長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生坂村  猿が城

所在地・・・・生坂村下生野池沢と安曇野市明科矢下沢の境

訪城時間・・・・高松薬師城から尾根伝いに30分

危険度・・・・★★★☆☆                                訪城目印・・・・岩洲公園内




                ~猿が城の歴史~

「生坂村誌」によると・・・

岩洲の中央で猿とび岩の上の平地にあり、東西南の三方は断崖でその上に自然の小規模な平地が

あるのみで、人工の跡は確認出来ない。

江戸時代の「潮沢村下生野村山論絵図」に載っていて、下方の長ノ尾の藤原氏が番をして

大名屋敷に住んでいたが、その後、元屋敷に移りさらに長ノ尾部落に下ったという。

猿が城の落城の際にお姫様は猿飛岩から飛び降りて自殺したといわれている。

周辺の地名では、猿が城・猿飛岩、北方100mの所に馬やくぼ(舟くぼ)と呼ばれる自然の窪地がある。

岩洲通りの古道は善光寺道ともいわれ、潮沢沿いの道が不通のときは、この道を通って本城・坂北方面へ

出て善光寺街道に合流していたとされる。

この猿が城は、高松薬師城の尾根続き北方600mの山頂にあり、高松薬師城の詰の城と見られている。



                 ~城跡の現状~

ikusakasarugasiro50.jpg

薬師城から尾根伝いに進みます。
尾根上には色々な奇石がありそれぞれにちゃんと説明板がついているので楽しく歩けます。
写真は「白州岩」


ikusakasarugasiro51.jpg

船こは」とあるが、生坂村誌にあった舟くぼのことであろうか?
堀のようにも見えるけど・・・・微妙だな。


ikusakasaru1.jpg

ikusakasaru2.jpg

?????生坂村誌では、ここからお姫様が飛び降りて自殺したことになってたけど・・・
武士になってるぞ?  まあ、誰かが飛び降りたってことだろう。ってことで納得しておきましょ。


ikusakasaru4.jpg

薬師城から歩いて行くと、猿が城に入るところにこの虎口状になっている所があります。

ikusakasaru5.jpg

城内側から見る。
これはどう見ても門跡でしょう!。
ここに木戸でも置けば厳重な防御施設となり尾根上の交通を制限することができ、これを目的としたのであろう。
 


ikusakasaru15.jpg

門跡から少し登ると・・・

ikusakasaru7.jpg


ikusakasarugasiro53.jpg

この本郭につき、写真のこの部分が説明にある小規模な平地であると思われる。

ikusakasaru6.jpg

ここにもいつもの生坂村様の説明板があります。感謝!

ikusakasaru10.jpg

本郭周辺はこのような斜面などで、平場は本郭以外見られず居住区は無いくらい狭く、
やはり、物見もしくは避難所的なところであったのであろう。


ikusakasarugasiro55.jpg

本郭からは筑北村の伊切にある不寝見屋敷・高戸屋物見・たかうちば物見のある山々が見える。(正面の峰) 

ikusakasaru8.jpg

猿が城の本郭から見る高松薬師城。

ikusakasaru12.jpg

ちょっと藪なんですけど・・・・本郭の北方100mくらいにある馬やくぼを見る。
尾根上の脇を少し下るとあり、地滑り跡を利用したものと思われる。
(ここで、大スズメ蜂に追いかけられ・・・・恐怖でした。 (>_<) )
 


ikusakasaru9.jpg

もう一度、本郭から筑北方面の眺めをどうぞ・・・絶景ですが、城を見る為に行くとなると・・・遺構は期待できないので・・ 
行く必要があるのかどうか・・・決めるのは、あなた次第です。


岩洲公園とは名ばかりで、自然の山登りと変わりありません。
行くならば、それなりの装備が必要であり、所々、登山道があやしくなる所があるので、注意が必要です。



~参考文献~

生坂村誌    (生坂村誌刊行会   平成9年)
 
スポンサーサイト
  1. 2012/06/22(金) 11:41:00|
  2. 生坂村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<生坂村  中海道居館 | ホーム | 生坂村  高松薬師城>>

コメント

ありがとうございました

宮坂先生も、猿とか鬼の名の付く城跡は二度と行きたくないと申しておりました。それを攻めてこそ、信州人の誉かと思います(笑)
意地を貫きとおしたものだけが許される絶景ですね。
小生などは真田にある猿ヶ城を攻めた折の恐怖は、今も夢に出て来てうなされています(汗)
無理は禁物でございます。
平地の城館を安直に探訪していると、「冒険者」である貴殿を羨ましく思うのですが、クーさんとの戦いに備える準備期間なのだと自分自身に云い聞かせております‥…(爆)
  1. 2012/06/28(木) 21:10:19 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: ありがとうございました

> 宮坂先生も、猿とか鬼の名の付く城跡は二度と行きたくないと申しておりました。それを攻めてこそ、信州人の誉かと思います(笑)
> 意地を貫きとおしたものだけが許される絶景ですね。
> 小生などは真田にある猿ヶ城を攻めた折の恐怖は、今も夢に出て来てうなされています(汗)
> 無理は禁物でございます。
> 平地の城館を安直に探訪していると、「冒険者」である貴殿を羨ましく思うのですが、クーさんとの戦いに備える準備期間なのだと自分自身に云い聞かせております‥…(爆)


らんまるさん、ありがとうございます。
冒険者はらんまるさんの方ですよ!
私は基本的には熊が怖いので、平地の城館がをメインで回っています・・・一人もやだし。
遺構が消滅してしまい、地名のみの館跡などを探し出した時の快感は・・・(*^^)v
しかも、平地の城館は壊されやすいので優先で回っています。
山城の記事楽しみにしていますので頑張ってください。
  1. 2012/06/29(金) 02:52:28 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/71-003310e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。