてみれば、「里山を歩けば山城に当たる」状態の当地では、いつどこで起きても不思議はない事態です。
それにつけても山城址はやはり、圧倒的にマイナーな存在なのだと、あらためて感じます。
多くは私有地でしょうし、松本城のように観光資源にはなりませんし、保全や調査のために公的な予算を使うこともなかなか難しいでしょう。

しかし、仕方なく壊されるにしても、できればもっと多くの人に、「かつてここに城があった」ということを知っておいてほしい、と思うのは、マイナーな山城ファンの感傷でしょうか・・・。
大多数の人は知らないから関心がないのだろうと思います。
ロマンだけではメシは食えない、と言われるかもしれないけれど、メシに直結しないロマンにも価値を見出すのが「文化」というものではないか、とも思うのですが。

この世知辛い時代・・・なかなか難しいですね。
  1. 2015/03/08(日) 22:28:13 |
  2. URL |
  3. かから #-
  4. [ 編集 ]

Re: 黒曜石様へ

コメントありがとうございます。
残念ですが安曇野市は史跡の保存・管理にはあまり積極的ではないようです。
今回の事でもっと良くなるといいのですが・・・・・
平瀬氏の居館も中々特定するのは難しいのですが、平瀬城と松蔭寺との位置関係が
謎を解く重要なヒントになると思うのですが。。。。。
  1. 2015/03/10(火) 23:08:45 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

Re: かから様へ

コメントりがとうございます。
役所は新しく造ったり、壊したりすることは好きだが、保存は好きではない。
どこかの役所の方が言われていました。
まさにそれが安曇野市なのでしょう。
城跡の場所は特定されているのに、城跡であることを示す標柱すら立って
いないんですよね。(塔原城・光城・上ノ山城・小倉城・岩原城くらいでしょうか)
生坂村を見習って欲しいものです。
  1. 2015/03/10(火) 23:13:16 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/237-7e3b9ad7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。