長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松本市(旧四賀村) 雨戸屋城②

前回は、長々と周りの環境を書いてしまい、お城を期待していた方には怒られてしまいそうですが・・・・
今回は、さすがに雨戸屋城を紹介したいと思います。



iop.jpg

五本峠の所から尾根を歩いて行くと、この細尾根が続きます。

iop (2)

すると・・最初のピークですが樹木が無ければここが一番眺望が良いのですが・・遺構がありません。
見張り番程度は居たのでしょうか?


008.jpg

最初のピークからさらに細尾根を行くとこの二番目のピークに着きます。
一応、平らになっており中央に祠が倒れています。ま~ね、一人でいると不気味ですよ(*_*;


012.jpg

この二番目のピークは雨戸屋城側に緩やかに下っていきます。すると・・

025.jpg

小規模ながら、最初の堀切が現れます。(この写真は城内側からの撮影)

018.jpg

この堀切は、竪掘として北側に長めに落としています。


am.jpg

二本目の堀切を見ます。
二本目と三本目の間には堀残しの土塁があります。


080.jpg

三番目の堀切で、城内最大で写真右側は本郭の切岸となっています。

ak1.jpg

城内最大の堀切であり竪降の下ろし方も最長で両側に落としています。

076.jpg

本郭から見た三本目の堀切です。こういう角度の写真が好きです(*^_^*)

ak3.jpg

本郭ですが・・・まあ、いつもの藪ですね。
本郭は平らにはなっていますが土塁は見られません。高い山の上だからこの程度かな


ak2.jpg

いつもながら、旧四賀村は素晴らしいですね。
死亡していますが標柱がありました、これがないとさびしいですね。


ak6.jpg

本郭東側尾根続き(虚空蔵山側)の切岸を見ます。
これも切岸が緩いですね、手前に郭のような平場があります。


ak4.jpg

宮坂氏の「山城探訪」では堀切となっています。
びみょ~な窪みが見えるような・・見えないような・・・宮坂氏は良く気付きますね。素人にはわからん!


ak5.jpg

反対から見てみました・・・やっぱ・・平場にしか見えん!
この先には防御施設が見られないことから、この城は、五本峠側を意識して構築されていることがわかる。


ak7.jpg

登り口のマレットゴルフ場から雨戸屋城を見る。

144.jpg

ついでに、松本市四賀支所から見た山笹城と雨戸屋城の配置です。

次回は・・・鍋山城砦とその周辺の歴史を書きたいと思います。お楽しみに!


~参考文献~

四賀村誌 (四賀村誌編纂委員会  昭和53年)

山城探訪 (宮坂 武男)

信府統記 (国書刊行会  平成8年)
スポンサーサイト
  1. 2012/05/06(日) 18:43:16|
  2. 松本市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<松本市(旧四賀村) 鍋山城砦① | ホーム | 松本市(旧四賀村) 雨戸屋城①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/29-067b0367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。