長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生坂村  高見の居館

所在地・・・・生坂村東広津                    訪城時間・・・・車の置く場所によるが、公民館前なら5~10分

別 名・・・・                             危険度・・・・★☆☆☆☆

訪城目印・・・・大日向神社



                ~高見の居館の歴史~

大日向北平の大日向神社前150m×100mの段丘上の平地にあり、南側は、なろう沢で幅を狐幅という。
現在は開田され遺構は見られないが、なろう沢をはさんだ対岸に内城と相対している。
「信府統記」には「大日向古城地、亥ノ方一町十八間、本城ノ平東西七十五間、南北四十五間、城主小幡尾張守
トテ甲州へ属セリ、本国上州ヨリ此所城代ニ置カレケルニヤ永禄六年ニハ上州嶺ノ城へ□参ナリ」とある。
大日向氏が水内の方へ去ってから、武田氏時代に小幡氏が入ったものと思われる。


                 ~居館跡の現状~

P6037386.jpg

なろう沢と上段にある高見の居館をみる。
大日向氏の城跡はこのなろう沢を挟んで点在している。


P6037358.jpg

現在の高見の居館は開田に明確な遺構は見られないがなろう沢方面に段郭のような田んぼが見られる

P6037359.jpg

高見の居館といわれている田んぼの脇にあるこの道は堀跡のように見えるが確認は出来ない

P6037360.jpg

北側は台地続きになっているが、居館を区画する明確な遺構は見られないがこの道が区画する堀跡の可能性も。

P6037361.jpg

居館の中心部を見る。
写真の右側の人が居る部分は居館の西側にあたり、縁部に微妙な窪みが確認でき、堀跡の可能性が感じられる。
この田んぼの持ち主の方に聞いたが、居館のことは知っていたが反応が薄かったな~。 
あまり関心を持っていないようである。


P6037363.jpg

居館全景を見る。

P6037364.jpg

なろう沢方面の斜面にある腰郭状の田んぼ。
沢との比高が少ない為にこのような段郭を築いたのではないだろうか?
遺構であるというのが前提ですけど・・・(>_<)
沢側には竹藪が密集していて狐幅の地名が残り、この居館の存在意味をあらわしているのではないだろうか?


この居館は大日向氏ももちろん使用したであろうが、大日向氏から小幡氏(武田方)への移る中で居館の防御はどのように変わっていたのであろう・・気になるところであるが、開田工事の為に確認出来ないのが残念である。


~参考文献~

生坂村誌      (生坂村誌刊行会     平成9年)

信府統記      (国書刊行会       平成8年)

池田町誌      (池田町誌編纂委員会   平成4年)
スポンサーサイト
  1. 2012/06/02(土) 18:33:25|
  2. 生坂村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生坂村  城坂屋敷 | ホーム | 筑北村(旧本城村)  瓜生平>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/54-5a095f3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。