長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松本市(旧四賀村) 虚空蔵山城砦群(中の陣城)

会田氏関連城跡


所在地・・・・松本市四賀中川・会田                        訪城時間・・・・5分

別 名・・・・中野陣ノ砦                               危険・・・・★★☆☆☆

訪城目印・・・・水の手経由



               ~中の陣城の歴史~

会田虚空蔵山城城砦群の中で実質的な本城とされ、「殿村遺跡発掘概報」では小笠原氏の山城の特徴を有しているとしている。
「東筑摩郡誌」には、本城の平東西十九間、南北二十三間あり、会田氏の要害にして、天文年間中野右衛門、拒守せしが覆盆子と同時に陥落せりといふ。と書かれている。 
資料に沿えば、小笠原氏が攻めてきた時には会田小次郎は一期の城・中の陣城には中野右衛門が守っていて、落城後に中の陣城周辺は小笠原氏の改修を受けて現在の姿になったものと解釈できる。


               ~中の陣城の現状~

nk1.jpg

中の陣城を本郭裏から見る。
城にきた~というこの景色・・・大好きです!


nk2.jpg

本郭裏には堀切があるとされるが、確認出来るのは脇の堀型のみです。

nk3.jpg

本郭土塁を横から見る。
土塁に施されていた石積みが崩れて散乱している。
土塁は他の会田氏の城に見られないので、土塁があるところが違う築城者によるものと解釈できると思われる。


nk4.jpg

土塁上から本郭全景を見下ろす。
二等辺三角形ってところですかな。


nk9.jpg

立派な城址碑と土塁を見る。
両脇には土塁は見られない。(東側下には、水の手・西側下には砦がある為と思われる。)


nk6.jpg

本郭北側には三段の段郭が続くが一段目の本郭側壁面には石積みが見られる。
(この城の象徴で他のサイトさんでも良く見られますね。)


nk5.jpg

別方向から見てみます。
(この石積みも小笠原氏のものでしょうね。会田氏の遺構はどこでしょう?)


nk7.jpg

その下の二段の郭には石積みは見られません

nk8.jpg

この角度・・・美しい~・・惚れ惚れ。 (●^o^●)

nk10.jpg

中の陣城の石積みは北側だけではありません!
水の手側(東側)にも意外に立派な石積みがあります。


nk12.jpg

斜面がきついけど、西側にもあるんですよ。

nk11.jpg

城跡からの景色は絶景ですよ。

nk13.jpg

中の陣城の西側斜面を下っていくと砦がまだ続いているんです。
わかりづらいですけど、写真には二段の段郭が写っています。


nk15.jpg

砦の切岸というか・・段・・みてるあるよ。 (*^_^*)


nk14.jpg

立派な郭ですな~。
明確な削平と切岸が美しい・・ここも小笠原氏かな?・・・会田氏には無理だよな。


nk16.jpg

この削平部分にもわずかだけど石積みが確認ができる。
行っていないがこの先にも砦が続いていて竪掘などがあるらしい。


PC135304.jpg

会田が一望です。(ガスってるけどきれいなんです。)

中の陣城を見てきましたが、城砦群の中で際立って技術を集結していることがうかがえ小笠原氏時代には中心的役割をになったのは理解できるが、会田氏時代にはどうであったのだろう。
そこのところもわかるようになりたいものだ。


そうそう・・・「東筑摩郡誌の別編人名」を見ていたら、会田小次郎はもちろんですが、「岩下 長高」なる人名がありました・・内容は、岩下新十郎長高と称し、岩下衆の一人として永禄十年八月、武田氏のために生島足島神社に起請文を奉った。岩下衆といわれた人々は信濃資料によると、岩下幸実・岩下新十郎長高・岩下幸広・塔原幸知・古幡幸俊・小口忠清・宮沢泰忠・大口右午介・小□□助となっている。とされ会田氏直属の衆が居たのであろうか?一応気になったので書いておきました。
なお、岩下衆の中に見える塔原幸知は塔の原城主の塔原氏からの分かれであると「明科町史」に書かれている。



~参考文献~

山城探訪      (宮坂 武男  平成10年)

殿村遺跡発掘概報  (松本市教育委員会  平成23年)

東筑摩郡誌     (信濃教育会   1919年)

信州の古城     (郷土出版社   2007年)

東筑摩郡松本市・塩尻市誌 別編人名 (代表者 桐原 義司  昭和57年)
スポンサーサイト
  1. 2012/05/20(日) 17:10:00|
  2. 松本市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<松本市(旧四賀村) 虚空蔵山城砦群(峯の城) | ホーム | 松本市(旧四賀村) 虚空蔵山城砦群(水の手)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/43-e48d8ce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。