長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生坂村  殿村

所在地・・・・生坂村上生坂                                訪城時間・・・・0分

危険度・・・・★☆☆☆☆                                 訪城目印・・・・生坂中学校




                 ~殿村の歴史~

「生坂村誌」によると、

生坂中学校の南側の2ha以上の耕地および宅地であり、地名として残るだけで、開田の為館跡は消滅した。

南端の幅に城主の使用した御竹藪が、地域内には、元禄十一年の「書上帳」に載る毘沙門堂と地蔵堂がある。

毘沙門堂は降旗氏の後生堂といわれ、現在も丸山氏武田氏から日岐六郷を賜ったと伝える降旗氏の仲間が祀る。

西方には、ばんば・郷蔵跡・真言宗の照明寺。

北隣には川手の古道が通り、東の入り口に釜の口(構え口)、西北の出口には関屋の地名がある。

犀川の対岸東方には日岐殿屋敷がある。

丸山氏が大町方面から進出した最初の館であったろう。とある・・・・?

たしか・・生坂村誌の丸山殿屋敷の項では、丸山地籍は丸山氏発祥の地である。とあり、

「信濃古武士」にも仁科盛光が日岐六郷を賜り、丸山に居館して丸山氏を名乗った最初の地であるとしていて、

大きく食い違いがある。

殿村の地名から丸山氏の一族が居たことはうかがえるが丸山氏が最初に入った最初の居館であったというのは

疑わしいものである。

(これから丸山地籍の調査をする予定であるが、丸山の地を写真で見たことが無いのでどのような場所であるか

わからないけど、筑北村の仁熊方面から峠でつながっているらしいので重要な地であったことは分かっている。)

平地に在り眺望は期待できないので、この館の存在意義があるとしたら、犀川の抑え・監視くらいなものであろうか。



                 ~館跡の現状~

ikusakatonomura1.jpg

殿村の標柱と犀川縁にある居館跡を見る。
現状は、田んぼ・民家・保育園などになり遺構は見られない。
(奥に見える竹藪が御竹藪)


ikusakamuratonomura3.jpg

まあ、居館跡といわれている所・・。
周囲は保育園などなので・・・ここくらいしか写真が撮れなかった。
(どうみても不審者ですからね。)


ikuskatonomura9.jpg

殿村から見る小屋城。
この居館があった頃には小屋城は存在したのであろうか?
居館と小屋城の位置から根小屋と詰の城の関係があってもよさそうだか・・・。
 


ikuskatonomura12.jpg

居館に付属する御竹藪の標柱と後方に竹藪を見る。

ikusakatonomura2.jpg

ikusakatonomura5.jpg

現状はただの荒れた汚い竹藪になってしまっている。
歴史ある竹藪も人に忘れられればこの通り。もったいない。


たしか・・何かの資料に万平の居館を築く前の居館が殿村にあり攻められる危険度が上がった為に台地上の
万平に居館を移したという説を見たな・・・(?_?)

あなたどのように思いますか?

もっと勉強しなきゃな・・・。 
 




~参考文献~

生坂村誌  (生坂村誌刊行会    平成9年)

信濃古武士 (丸山 楽雲 著    平成21年)
スポンサーサイト
  1. 2012/06/24(日) 16:09:41|
  2. 生坂村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<生坂村  万平の館 | ホーム | 生坂村  中海道居館>>

コメント

すでに懐かしい場所?

ていぴすさん、こげな場所に殿村があったんですね。犀川が暴れたらその都度洪水の被害が想定されそうな場所です(笑)

なるほど、万平の館が最初にありきと思っていたので転居前の本館ですか。小生も勉強不足です。
小屋城は京ヶ倉・大城の縦走攻めの後の疲労困憊状態で堀切見ただけでロクに調べていないのでリベンジしたい場所です‥…(汗)

図書館で「松本市・東筑摩郡誌」を事前に見ましたが、生坂村の箇所では史跡について何も記載がありませんでした。酷過ぎる扱い・・・(涙)
  1. 2012/07/01(日) 19:40:44 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: すでに懐かしい場所?

> ていぴすさん、こげな場所に殿村があったんですね。犀川が暴れたらその都度洪水の被害が想定されそうな場所です(笑)
>
> なるほど、万平の館が最初にありきと思っていたので転居前の本館ですか。小生も勉強不足です。
> 小屋城は京ヶ倉・大城の縦走攻めの後の疲労困憊状態で堀切見ただけでロクに調べていないのでリベンジしたい場所です‥…(汗)
>
> 図書館で「松本市・東筑摩郡誌」を事前に見ましたが、生坂村の箇所では史跡について何も記載がありませんでした。酷過ぎる扱い・・・(涙)

らんまるさん、いつもコメントありがとうございます。
生坂村は意外に居館も多いのでブログの記事も細かくなってしまいますが、
忘れられた居館跡などを探すのも好きなのでやめられません。
読む方はつまらないかもしれませんが・・・。

すみません・・次の次に小屋城やるつもりです。
一応、見ていただけたら幸いです。
  1. 2012/07/02(月) 21:41:37 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/73-91e51eaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。