長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安曇野市   推定池ノ戸城

荻野城の出城伝承地

所在地・・・安曇野市明科七貴

訪城時間・・・・20分

危険度・・・★★☆☆☆(間伐作業中なので注意が必要)

訪城日・・・・15年3月1日


池ノ戸城と伝承されている場所は、本城である荻原城の北西、沢を挟んだ尾根の先端にあったとされる。

akasina (10)
本城の荻原城と池ノ戸城の位置関係                    国土地理院2万5千分の1地図使用

この池ノ戸城のことが出てくるのは、「明科町誌」と「明科町の遺跡」のみで、

町誌には「荻野城の項の地名及び周辺の遺跡」に『(前略)北西に沢をはさんで池ノ戸城と称する場所があり、池もある』

明科町の遺跡には「荻原城の項」に『(前略)北西には池ノ戸城と呼ばれる場所がある』との記載と地図にマークがされて

いるのみで、図面などは書かれていない。

また、宮坂氏の『信濃の山城と館』にも記載されておらず、未調査の伝承地となっている


ikenoto92 (1)
調査による推定遺構と『明科町の遺跡』マーキング位置

s-ikenoto1 (2)
遺跡地図でマーキングされている南ピークを北ピークから見る。

s-ikenoto1 (3)
南ピーク上(奥に本城の荻原城)

南ピークは本城の荻原城と沢を挟んで同じ高さで真横にあり意志の疎通はしやすいと思われるが、ここには遺構は見られない。

(間伐の作業道により大きく改変は受けているが。。)

何故か。。。それは荻原城が北側に砦を置く理由は、この池ノ戸城があるとされる尾根が邪魔をし北側(長野方面)の見通

が聞かないからである。そこでこの南ピークに砦を置いても北ピークが邪魔をしてしまうのである。(地形図参照)

南尾根に中継ポイントはあった可能性もあるが、北側を見通すには北ピークに砦を構築する必要があるのである。


ikenoto92 (2)
現地で確認した北ピークに見られる城郭状遺構図

ikenoto8 (4)
平場①を見る。

ikenoto11 (3)
平場②を見る。

この推定地で最も明確な平場で砦があったならばここしかないと思わせる遺構がある。


ikenoto11 (7)
平場②と推定物見台

推定物見台は北側と東側に平場②と③に守られているようにみられる。


s-ikenoto6 (1)
平場③から見た推定物見台。

s-ikenoto12 (2)
平場③

推定物見台を囲むように構築されている。

平場②とはわずかな段差がみられるが、平場②がきれいに削平されているのに対して、平場③はわずかに東側に

傾斜している。

街道に面していることから、ここが砦であったとすれば、尾根先から上ってくる敵に備える場所となっていたであろう。


s-ikenoto6 (4)
後方から見た推定物見台とそれに続く平場

現在は雑木が茂って視界は開けていないが、この雑木がなければ生坂方面が一望できる位置となり、そのピークの

真ん中に推定物見台が構築されている。


s-ikenoto134 (7)

s-ikenoto134 (2)
砦後方を守っていたと推定する堀切状遺構

上幅約4m・深さ約2mの堀切状遺構が推定砦位置の尾根続きに見られる。

これが堀切だと証明できるようなものであればいいのであるが。。。。。なんせ素人なもので。。。。。。


s-ikenoto4 (1)
明科町誌や明科の遺跡などに記載の山の上に池があるとされた場所。

池の周囲には祭神不明の祠と休憩用の東屋があり大きく改変を受けているが、町誌などがいう池とはこれであろうと思われる。


s-ikenoto4 (5)
山上に見られる池

水の手や砦後方を守る堀の役割をしたのであろうか。


s-ikenoto3 (12)

南ピークと北ピークの合流する場所(砦跡より約200mほど後方)には土橋状遺構も見られる。

この土橋状遺構を越えてさらに尾根をたどると広大な平坦地が現れる。

昔には耕作されたようであり、このような山奥にも。。。。


s-ikenoto3 (13)

s-ikenoto3 (18)

s-ikenoto3 (29)

住居跡が見られたり、田んぼの跡が見られるなど、現在では山奥と感じるところが昔には意外に山奥ではなく

生活範囲内の『ちょっと行ってくるわ!』程度の場所だったのでしょうね。

この奥の尾根を辿れば池田町に通じ、道もあったであろうし、案外このような場所に住んでいた方が砦を管理して

いたのかもしれませんね。

砦跡。。。。と断定できないので『推定』とさせていただきました。

興味ある方は是非訪れてみてください。



~ 参考文献 ~

明科町誌                  (明科町誌刊行会     昭和59年)

明科町の遺跡               (明科町教育委員会   v平成6年)
スポンサーサイト
  1. 2015/05/08(金) 18:44:30|
  2. 安曇野市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<安曇野市  荻原古屋敷 | ホーム | 安曇野市  荻原城>>

コメント

見張り砦

なるほど、ご推察の通りかもしれませんね。
簡単な掘立小屋があり粗末な櫓を組んでいたのでしょうか。
戦時中の食糧難でこの地域もかなり山奥まで耕作地化されたようです。

先日高松薬師城に行ってきましたが途中に何軒かの廃屋がありとても不気味でしたが、その方たちが去ってしまい近所の神社も荒れ放題だったのは残念でした。これからそういう場所がもっと増えていくのでしょうネ。
  1. 2015/05/15(金) 07:21:29 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

推定地

ていぴす様、こんばんは。
宮坂先生の書籍にも掲載されていない城砦の記事、大変ありがたく拝見しました。
わたしは長野の城は門外漢ですが、現代の我々が想像する以上に、近年の耕作化が山奥まで進んだ事実もあるようなので、遺構かどうかは仰るとおり慎重であるべきかも知れませんね。

信州の城郭の権威であるていぴす様、らんまる様とともに長野の城に行きたいなと切願しております(^^;
  1. 2015/05/15(金) 22:19:26 |
  2. URL |
  3. 城と古戦場管理人 #-
  4. [ 編集 ]

ていぴす様、こんにちは!
この間は拙ブログに訪れて頂き、
有り難うございますm(__)m

宮坂先生の本にも載っていない遺構も
あるんですね。
実際に訪れての調査と丹念な遺構の把握、
尊敬します。

ていぴす様のブログはいつも参考にさせて
頂いてます^^
近くに同じ趣味仲間が居ると思うと、
嬉しいものですね♪

これからも更新を楽しみにしています!
  1. 2015/05/16(土) 11:43:34 |
  2. URL |
  3. 黒曜石 #U6M1AWu2
  4. [ 編集 ]

Re: 見張り砦

らんまるさんご無沙汰しております。
池ノ戸城も山中に間伐用の作業道が開けられてしまい、詳細は分からなくなって
しまっていて確認が難しい部分がありますが、今回したあたりが砦跡かな~と
思っています。
小さい砦は伝承程度しか残っていないので探し出すにはかなり苦労しますね。
  1. 2015/05/16(土) 18:48:57 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

Re: 推定地

城と古戦場さまへ
コメントありがとうございます。
いつも貴サイト楽しみに拝見させていただいております。
結構地誌類を見ていると宮坂氏の本には記載のない城跡の説明があったり
伝承地が載っていたりします。
宮坂氏一人ですべてを探し出すのは不可能なことであり、宮坂氏の
素晴らしい功績に頼り切っているところも大きいのではないでしょうか。
城好き達がその功績を引き継いで新しい城郭を探し出していくのも楽しいかもしれませんね。
長野県にお越しの際は是非ご一緒させてください。
楽しみにしています。
  1. 2015/05/16(土) 19:12:54 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

黒曜石様へ
コメントありがとうございます。
近くに同じ趣味の方がおられるということが本当にうれしいです。
いつも記事を書こう書こうと思うのですが、めんどくさくなり。。。。。。。
中々更新進みませんがこれからもお付き合いください。
貴サイトの記事楽しみに読ませていただきます。
  1. 2015/05/16(土) 19:18:49 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/239-92b403b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。