長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松本市    今村館

所在地・・・・松本市笹賀            訪城時間・・・・0分
別 名・・・・なし               危険度・・・・★☆☆☆☆
訪城目印・・・諏訪神社・公民館 


                       ~今村館歴史~

 戦国時代末期に周囲45m×63mの堀と土塁を巡らした豪族の館があった。
この館の伝承では、武田信玄の一族上條備前守の三男上條佐渡守が天正2年(1574)今村に館を構え、この地に居たとされるが天正10年(1582)武田勝頼が織田信長に敗れ天目山で滅亡すると、この地に帰農したとされている。 この館跡は、旧JA農業倉庫があった地点より西南の方向とされ昭和10年代までは塀と土塁を巡らした跡がやや高く痕跡をとどめていたとされる。            


                  ~館跡の現状~

CIMG0661.jpg

館跡は現在、住宅地となり遺構は見られないがこの道路より右側が館跡といわれているようでこの道路は堀跡かもしれない

CIMG0674.jpg

館跡の南西隅に上條氏菩提寺跡といわれる墓地がある。

CIMG0443.jpg

この墓所の中には今も上條氏の墓があり墓はみな立派で古い墓石もみられる

CIMG0658.jpg

館跡より南側に上條氏一族の家がならんであり(館跡内部ではないが)各家にある蔵の家紋は武田一族だけに武田菱である

CIMG0654.jpg

現在、館跡を示す標柱は上條本家の蔵の裏にひっそりと建っているが、この場所は館跡ではない、この標柱は館跡の家々に立てる時に立てさせてもらうお願いをして回ったが、みんなに断られしかたなく本家が引き取ったとのことで家の裏に建っているらしい。


この館跡の記載は、自分が調べた文献の中で今村地区誌にしか記載されていないので、調べるのに苦労しました。
笹賀地区の館跡を調べる際は、笹賀公民館の方々を頼ることをお勧めします。
笹賀公民館館長様には大変お世話になりありがとうございました

     
~参考文献~

今村地区誌(今村地区誌編纂委員会 平成20年)

今村地区誌編纂委員小澤氏ご教授
スポンサーサイト
  1. 2012/04/15(日) 18:06:38|
  2. 松本市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<松本市    清水丸館 | ホーム | 松本市   御城山物見>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/5-b7e10065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。