長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生坂村  彦左衛門屋敷

所在地・・・・生坂村大日向北平                               訪城時間・・・・0分

別 名・・・・大日向彦左エ門屋敷                                         危険度・・・・★☆☆☆☆

訪城目印・・・・玉泉寺跡



               ~彦左衛門屋敷の歴史~

大日向北平の北部、犀川の段丘上にあり規模は50m×50mである。
『信府統記』に「大日向山古城 亥の方五町十三間、本城の平東西二十間、南北十二間、城主知レズ」とあるが所在不明である。
方向や距離的に見れば彦左衛門屋敷に当たる。
戦前に調査に来た栗岩英治氏によれば、
『大日向氏の家臣、遠根彦左衛門の居館で、玉泉寺は彦左衛門の氏寺である』と語ったという。
地形的にみれば居館としては好適地で、北方の宇留賀方面に対して構えたところであろう。
北西の山上には城平・ノゾキの地名がある。
なお、屋敷の西方を大門と呼び、その西に玉泉寺跡の墓地があって、室町時代の宝筐印塔の笠と五輪塔の笠が
あり五輪の地名がある。
あれ?玉泉寺は大日向氏の氏寺じゃなかったっけ?ど~なってるんでしょう。



                 ~屋敷跡の現状~

hikozaemonn2 (2)

玉泉寺跡から見た彦左衛門屋敷(青い屋根のところ)。

hikozaemonn2.jpg

彦左衛門屋敷を見る。
民家になっているので詳しくは撮れませんでしたが土塁は無いようです。


hikozaemonn6.jpg

この道路あたりが屋敷の区画でしょうかね。

hikozaemonn8.jpg

屋敷の裏側(北側)には唯一の確認出来る遺構として、自然の沢を利用した堀跡です。

hikozaemonn1.jpg

規模は大きいのですが・・藪が酷くって入れませんでした (>_<)

hikozaemonn5.jpg

屋敷跡の前面の畑にはなぜか・・中央に井戸が・・・?・・貞子?
ここも屋敷の施設でもあったのでしょうか?


大日向氏の関連史跡にも書いたように、この台地上には多くの宗教施設があり大日向氏・その家臣なのどの繁栄がうかがわれる。
この屋敷も大日向氏の一族もしくは家臣が守っていたと考えるのが順当であろう。



~参考文献~

生坂村誌   (生坂村誌刊行会  平成9年)

山城探訪   (宮坂 武男    平成10年)
スポンサーサイト
  1. 2012/06/04(月) 13:46:14|
  2. 生坂村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生坂村  城が原・こやしき | ホーム | 生坂村  南平の内城>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/58-bffa6482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。