長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生坂村  城坂屋敷

所在地・・・・生坂村東広津                                   訪城時間・・・・0分

別 名・・・・なし                                          危険度・・・・★☆☆☆☆

訪城目印・・・・大日向神社



                 ~城坂屋敷の歴史~

大日向北平の犀川段丘上にあり東側は断崖となり、規模は100m×150mである。
周辺には矢竹が群生している。
犀川べりから登る坂を城坂といい、東側の犀川へ面した幅を狐幅と呼び、その下の平地をバンバという。
バンバは馬場で、犀川に沿って200m余りある。
詳しいことは不明であるが、大日向氏の家臣 落水氏が居たところという説がある。
この台地上には他にも城館があるので犀川から登るこの城坂を守る為に設けられた砦ではないだろうか?


                 ~屋敷跡の現状~

P6037343.jpg

犀川沿いにある大日向氏馬場跡の標柱を見る。

P6037345.jpg

馬場跡とされる平地は他より1mほど高くなっている。

P6037346.jpg

現状は畑と水田になっているものの長い平地が続く感じは確認出来る。
昔は大日向氏もここで馬を走らせていたのであろうか。


P6037348.jpg

城坂屋敷の標柱を見る。
周囲は現在、畑と水田、民家になっている。


P6037352.jpg

標柱と城坂を見る。
坂に沿って平地がありこの坂を守る為の砦であったことがわかり、矢竹が繁茂しているのが確認できる。


P6037355.jpg

城坂屋敷の削平地と奥の高まりに高見の居館が見える。

P6037356.jpg

城坂屋敷の中心部を見るが現在は遺構が確認出来ない。

落水氏の居館というよりも台地へ上がる為の坂を守る小規模な砦の跡ではないかと思われる。


12年6月3日再訪しました。

za21.jpg

za20.jpg

説明板が新しくなっていました。
さすが生坂村!最近何カ年計画で調べているらしいですよ。村民の方が言っていました。


za22.jpg

犀川沿いから上がる道『城坂』を撮り直してきました。

~参考文献~

生坂村誌    (生坂村誌刊行会    平成9年)

山城探訪    (宮坂 武男      平成10年)
スポンサーサイト
  1. 2012/06/02(土) 20:59:31|
  2. 生坂村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生坂村  大日向(方)氏について | ホーム | 生坂村  高見の居館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/55-362751e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。